« 岐阜城2008年2月 - 南から-異なる表情 | トップページ | 名鉄「まる乗り1DAYフリーきっぷ」の旅(2)2009年2月 - 三明寺(さんみょうじ 豊川弁財天)   »

2009年2月13日 (金)

名鉄「まる乗り1DAYフリーきっぷ」の旅(1)2009年2月 - 豊川稲荷(実は曹洞宗のお寺) 

 

  名鉄の「まる乗り1DAYフリーきっぷ」を利用して出かけてきました。

価格は3000円。

私個人の意見としては少し高いような気がします。

というのも、名鉄のエリアの大きさからいって、「無理からに」乗らないと元が取れないという感じです。

私の様に、エリアの一番端の岐阜から乗って、豊橋まで往復してやっとトントンですから。

名古屋の利用客は使い勝手が悪いと思います。

 

 さて、今回の旅行は、豊川、豊橋、知立、御嵩の四箇所を巡りました。

御嵩(みたけ)が入っていることでも、少し「無理からに」の意識が働いています。

御嵩は、犬山からの広見線の終点駅。

歴史的には中山道の宿場町であったところです。

 

  さて、岐阜を七時半ごろの特急で出発。

通勤ラッシュ時の中、何とか始発から座席を確保して、豊橋の手前の国府(こう)で下車しました。

ここで乗り換えて、豊川稲荷駅まで普通電車で行きます。

 

  国府(こう)駅の豊川稲荷行きの普通電車。

  国府(こう)駅は三面六線。大きくて少し驚きです。

P2120002

 

  豊川稲荷駅に到着。

  後ろの大きな建物はJR飯田線豊川駅。

P2120004

 

  駅前の大通りを少し歩くと信号のある交差点に出ます。

  大通りは左に少し折れて行きますが、右に道をとると、すぐに総門の前に出ます。

  門前は土産物屋さんなどで賑わっています。

 

  総門

P2120009

 

  境内は広いです。

  総門を入ると大きな広場があり、そこに多くの建物が点在しています。

  本堂は広場の左手の奥。

  あちこちに鳥居があり、狐がいくつも鎮座しています。

  が、ここは実は曹洞宗のお寺さんです。

  本尊は千手観音。

  稲荷は鎮守として祀られる「だきにてん」のことだそうです。

 

   本堂。

   ここには朱塗りの鳥居はありません。

P2120016

 

  本堂の脇を奥に進みます。

  夥しい狐さんはすべて奉納されたものです。

P2120047

P2120015

P2120031

 

  名鉄の豊川稲荷駅

P2120057

 

  JR豊川駅の駅舎。

  通り抜けが出来ます。

  この後、通り抜け、裏口に出て三明寺へ。

P2120059

  撮影 2009/02/12

|

« 岐阜城2008年2月 - 南から-異なる表情 | トップページ | 名鉄「まる乗り1DAYフリーきっぷ」の旅(2)2009年2月 - 三明寺(さんみょうじ 豊川弁財天)   »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名鉄「まる乗り1DAYフリーきっぷ」の旅(1)2009年2月 - 豊川稲荷(実は曹洞宗のお寺) :

« 岐阜城2008年2月 - 南から-異なる表情 | トップページ | 名鉄「まる乗り1DAYフリーきっぷ」の旅(2)2009年2月 - 三明寺(さんみょうじ 豊川弁財天)   »