« 名鉄「まる乗り1DAYフリーきっぷ」の旅(4)2009年2月 - 名鉄広見線新可児駅(岐阜県可児市) | トップページ | 豊橋駅前(愛知県豊橋市)2009年2月 - 豊橋鉄道市内線 »

2009年2月18日 (水)

名鉄「まる乗り1DAYフリーきっぷ」の旅(5)2009年2月 - 中山道御嵩宿(みたけじゅく 岐阜県可児郡御嵩町)  

 

 

  この日最後に訪れたのは、名鉄広見線の終着駅である御嵩(みたけ)です。

御嵩は、江戸時代には中山道(中仙道)の宿場町で、当時は御嶽と書きました。

また、ひとつ西の伏見宿も御嵩町内にあります。

この後、中仙道は美濃太田から現在の高山線沿いに続き、鵜沼を経て岐阜の加納宿方面に向かいます。

東は、大井宿(恵那市)で現在のJR中央線に出て中央線沿いに続きます。

明治になると、御嵩に亜炭の炭脈が見つかり、たいそう栄えたそうです。

昭和22年のピーク時には100もの鉱山があったそうです。

 

   名鉄御嵩駅。

  一線です。

  まさに終着駅でした。

Pict0067

 

  御嵩駅の駅舎。

  昔は駅員さんがいました。

  中山道上から写しています。

P2120103

 

  願興寺(がんこうじ)の山門。

P2120102

 

  願興寺本堂。天正9年(1581年)建立。重要文化財。

  写真ではわかりませんがかなり痛んでいました。

 

  ほかに10体ほど重文指定されている仏像があり(仏像は全部で24体とのこと)

  貴重な文化財です。

P2120104

 

  鐘楼門。県指定重文。

  渋い感じです。

P2120108

 

  古い商家と中山道。

  ここは見学できたかも知れません。

Pict0053

 

  中山道みたけ館。

  二階建てで、一階は図書館になっており、二階が御嵩宿と伏見宿の資料館になっています。

  入り口を入るとすぐに階段があり、上に。

  左手に図書室があり、私が入ったら司書の方でしょうか、いっせいにこちらを。

 

  無料にしては内容はとても充実していました。

  御嵩にいらっしゃったら是非訪れましょう。

P2120110

  撮影 2009/02/12 

|

« 名鉄「まる乗り1DAYフリーきっぷ」の旅(4)2009年2月 - 名鉄広見線新可児駅(岐阜県可児市) | トップページ | 豊橋駅前(愛知県豊橋市)2009年2月 - 豊橋鉄道市内線 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名鉄「まる乗り1DAYフリーきっぷ」の旅(5)2009年2月 - 中山道御嵩宿(みたけじゅく 岐阜県可児郡御嵩町)  :

« 名鉄「まる乗り1DAYフリーきっぷ」の旅(4)2009年2月 - 名鉄広見線新可児駅(岐阜県可児市) | トップページ | 豊橋駅前(愛知県豊橋市)2009年2月 - 豊橋鉄道市内線 »