« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

京都で所用 2008年10月 - 紅葉にはまだ早い旅

  月一回の京都への所用がてら、銀閣寺、平安神宮、知恩院を駆け足で訪れました。

残念ながら紅葉は、まだ全然でした。

見ごろは十一月中旬から下旬でしょう。

さらに、最悪だったのは銀閣が解体修理中で、見所半減でした。

ただ、同じく国宝の東求堂が特別公開されていました。

 

京都駅から「洛バス」というので出発。

洛バスは

100系統が、京都駅から三十三間堂、清水(五条坂)、祇園、美術館前(平安神宮)、銀閣寺までの往復。

101系統が京都駅前から二条城前、北梅白梅町、金閣寺、北大路バスターミナルまでの往復。

102系統が北大路バスターミナルから金閣寺、北梅白梅町、ここからまっすぐ東に向かって銀閣寺への往復となっています。

つまり三角形を形作った路線運行になっています。

もちろん、バス路線はほかにも多数あるのでそれも組み合わせたらよいでしょう。

 

  銀閣寺(慈照寺)の国宝東求堂。

Pict0005

 

  同じく東求堂。

Pict0007

 

  銀閣は工事中でした。

Pa300010

 

  平安神宮の大鳥居。

Pa300012_2

 

  應天門は重要文化財。

Pa300020

Pa300024

 

  こちらは国宝 知恩院の三門。

Pa300028

Pa300032

 

  多宝塔。

  昭和33年(1958年)の建立。コンクリート製。

Pa300033

 

  御影堂(みえいどう)。

Pa300035

  撮影 2008/10/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

京都 丹波の旅2008年10月 - グンゼ博物苑(綾部市)と福知山城(福知山市)

 

  「鉄道の日記念乗り放題切符」での旅。

3枚目の行き先は京都府の丹波地方。 

友人と共に綾部の代表的な企業のグンゼの博物苑を見学してきました。

そして隣の福知山へ移動し福知山城を見学。

 

  グンゼは19世紀の末に、波多野鶴吉氏により起こされた会社で

私が、もの心ついたときには、もう肌着といえばグンゼというぐらい有名な会社でした。

現在は実質の本社は大阪にありますが、登記上は綾部が本社となっているようです。

グンゼは「郡是」と書きます。

 

  一連の建築群などは近代化産業遺産です。

  グンゼ記念館(1917年築) 旧本社。

Pa160007

Pa160008

Pa160013

Pa160016

Pa160017

 

  グンゼ綾部本社。

Pa160021_2

 

 

  博物苑は大正期の繭蔵(まゆぐら)

Pa160023

Pa160025

 

  福知山城は昭和61年(1986年)に鉄筋コンクリートで再建されました。

 

  福知山は江戸時代朽木氏三万二千石の城下町。

  城を築いたのは明智光秀で、その後幾多の城主が替わり最終的に朽木氏が明治まで統治。

 

  なお、綾部市の綾部は九鬼氏三万石、

  綾部市山家は谷氏一万石。

  綾部市山間部の上林(かんばやし)地区は旗本の藤掛氏領でした。

Pict0016

Pa160032

Pict0006

  撮影 2008/10/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

鉄道の日記念乗り放題切符で旅行(2)2008年10月 - 鎌倉から高岡(富山県)へ

 

  鶴岡八幡宮への若宮大路。

一本西に小町通りという通りがあり、観光客は土産物屋やお店をのぞきながら鶴岡八幡宮へと向かいます。

私は途中から若宮大路に出て、車道に挟まれた真ん中の参詣路を歩きました。

Pa070095

 

  大石段の上の本宮。

Pict0005

 

  大石段から見下ろした舞殿。

Pict0006

 

  舞殿越しに若宮大路。

Pict0010

 

  鎌倉駅からJRで北鎌倉駅に向かい円覚寺を訪れました。

Pict0014

 

  円覚寺(えんがくじ)は臨済宗円覚寺派の大本山。

  山門。天明5年(1785年)の再建。

Pict0016

 

  方丈と庭園。

Pict0022

 

  奥の建物が国宝舎利殿。15世紀の建築と推定されている。

Pict0026

 

  この後、鎌倉駅の方に歩くと建長寺に行けますが、ここでギブアップ。

もう空が黄昏(たそがれ)てきました。

JRの北鎌倉駅から再び鎌倉駅に戻り、江ノ電に乗って江ノ島へ行き、そこで海を眺めながら、しばし暇つぶし。

 

