2018年7月18日 (水)

駿府城跡 巽櫓と東御門 - 静岡県静岡市葵区

 

  静岡鉄道新清水駅から新静岡駅に至り、そこから西北に歩くと駿府城跡があります。

現存遺構は石垣とお堀のみですが、巽櫓、東御門、坤櫓が復元されています。

駿府城は家康が晩年を過ごした城として知られています。

 

  新静岡駅の西には外堀の遺構があります。

  大きな建物は静岡県庁。

Dsc00458

 

  内堀沿いを東に戻り巽櫓が見えてきました。

Dsc00473

 

  巽櫓と東御門。

Dsc00478

 

  東御門の高麗門。

Dsc00483

Dsc00485

 

  東御門櫓門。

Dsc00491

Dsc00493

 

  巽櫓に西日が当たるのを見ながら静岡駅に戻りました。

Dsc00500

 

  増結する浜松行き313系普通電車と特急「ふじかわ」373系。

Dsc00504

  撮影 2011/09/10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

静岡市 久能山を下る - 静岡県静岡市

 

  久能山東照宮を拝観の後、久能山東照宮博物館も併せて拝観。

ここから日本平へは戻らず、本来の久能山東照宮参道である石段を下りました。

こちらには久能山下(くのうやました)バス停があり、静岡駅へは東大谷乗り換えで平日は2時間に1本、土日祝日は1時間に1本の頻度でバスが運行されています。

問題は反対方向の清水駅方面へ向かう路線。

こちらの山原梅蔭寺線は平日は1日に5本、土日祝日は4本と少なく、15時台の発車時刻に合わせるように逆算し、それに基づいて日本平、久能山の予定を組んだ結果、バス停には30分前に到着することができました(時刻は2018年7月現在)。

 

  重要文化財の楼門から外に出ます。

Dsc00392

 

  久能山東照宮博物館。

  拝観料(単独)は大人400円、小人150円。

Dsc00394

 

  この辺りは昔から石垣いちごで有名。

  白いビニールハウスが並んでいます。

Dsc00398

 

  下り始めます。

  麓から国宝の御社殿までは1159段。

Dsc00403

 

  門衛所。

  江戸時代、久能山を警護しました。

Dsc00408

Dsc00409

 

  門衛所の目の前にある一ノ門。

Dsc00410

 

  さらに下ります。

Dsc00416

Dsc00422

 

  門前には土産物屋さんがあり、そこから東に向かうとバス停があります。

Dsc00428

 

  清水方面へのバス。

Dsc00432

 

  静鉄新清水の駅前で降車。

  電車で新静岡駅に向かいます。

  道路を挟んで反対側のバス停からは三保の松原に行けます。

Dsc00433

  撮影 2011/09/10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

静岡市 日本平と久能山東照宮 - 静岡県静岡市

 

  静岡駅からバスで日本平へ向かい、日本平で富士山を眺めてからロープウェイで久能山へ。

久能山には東照宮があります。

東照宮は徳川家康を祀る神社のこと。

家康は晩年を気候の良い静岡で過ごし、元和2年(1616年)に亡くなると久能山に葬られ、後に日光東照宮に改葬されました。

 

  まず駅前から日本平行きのバスに乗車しました。

  直通のバスは1時間に1本の頻度で運行されています。

  運賃は大人580円(2018年7月現在)。

Dsc00294

 

  日本平ロープウェイ乗り場。

Dsc00311

 

  展望台から見える富士山。

Dsc00317

 

  ロープウェイで久能山へ。

  ロープウェイの料金は大人往復 1100円、片道 600円。

  ロープウェイ往復+東照宮拝観+東照宮博物館入館 3点セット券 は大人(高校生以上)1750円、中学生1300円、小学生800円。(いずれも2018年7月現在)。

Dsc00326

Dsc00345

 

  本殿、石の間、拝殿は国宝に指定されています。

Dsc00356

Dsc00370

Dsc00372

 

  徳川家康の神廟。

Dsc00375

Dsc00387

 

  日本平へは戻らず石段を下りました。

  こちらにもバス停があります。

Dsc00342

Dsc00411

  撮影 2011/09/10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

静岡駅にて - 静岡県静岡市

 

  青春18きっぷの最後の一枚を利用して静岡までを往復し、日本平、久能山東照宮を観光した際の様子。

Dsc00297

 

  富士行き211系普通で静岡駅に到着。

Dsc00274

 

  こちらは下り島田行き普通211系。

Dsc00278

 

  甲府とを結ぶ特急「ふじかわ」373系の到着。

Dsc00280

Dsc00289

 

  甲府行きの特急「ふじかわ」。

Dsc00291

  撮影 2011/09/10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

東大寺 南大門から二月堂、転害門を経て奈良駅へ戻る - 奈良県奈良市

 

  奈良駅から三条通を東に歩くこと10数分で猿沢池に至ります。

石段を上がると興福寺の境内。

これを北に抜け大通りを再び東に歩くと東大寺の参道への交差点へ。

この参道を北に向かうと有名な東大寺南大門があります。

南大門を抜けると大仏殿の中門へ。ここから大仏殿へは拝観料金が必要です。

入ることなく二月堂に向かい、さらに大仏殿の裏へ回り、大仏池を横目にみながら歩いて行くと転害門(てがいもん)に出ます。

転害門の前には手貝町(てがいちょう)バス停があり、この門前のバス停からバスで奈良駅に戻りました。

 

  お土産屋さんが並ぶ参道を北へ。

Dsc00216_2

 

  東大寺南大門。

  鎌倉時代 正治元年(1199)に上棟し、建仁3年(1203)に竣工の国宝。

Dsc00220_2

Dsc00222

 

  中門と大仏殿。

  中門は江戸時代の享保元年(1716年)ごろの再建で重要文化財。

  大仏殿は宝永6年(1709年)に落慶の国宝。

  元禄5年(1692年)に開眼供養が行われた大仏(盧舎那仏像)も国宝です。

Dsc00225

 

  左、お水取りで有名な二月堂。寛文9年(1669年)の再建で国宝。

  右も国宝の三月堂。

Dsc00229

Dsc00230

Dsc00234

 

  二月堂を振り返りながら。

Dsc00248

 

  遠くに大仏殿を見ながら大仏池から転害門(てがいもん)へ。

Dsc00255

Dsc00257

 

  国宝転害門(てがいもん)。

  天平時代の唯一の遺構と上の案内板にあります。

Dsc00258

 

  門前の手貝町(てがいちょう)バス停。

Dsc00263

 

  奈良駅に戻ってきました。

Dsc00266

 

  「みやこ路快速」で京都駅に帰ってきたのはもう5時半。

  ここから、さらにコトコト岐阜まで帰りました。

Dsc00273

  撮影 2011/09/06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«奈良駅から三条通 - 奈良県奈良市