« 鹿児島本線熊本へ - (フェリーと青春18きっぷで行く旅(2)) | トップページ | 熊本城 天守閣と本丸御殿大広間 - (フェリーと青春18きっぷで行く旅(4)) »

2009年8月30日 (日)

熊本城 飯田丸五階櫓(いいだまるごかいやぐら) - (フェリーと青春18きっぷで行く旅(3))

 

  熊本駅前から市電に乗り「熊本城前」電停で降り、道を左手から右へとると、橋の手前で加藤清正公の像が迎えてくれます。

熊本城への入り口は全部で4つあり、橋を渡ってすぐの入り口を「櫨方(はぜかた)門」といいます。

観光バスで来る客はもう一つ北にあり天守閣に一番近い「頬当御門(ほほあてごもん)」から入場するのが一般的です。

はぜ方門では、入場する前に左手に高く飯田丸五階櫓(やぐら)が望めます。

その後石垣を見ながら登り、天守の見えるあたりで左に折れ、飯田丸という広場に入ります(お城に詳しくない方は、本丸、二の丸、飯田丸などというのは、区画ごとに独立して戦えるような「区域」として作ってある場所と考えてくださればよいと思います)。

飯田丸五階櫓は自由に内部を拝観出来るので入ってみました。

 

   橋を渡って向こう側が入り口の「はぜ方門」。

   熊本城入園料は大人500円、こども(小、中学生)200円です。

   中の施設は全てフリーパスで見れます。

   市電とバス1日乗車券(500円)を購入すると団体割引400円で入れます。

   なお市電は1乗車150円をめどに。

P8250065_2

 

   下から見上げた飯田丸五階櫓(やぐら)。

   平成17年(2005年)2月に復元完成。

   私が以前訪れたときはこの高い石垣だけでした。

Pict0040

 

    飯田丸入り口から天守を。

Pict0041

 

   飯田丸の隅にある飯田丸五階櫓(やぐら)を内から。

   外からと内からでは外観の雰囲気が全然違います。

   櫓(やぐら)の基礎の石垣の一部はは新しく組み上げたものです。

   色で判りますね。

P8250074_2

 

   城内には驚くような巨木がたくさんあります。

Pict0045

 

   飯田丸の広場から天守閣と数寄屋丸二階御広間(すきやまるにかいおんひろま)を。

   数寄屋丸には数寄屋丸五階櫓(やぐら)が再建される予定です。

P8250075

 

   飯田丸五階櫓(やぐら)から西の方の「西出丸」にある未申櫓(ひつじさるやぐら)を。

   未申櫓(ひつじさるやぐら)は平成15年(2003年)8月に復元が完成。

P8250077

  撮影 2009/08/25

|

« 鹿児島本線熊本へ - (フェリーと青春18きっぷで行く旅(2)) | トップページ | 熊本城 天守閣と本丸御殿大広間 - (フェリーと青春18きっぷで行く旅(4)) »

九州地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本城 飯田丸五階櫓(いいだまるごかいやぐら) - (フェリーと青春18きっぷで行く旅(3)):

« 鹿児島本線熊本へ - (フェリーと青春18きっぷで行く旅(2)) | トップページ | 熊本城 天守閣と本丸御殿大広間 - (フェリーと青春18きっぷで行く旅(4)) »