  その後、藤沢から大船へ。

大船で食事。

 

  そして品川を経て新宿へ。

  23時過ぎの「ムーンライトえちご」で新宿からあくる日朝早く新潟に到着。

  その後、長岡に戻り、さらに直江津、富山を経て、高岡に十時半頃に着きました。

  写真は新宿駅9、10番線ホ-ムです。

Pict0028

 

  国宝高岡山瑞龍寺  加賀藩二代藩主前田利長によるもの。

  門前からまっすぐ東に通ずる道を行くと利長公の墓があります。

  大変立派なお寺です。

  国宝らしい風格がありました。

 

  瑞龍寺山門。

Pict0030

 

  仏殿。

Pict0033

 

  仏殿と境内。

  後ろの法堂、仏殿、山門が国宝に指定されています。

Pict0035

Pict0036

 

  回廊の内側。

Pict0037

 

  仏殿と後ろに法堂。

Pict0038

 

  団体客で急に賑やかになりました。

Pict0042

 

  高岡市内を走る万葉線。

Pict0054

 

  高岡大仏。

  鋳物の町らしくこんな大仏様。

  まだ、高岡の見所はたくさんありますが、早めに切り上げて高岡駅へ。

Pict0058

 

  JRの城端線(じょうはなせん)、氷見線(ひみせん)用の気動車。

  この後、北陸線を経由して岐阜に戻りました。

Pict0063

  撮影 2008/10/07,08  

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月10日 (金)

鉄道の日記念乗り放題切符で旅行(1)2008年10月 - 小田原城と鎌倉

 

  「鉄道の日記念JR全線乗り放題切符」と夜行列車指定席券2枚で、小田原、鎌倉と富山県の高岡を巡ってきました。  

 

  まずは深夜に岐阜駅から「ムーンライトながら」で出発します。     

  岐阜駅にて。

  右側2番線は名古屋行き普通電車。     

  左側3番線は高山線美濃太田ゆきディーゼル。

Pa060001

 

  「ムーンライトながら」は、折り返し東京5時20分発の静岡行きになります。  

  鎌倉へ行くには、早朝過ぎるので、この列車に乗って小田原に行き小田原城を訪れました。

Pa070007

Pa070011

 

  本丸への入り口の常盤木門(ときわぎもん)。

Pa070019

Pa070021

 

  小田原城天守。

  昭和35年(1960年)に外観復元された(復興とも)。

Pa070022

 

  その後、江ノ電藤沢駅にて。

Pa070037

 

  江ノ島駅で途中下車。

Pa070039

 

  まずは龍口寺の五重塔へ。

  明治43年(1910年)竣工。

Pa070048

Pa070052

 

  江の島。

Pa070055

 

  江ノ電長谷(はせ)駅から徒歩で鎌倉の大仏へ(高徳院)。

Pa070069

Pa070076

Pa070080

 

  駅名の由来の長谷観音。

Pa070082

Pa070089

 

  鎌倉駅に到着。

Pa070092

 

  ここから鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)に向かいます。

Pa070093

  撮影 2008/10/07  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

木造で再建された天守閣 - 掛川城、伊予大洲城、白石城、白河小峰城

 

  復元天守、復興天守、模擬天守のいずれにせよ、お城が再建される場合(厳密には再建とは言いがたい場合もある)、最近は木造にこだわる事例が増えています。

残念ながら、昔から名城と言われてきたお城のほとんどが(現存を除き)コンクリート作りで再建されており、大変興味が削がれるものばかりです。

ただ、昭和の時代には火事を想定して、消防法によって厳しく規制されていたというやむを得ない事情がありました。

建築基準法の縛りもあるようです。

 

  平成になってから、伊予大洲城のように大きな天守も建てられましたが、これは例外と噂に聞きます。

白河小峰城の場合も、一時天守への立ち入りができなかったようで、この城は天守の上層に出口が無く、まったくの密閉状態なので、消防が懸念を示したのは理解できます。

 

  どちらにしても、私としては、木造で再建された後世に残せるようなお城がもっと増えたら良いのにと思っています。


  静岡県の;掛川城

Img570

 

  愛媛県の 伊予大洲城

Img349

 

  宮城県の白石城

Img784

 

  福島県の白河小峰城

Img822

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »