« 犬山から犬山線、地下鉄鶴舞線で名古屋へ | トップページ | 犬山城へ寄り道2008年1月 - 名鉄各務原線で »

2008年1月24日 (木)

空襲で焼けた天守閣

 

  先の戦争では多くの文化財が空襲で焼けました。

古来から人類は戦乱の中で、多くの財を破壊してきましたが、本当に残念なことです。

日本でも、戦乱のたびに多くの文物を含む財が破壊され、人々が死んでいきました。

私の好きな城は、皮肉にも戦乱の中から、言い換えれば戦乱そのものからの必要によって生み出されたものです。

そんな逆説にあっても平和な今の城が私たちをわくわくさせるのは、大きな皮肉ですよね。

 

  広島城。

Img370

 

  和歌山城。

Pict0018

|

« 犬山から犬山線、地下鉄鶴舞線で名古屋へ | トップページ | 犬山城へ寄り道2008年1月 - 名鉄各務原線で »

お城」カテゴリの記事

コメント

どこも再建が多いんですね。

でも、再建の工法もちゃんと考えて、
歴史的工法でつくられるといいですよね。

投稿: ジロ | 2008年1月25日 (金) 01時28分

そうですね。 

図面が残ってたりすると、再建のとき補助が出るそうですね。
復元天守閣がそれにあたるそうです。

復興天守閣になると信憑性が落ちますね。

最近、木造が多くなってきたのは良いことです。
当然、そこには工法も歴史的工法が取り入れられていると思います。

投稿: mino | 2008年1月25日 (金) 05時03分

サイト、見させて貰いました。

名古屋城も惜しいことでしたね。

投稿: mino | 2008年1月25日 (金) 05時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空襲で焼けた天守閣:

« 犬山から犬山線、地下鉄鶴舞線で名古屋へ | トップページ | 犬山城へ寄り道2008年1月 - 名鉄各務原線で »