« 松江城と塩見縄手 - 日本の道100選のひとつ | トップページ | JR岐阜駅2008年 - 夏の夕暮れ »

2009年7月26日 (日)

上田城と松代城と長野電鉄2007年

 

  最近はネタ切れで過去記事から未掲載(と思う)の写真を。

今日のは、一昨年の夏の信州旅行のものです。

夜、岐阜から「ムーンラトながら」でいったん東京へ向かい、朝のうちに上野から高崎へ、高崎からは信越線で横川まで行きます。

横川からはJRバスの一番バスで碓氷峠を越え、軽井沢へ。

軽井沢からは旧信越線を「しなの鉄道」で上田に入りました。

上田城を見学ののち、しなの鉄道で篠ノ井、長野方面に向かい、屋代という駅で長野電鉄に乗り換え松代へ。

  松代は江戸時代は真田家の所領です。

関ヶ原の戦いの折には父昌幸と次男の幸村(信繁とも)は西軍に、嫡男信幸(信之とも)は東軍に加担し、のちの松代藩の真田家はこの信幸が10万石で入って明治まで続きました。

この松代城は上杉謙信と武田信玄が戦った川中島の近くにあり、その当時は海津城といいました。

松代城内には海津城址の碑があります。

松代から長野へは電車(長野電鉄)で行けますが、バスが松代駅前から出ています。

途中、川中島古戦場跡もあり、松代と長野との所要時間は30分です。

本数は基本的に1時間に2本で、平日の朝夕は4本です。

わたしの体験から朝夕には通勤自動車が多いので遅れがでるみたいですね。

この旅行はこの日のうちに長野善光寺を拝観し、しなの鉄道で上田に戻り一泊。

あくる日は、小諸へ戻り小海線で小淵沢へ、その後中央線で甲府へ入り甲府城や武田神社を巡り、夜に東京に戻り、再び「ムーンライトながら」で岐阜へ帰りました。

 

   上田城南櫓。

   右手に正面入り口があります。

   ここからだと左手に西櫓があり階段をあがります。

Pict0001

 

   上田城西櫓。

   脇に登り口があります。

Pict0007

 

   しなの鉄道、長野電鉄の屋代駅。

   しなの鉄道のホームの駅名板はちゃんとしていますが。

P8010025

P8010027

 

   松代駅にて。

P8020046

 

   松代城。

   中には天守台跡もあります。

   この年の大河ドラマが「風林火山」でした。

   で、松代も「風林火山」の旗が立っていました。

Pict0025

  撮影 2007/08/02

|

« 松江城と塩見縄手 - 日本の道100選のひとつ | トップページ | JR岐阜駅2008年 - 夏の夕暮れ »

甲信越地方(新潟県、山梨県、長野県)」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上田城と松代城と長野電鉄2007年:

« 松江城と塩見縄手 - 日本の道100選のひとつ | トップページ | JR岐阜駅2008年 - 夏の夕暮れ »