« 広島城 - 戦争による破壊 | トップページ | 姨捨駅からの眺望 - 長野県篠ノ井線 »

2009年7月20日 (月)

山陰線「とっとりライナー」 - キハ126系気動車

 

  鳥取、米子間で運行される快速の「とっとりライナー」です。

山陰線高速化にともない開発された気動車の121系、126系で運行されています。

1両単位の121系と2両編成単位の126系は、島根県と鳥取県からの資金的な関与を考慮され、主に島根県内と鳥取県内での運用に限定されています。

また米子、益田間の「アクアライナー」もこの車両で運行されています。

 

   米子駅のキハ126系の「とっとりライナー」。

   出雲市駅、松江駅、鳥取駅と主要な駅は高架化がされていますが米子駅は地上駅です。

   隣接して車両基地があることで高架化がむずかしいのでしょうか。

Pict0052

 

   鳥取駅での「とっとりライナー」米子行きと、浜坂行き普通。

Pict0055

  撮影 2009/04/01

|

« 広島城 - 戦争による破壊 | トップページ | 姨捨駅からの眺望 - 長野県篠ノ井線 »

中国地方」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山陰線「とっとりライナー」 - キハ126系気動車:

» 山陰本線「アクアライナー」キハ126系 [ぱふぅ家のホームページ]
キハ126系は、島根・鳥取の両県の援助を受け新造した気動車で、快速アクアライナーとして運用されている。軽量ステンレス製で、最高速度は100km/hだが、130km/hに対応した設計がなされている。... [続きを読む]

受信: 2013年5月27日 (月) 17時50分

« 広島城 - 戦争による破壊 | トップページ | 姨捨駅からの眺望 - 長野県篠ノ井線 »