« 豊橋駅3番線 | トップページ | 田丸(三重県玉城町)へ - 松阪までは近鉄で、その後はJRで »

2009年6月17日 (水)

JR四国113系 - ちょっとショッキングなカラーリング

 

 JR四国の113系に私が最初に出会ったのは今治からの帰りの観音寺駅でした。

2005年の秋、10月です。

エーっという様な常識外のカラーリングで到着して来ました。

岡山発で、観音寺で折り返し高松行きだったと記憶しています。

その後、神戸からのジャンボフェリーで早朝に高松に着き、高松から西に向かう電車は常にこれらの113系の琴平行きでした。

それ以来、四国へ行くとこのカラーリングの113系が気になって仕方がありません。

 

  よく調べると、JR四国にはこの113系が3編成あり、三種類のそれぞれのカラーリングの編成があるようです。

下の写真のように、私は2編成までは確認していますが、もう一編成、青に緑帯の編成があるようです。

「JR四国 113系 」で検索するとたくさん出てきます。

なお、車内は転換クロスシートにリニューアルされていて、乗り心地は上々です。

 

   観音寺駅にて。

Pa200009

撮影 2005/10/20

 

   早朝の高松駅にて。

Pict0003

撮影 2007/3/1

 

   同じく高松駅にて。早朝5時半ごろです。

Pict0014

  撮影 2009/1/17

|

« 豊橋駅3番線 | トップページ | 田丸(三重県玉城町)へ - 松阪までは近鉄で、その後はJRで »

四国地方」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR四国113系 - ちょっとショッキングなカラーリング:

« 豊橋駅3番線 | トップページ | 田丸(三重県玉城町)へ - 松阪までは近鉄で、その後はJRで »