2017年6月24日 (土)

JR四国 高徳線 勝瑞駅(しょうずいえき)にて 2012年10月 - 徳島県板野郡藍住町

 

  四国徳島県の勝瑞駅(しょうずいえき)。

徳島駅から高徳線で10分ほど。

駅から歩いて10分ほどの距離(500m)には細川氏9代、三好氏3代の根拠地であった勝瑞城跡とその城館跡などがあります。

勝瑞城跡の見性寺は三好氏の菩提寺で三好氏4代の墓が現在も残っています。

 

  徳島行きの1500型普通。

Dsc03154

Dsc03155

Dsc03156

 

  勝瑞駅。

Dsc03157

 

  勝瑞城址の碑。

  現在は見性寺の境内となっている。

Dsc03162

Dsc03175

 

  城館跡は盛んに発掘調査が行われていました。

Dsc03185

 

  図は上が南にあたる。

  したがって勝瑞駅は左方向。

Dsc03199

 

  勝瑞駅は特急「うずしお」が一部停車します。

  特急「うずしお」2000系と1500型普通徳島行き。

Dsc03214

 

  徳島近郊ということで乗客もけっこう多い。

  徳島行き普通。

Dsc03226

  撮影 2012/10/13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

名鉄豊川線 豊川稲荷駅にて2012年2月 - 愛知県豊川市

 

 

  「豊川稲荷は神社では無く寺院(妙厳寺 曹洞宗)で、信仰対象は稲荷神そのものではなく、吒枳尼天(だきにてん)」。

「そして妙厳寺の本尊は千手観音で境内の鎮守として祀られる吒枳尼天(だきにてん)のことを「稲荷」と言う。」

「しかし後に吒枳尼天(だきにてん)と稲荷神は同一視されるようになり現在に至る。」だそうです。

そんな関係で、寺院なのに鳥居があったりします。

 

  豊川稲荷へのアクセスは豊橋からのJR飯田線と国府駅からの名鉄豊川線の二通りあります。

 

  名鉄名古屋本線から豊川線が分岐する国府駅(こうえき)にて。

Dsc03603

 

  名鉄の豊川稲荷駅。

Dsc03606

 

  すぐ向こう隣にはJR飯田線の豊川駅があります。

Dsc03608

 

  豊川稲荷は全国的にも初詣客が多いことで有名です。

Dsc03620

Dsc03726

 

  豊川いなり表参道と総門(明治17年(1884年)建立)。

  稲荷寿司の店が多い。

Dsc03668_2

 

  山門。境内中、現存最古の建造物。

  天文5年(1536年)、今川義元の寄進。

Dsc03682

 

  本殿。吒枳尼天(だきにてん)を祀る。

  「1908年(明治41年)に着工し、20年以上をかけて1930年(昭和5年)に竣工」。

  寺院の本尊である千手観音は法堂に祀られています。

Dsc03692

  撮影 2012/02/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

弘南鉄道弘南線黒石駅と雁木(がんぎ)のある町並み 2012年9月 - 青森県黒石市

 

  黒石津軽家は明暦2年(1656年)に本藩より5000石(のち4000石となる)が分地されて交代寄合の旗本として分家したのが始まりです。

本藩の弘前藩が蝦夷地警護役を務めることで文化5年(1808年)に10万石(元々は4万6千石、そして7万石になる)に加増されると、この際に黒石津軽家に6千石の分地があり(文化6年(1809年))、黒石藩が1万石で立藩され諸侯に列せられました。

 

  黒石駅にて。

  弘前からの所要は約30分。

  1時間に1本から2本の運行。

Dsc02005

 

  黒石駅駅舎。

Dsc02011

 

  津軽では雁木(がんぎ)は小見世(こみせ)と呼ばれるそうです。

  ちょうど「黒石こみせまつり」が催されていました。

Dsc02015

 

  古い街並みが保存されています。

  こみせ通り。

Dsc02019

 

  国重要文化財高橋家。

Dsc02022

Dsc02039

Dsc02044

 

  黒石藩の陣屋跡(黒石城址)。

Dsc02061

 

  東急7000系を譲り受けたデハ7000系。

  黒石駅にて。

Dsc02003

  撮影 2012/09/09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

弘南鉄道弘南線 津軽尾上駅(つがるおのええき)にて2012年9月 - 青森県平川市

 

  弘前藩津軽家の支藩であった黒石藩の黒石へ向かう途中にある平川市の津軽尾上駅(つがるおのええき)。

その雰囲気の良さに押されて途中下車してしまいました。

名所である盛美園、猿賀神社(さるがじんじゃ、さるかじんじゃ)へは行きませんでしたが、今から思えば1時間ぐらい時間を割いても良かったかなあと後悔しています。

 

  まだ朝早く8時過ぎ。

Dsc01859

Dsc01860

 

  島式のプラットホームが一つ。

Dsc01866

 

  歩いて10分と15分ならば訪れるべきだったかなあと。

  しかし盛美園は朝早くで入園できなかったかもしれません。

Dsc01868

Dsc01870

Dsc01867

Dsc01869

 

  車両はいずれもデハ7000系。

Dsc01875

 

  途中、津軽富士と言われる岩木山が望めます。

Dsc02077

  撮影 2012/09/09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

名鉄新羽島駅にて 2012年8月 - 岐阜県羽島市

 

  名鉄新羽島駅と新幹線岐阜羽島駅は徒歩すぐで連絡しています。

名鉄新羽島駅からの電車は羽島線、竹鼻線を経て笠松駅で名古屋本線と接続。

そして笠松から名鉄岐阜までは5分の所要で、名鉄岐阜~新羽島間は約30分。

ところがJRの岐阜~名古屋間の新快速は約20分の所要なので、岐阜市周辺の新幹線利用客は名古屋に向かい、名古屋から新幹線に乗車します。

したがって新羽島駅は通勤、通学のお客さんの利用がほとんどという現状です。

 

  開業当初は岐阜、大垣、一宮との連絡バスが運行されていましたが、現在残っているのは大垣との連絡バスのみ。

Dsc00661

 

  新羽島駅は新幹線駅と駅前広場を共有するように広場東にあります。

Dsc00666

Dsc00680

 

  区分上は笠松~江吉良間が竹鼻線、江吉良~新羽島間が羽島線ですが、竹鼻線江吉良~大須間が2001年に廃止されて以後は笠松~江吉良~新羽島間の一体運用となっています。

Dsc00709

 

  旧塗装の3150系電車。

Dsc00697

 

  全線単線ながら15分間隔での運行が確保されています。

Dsc00700

  撮影 2012/08/15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«名鉄小牧線300系と小牧駅 - 愛知県小牧市