大垣駅にて 養老鉄道と美濃赤坂線 - 岐阜県大垣市

 

  ちょうど10年前、2010年の10月にあてもなく大垣駅まで行ってみた際の様子。

 

  養老鉄道の大垣駅。

  手前はJRの線路です。

Pict0005_20200928154301

 

  大垣駅切り欠きの3番線からは美濃赤坂方面への電車が発着します。

Pict0008_20200928154301

  撮影 2010/10/02

| | コメント (0)

2020年9月25日 (金)

京都 鞍馬寺を観光(6)叡山電鉄 八瀬比叡山口駅(やせひえいざんぐちえき)にて - 京都府京都市

 

  鞍馬から宝ヶ池駅で乗り換え叡山本線の終着駅である八瀬比叡山口駅へ。

駅から歩いて3分ほどの距離に叡山ケーブルのケーブル八瀬駅があります。

 

  八瀬比叡山口駅(やせひえいざんぐちえき)改札越しに。

Pict0116

 

  外に出て駅舎を。

Pict0118_20200925134001

 

  この橋を渡り左手に歩いていくとケーブル八瀬駅があります。

Pict0122_20200925134001

 

  暗くなってきたので出町柳駅に戻りました。

Pict0124_20200925134001

  撮影 2009/09/29

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

京都 鞍馬寺を観光(5)叡山電鉄 宝ヶ池駅(たからがいけえき)にて - 京都府京都市

 

  鞍馬からの帰りに宝ヶ池駅で下車。当駅では叡山本線(出町柳駅~宝ヶ池~八瀬比叡山口駅間)から鞍馬線が分岐します。

といっても鞍馬線の電車は出町柳駅から直接鞍馬駅方面に運行されています。

当駅で下車したのは乗り換えて八瀬比叡山口駅まで行ってみようというもの。

 

  鞍馬駅から乗車してきた900系電車「きらら」。

Pict0100_20200923122301

 

  700系の到着。

  10年前の写真なので塗色が変更されているかもしれません。

Pict0099_20200923122301

 

  鞍馬行きの800系電車が到着。

Pict0107_20200923123601

 

  宝ヶ池駅は3面4線の駅。

Pict0103_20200923122301

 

  出町柳行きの700系。

Pict0105_20200923122301

  撮影 2009/09/29

| | コメント (0)

2020年9月21日 (月)

京都 鞍馬寺を観光(4)霊宝殿、中門、由岐神社など - 京都府京都市

 

 

  2009年の9月末に訪れた京都の鞍馬寺。

源義経と天狗伝説や近年ではパワースポットとしても有名なお寺です。

 

  本殿金堂。昭和46年(1971年)の再建と比較的新しい。

Pict0077_20200920094701

 

  奥の院への石段を登ると霊宝殿があります。

Pict0079_20200920094701

 

  霊宝殿(鞍馬山博物館)。

  1階は鞍馬山の動植物に関する展示。

  2階は寺宝展示室と与謝野鉄幹・与謝野晶子の遺品等の展示。

  3階は「仏像奉安室で、国宝の木造毘沙門天立像、木造吉祥天立像、木造善膩師童子(ぜんにしどうじ)立像の三尊像をはじめとする文化財が展示されている」。

Pict0081_20200920094701

 

  帰りはケーブルを利用せず歩いて下りました。

Pict0084_20200920094701

Pict0085_20200920094701

 

  中門を振り返って。

Pict0087_20200920094701

 

  由岐神社(ゆきじんじゃ)。鞍馬寺の神宮社だった。

  本殿は慶長12年(1607年)に豊臣秀頼により再建されたもの。

Pict0089_20200920094801

 

  拝殿は割拝殿と呼ばれる形式で重要文化財。

  やはり慶長12年(1607年)に豊臣秀頼により再建されたもの。

Pict0090_20200920094801

Pict0091_20200920094801

 

  拝殿を見上げて。

Pict0095_20200920094801

 

  こうして仁王門まで下って、鞍馬駅に着いたのは16時頃でした。

Pict0098_20200920094801

  撮影 2009/09/29

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

京都 鞍馬寺を観光(3)仁王門から本殿金堂へ - 京都府京都市




  鞍馬寺の仁王門前の参道へは叡電鞍馬駅からすぐ。

仁王門をくぐると、登り口の右手にケーブルカーがあり、登りはこれを利用し、帰りは徒歩で下りました。

本当は徒歩で登るのが良いのですが、つい楽をしてしまいました。

 

  仁王門前の参道にはお店が並んでいます。

Pict0050_20200919134801

 

  仁王門。

  明治44年(1911年)の再建。

Pict0054_20200919130701

 

  石段を登ります。

Pict0057_20200919130801

 

  右手にあるのが鞍馬山ケーブル(鞍馬山鋼索鉄道)の山門駅。

  ケーブルは昭和32年(1957年)に敷設されました。

Pict0059

Pict0062_20200919130801

Pict0065_20200919130801

 

  ケーブル多宝塔駅(山上駅)には多宝塔があります。

  多宝塔は江戸時代に焼失し昭和35年(1960年)に再建されました。

  かっては本殿東側にあったものを現在の位置に再建したそうです。

Pict0069_20200919130801

 

  山上駅からは平坦な道が続きます。

Pict0071_20200919130801

Pict0072_20200919130801

 

  しかし最後の本殿への石段は急な坂道となります。

Pict0074_20200919130801

 

  本殿金堂。昭和46年(1971年)の再建。

Pict0076_20200919130801

  撮影 2009/09/29

| | コメント (0)

«京都 鞍馬寺を観光(2)叡電出町柳駅から鞍馬寺へ - 京都府京都市