« 松阪城 - 江戸時代は紀伊藩領南伊勢を統括 | トップページ | 京都 仁和寺(1) - 嵐電で仁和寺へ »

2009年6月28日 (日)

京都 京福電鉄北野線 - 嵐電で仁和寺へ

 

  土曜日に久し振りに京都へ行ってきました。

所用半分、旅行半分でしたから京都駅をバスで出発したのは一時半過ぎでした。

洛バス101系統で出発。

以前にも書きましたが、洛バスは観光客のために市内の主要な観光地を回れるように配慮されたバス系統です。

洛バスは3系統あり、100系統が東山から銀閣寺方面、101系統が二条城から北野天満宮、金閣寺方面に、そして102系統は銀閣寺と金閣寺結ぶ路線で、うまく使うと効率よく市内観光ができます。

今回は仁和寺が目的で、二条城、北野天満宮を経て北野白梅町で降車。

北野白梅町には京福電鉄北野線の北野白梅町駅があり、北野線の始発・終着駅です。

ここから御室仁和寺駅まで行きます。

忘れましたが、バスは一乗車220円。

一日乗車券500円があります。

嵐電は全線一乗車200円で、駅員のいない駅では前降りです。

「嵐電一日フリーきっぷ」500円があります。

 

   京福電鉄北野白梅町駅。

   交差点を渡って正反対の東に行きますと5分ぐらいで北野天満宮の前に出ます。

P6270003_4

 

   北野白梅町駅の構内。

   帷子ノ辻(かたびらのつじ)行き。

   10分間隔で運行されています。

Pict0005

Pict0008

 

   御室仁和寺(おむろにんなじ)駅。

Pict0011

 

   昔は単に「御室(おむろ)駅」の駅名だったのでしょう。

Pict0052

 

    御室仁和寺駅から仁和寺の山門がのぞめます。

Pict0055

   撮影 2009/06/27

|

« 松阪城 - 江戸時代は紀伊藩領南伊勢を統括 | トップページ | 京都 仁和寺(1) - 嵐電で仁和寺へ »

鉄道」カテゴリの記事

京都、奈良」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都 京福電鉄北野線 - 嵐電で仁和寺へ:

« 松阪城 - 江戸時代は紀伊藩領南伊勢を統括 | トップページ | 京都 仁和寺(1) - 嵐電で仁和寺へ »