« 青春18きっぷで行く山陰旅行(3) - 塩見縄手(松江城の北の古い町並みと通り) | トップページ | 青春18きっぷで行く山陰旅行(5) - 津山城跡(岡山県津山市)の三分咲きの桜 »

2009年4月 5日 (日)

青春18きっぷで行く山陰旅行(4) - 出雲市から津山まで

 

  松江観光を終えて、その日は出雲市に一泊しました。

当初の計画では一日目は鳥取観光のはずでしたが、計画を変更してこの日は松江で一日を終えました。

あくる日は出雲市から米子、米子から鳥取に向かいました。

しかしこの日は雨。

 

  鳥取に着いても雨足は強く、ここで再び予定を変更することにしました。

昨夜のテレビの天気予報では、島根、鳥取は終日雨で、岡山は曇り時々晴れということでした。

鳥取から因美線と智頭急行の分岐駅の智頭に取り敢えず向かい、そこから津山に移動することにしました。

 

  智頭に着くと、ここも雨です。

津山への列車の時間待ちで少し駅前を散策。

この後、津山に向かいましたがこれが大正解でした。

津山は天気予報通りで日差しが結構あり、まだ三分咲きながら津山城跡の桜を堪能できました。

 

   三角屋根のある出雲市駅。

   一畑電鉄の電鉄出雲市駅はこの左手の方向に高架駅であります。

P3310096

 

  出雲市駅にて。

  まず米子まで行きます。

  電化区間ですが気動車がまだ大活躍です。

P3310091

 

  米子駅にて。

  鳥取まではキハ126系の「とっとりライナー」。

Pict0051

 

  鳥取駅にて。

  鳥取も本降りの雨。

Pict0054

 

  鳥取からは智頭急行線直通の列車。

  智頭急行線内の大原行きで智頭まで行きます。

Pict0064

 

  雨の智頭駅(ちずえき)。

  この駅から山陽線の上郡駅までが智頭急行線です。

Pict0067

 

  智頭は古い宿場町。

  江戸時代の住宅も残っており、こちらに興味のある方には見所満載の町のようです。

Pict0065

 

  駅前から。

Pict0071

 

  キハ120形単行気動車で津山に向かいます。

Pict0088

  撮影 2009/04/01

|

« 青春18きっぷで行く山陰旅行(3) - 塩見縄手(松江城の北の古い町並みと通り) | トップページ | 青春18きっぷで行く山陰旅行(5) - 津山城跡(岡山県津山市)の三分咲きの桜 »

中国地方」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷで行く山陰旅行(4) - 出雲市から津山まで:

« 青春18きっぷで行く山陰旅行(3) - 塩見縄手(松江城の北の古い町並みと通り) | トップページ | 青春18きっぷで行く山陰旅行(5) - 津山城跡(岡山県津山市)の三分咲きの桜 »