« 京都で所用 2008年10月 - 紅葉にはまだ早い旅 | トップページ | 門司港レトロ(福岡県北九州市門司区)2001年8月 - 夜行列車の時間待ちに »

2008年11月 7日 (金)

平戸城を訪れる2001年8月 - お城と歴史の町

 

  2001年の夏に訪れた平戸城です。 平戸は松浦氏(まつらし)の城下町です。

城が島にあるのは、対馬や五島を除外すれば珍しいですね。

今は、橋が架かっていてバスで渡る事ができます。

佐世保からバスが出ていますが、私は伊万里から松浦鉄道でゆき、「たびら平戸口 」駅で降りて、そこから十五分ぐらいのバスセンターまで歩き。佐世保から来たバスで平戸に渡りました。

町自体はそんなに大きくはありませんが、なかなか素晴らしい所です。

城あり、お寺あり、教会あり、坂道あり、海ありの風光明媚な観光地です。

機会があれば一度訪れることをお勧めします。

さてお城ですが、もちろん天守や櫓は再建ですが(石垣、一部の櫓、門等は現存)、作るにあたって窓をガラス戸にするのはやめて欲しかったです。

 

  北虎口門。

  北虎口門(搦手門)は現存。

Img662

 

  天守。

  模擬天守に分類されますが、平戸港から見る威容は素晴らしい。

Img671

 

  見奏櫓と遠くに平戸大橋。

Img685

 

  南西方向にある最教寺の三重塔。

Img687

 

  東の方向には聖フランシスコザビエル記念聖堂。

Img688

 

  見奏櫓。

  昭和37年(1962年)に天守や他の櫓と共に再建された。

Img694

Img695

 

  平戸桟橋から見える平戸城の威容はなかなかです。

Img704

Img706

  撮影 2001/08/09  

|

« 京都で所用 2008年10月 - 紅葉にはまだ早い旅 | トップページ | 門司港レトロ(福岡県北九州市門司区)2001年8月 - 夜行列車の時間待ちに »

九州地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平戸城を訪れる2001年8月 - お城と歴史の町:

« 京都で所用 2008年10月 - 紅葉にはまだ早い旅 | トップページ | 門司港レトロ(福岡県北九州市門司区)2001年8月 - 夜行列車の時間待ちに »