« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月24日 (木)

空襲で焼けた天守閣

 

  先の戦争では多くの文化財が空襲で焼けました。

古来から人類は戦乱の中で、多くの財を破壊してきましたが、本当に残念なことです。

日本でも、戦乱のたびに多くの文物を含む財が破壊され、人々が死んでいきました。

私の好きな城は、皮肉にも戦乱の中から、言い換えれば戦乱そのものからの必要によって生み出されたものです。

そんな逆説にあっても平和な今の城が私たちをわくわくさせるのは、大きな皮肉ですよね。

 

  広島城。

Img370

 

  和歌山城。

Pict0018

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

犬山から犬山線、地下鉄鶴舞線で名古屋へ

 犬山城を後にして、今度は犬山駅には戻らず、木曽川の河畔に出て、犬山遊園駅に出ました。

この後、犬山線に乗り名古屋に向かいます。

遊園駅で待っていると、岐阜方面からやってきたのは、なつかしいあのパノラマカーでした。

当然私は先頭車両に乗りました。

このパノラマカーは、岐阜を出て各務原線内を各駅停車で走り、犬山線内は準急となり、そして名古屋からは急行になり中部国際空港まで走破します。

乗ってみると往年の走りは健在でした。

犬山線自体の線路規格は本線並み(多分)なので、加速時のぐいぐいと引っ張るような走りといい、高速時の走りは、昔、本線で乗ったあの感触と変わりのないものでした。

むしろ、昔、本線では見せなかったような力強い走りに見えました。

    パノラマカーの先頭車両 シートの仕様に昔の面影が

P1060029

この写真は以前に各務原線の田神駅で撮影したもの

Pa300001

パノラマカーの走りを充分に堪能した後、上小田井(かみおたい)という駅で下車します。

ここから市営地下鉄の鶴舞線が出ています。

名鉄との相互乗り入れで犬山-(犬山線)-上小田井-(市営地下鉄鶴舞線)-赤池ー(豊田線)-豊田市を両社の車両が運行されています。

ここからもうすぐ赤池というぐらいまで乗って八事という駅で降り、五重塔がある興正寺を訪れました。

興正寺の五重塔は千八百八年に建立されて、国の重要文化財に指定されています。

今年でちょうど二百年で記念の催しなどもあるようです。

上小田井駅

P1060030

興正寺前の通り

P1060047

興正寺総門

P1060044

興正寺五重塔

Pict0008

興正寺を後にして、再び鶴舞線で戻り途中の鶴舞で下車して、JRの中央線鶴舞で乗り換え、帰りはJR名古屋経由で岐阜へ戻りました。

JR中央線鶴舞駅

P1060051

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

名鉄各務原線で犬山城へ

 新年の日曜日、実家から最寄の駅の、岐阜名鉄各務原線の田神駅から普通電車に乗って、犬山に行ってきました。

天気は快晴。

雲一つない陽気でした。

あっ、遅れましたが、あけましておめでとうございます。 今年もよろしく。

犬山までの電車は、六両編成の普通電車です。

P1060001

下の車内は、乗客がいませんが、日曜日の午前中なので、こちら方面は途中まではこんな感じなんでしょう。

実際、各務原市内を東に進むにしたがって、乗客は増え、木曽川を渡って愛知県内に向かうころは満席になっていました。

電車は、固定クロスシートで、正直いって私はあまり好きではありません。

P1060002

犬山駅の様子です。電車は広見線新可児行き普通電車です。

犬山は、各務原線の車両に、小牧線、広見線、そして犬山線の車両が乗り入れる、ターミナル駅でもあります。

駅は、三面六線となっています。

P1060007

犬山駅を出て、西に向かって歩き、ちょっと大通りを外れると、寺内町みたいな通りになっています。

P1060013

国宝犬山城天守閣です。

犬山駅で降りても、一つ岐阜よりの犬山遊園駅で降りてもそんなにどちらが遠いというものでもありません。

私の場合、犬山駅で降りて、犬山の町並みを散策しながら犬山城へ向かい、帰りは木曽川河畔に出て、犬山遊園駅へ出ました。

この後、犬山から名古屋へ向かいます。

P1060019 P1060026_2Pict0002P1060025

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »