« 鳥取県米子市 - 米子駅2009年 (フェリーと青春18きっぷで行く旅(14)) | トップページ | 伯備線、赤穂線経由で帰途に - (フェリーと青春18きっぷで行く旅(16)) »

2009年9月12日 (土)

鳥取県米子市 米子城跡 - 江戸時代米子は鳥取藩領(フェリーと青春18きっぷで行く旅(15))

 

  米子は江戸時代には鳥取池田藩の所領でした。

池田藩は現在の鳥取県ほぼ全域を支配する大藩で、旧国名でいうと米子や倉吉を含む地域が伯耆(「ほうき」鳥取県西部)、鳥取を中心とする因幡(「いなば」鳥取県東部)の二カ国を持ち、石高も三十二万石以上の大名でした。

米子城については家老の荒尾氏が城代に入り明治維新にいたるまで米子を統治しました。

荒尾氏の石高は一万五千石。

現在は石垣以外は残っていません。

藩主ではなく城代の治める城でしたが五重大天守などがある大きな城でした。

その後明治になって古物商に売り払われすべて解体されました。

惜しいことです。

 

   米子駅前からメインストリートの一本西の大通りをまっすぐ北に行きます。

P8270209

 

   上が南、下が北の米子の地図。

   川の左側に川を渡る道路(河口に近いところ)を挟んで上に小さな山、下に大きな山がありますが

   大きなほうが天守のあった城跡で、こちらに石垣が残っています。

P8270234_2

 

   城跡の見取り図ですが、今度は上が北になります。

   車の方は城跡の南側にある「P」とある駐車場に止めるとそこから登り口があります。

   私は登りは南から、くだりはこちらの駐車場の方に降りました

P8270213

 

   二の丸枡形入口。

P8270214

 

   枡形入り口から少し行くと頂上への 登り口があります。

P8270218

 

   本丸の石垣。すぐに頂上です。

P8270223

 

   天守台。

   眺望がすばらしいです。

   山自体は百メートル未満なので米子を訪れる機会があったら登ることをおすすめします。

Pict0075

 

   伯耆富士といわれる大山。

   そういえば今年の春に訪れた松江城からもかすかに見ることができました。

Pict0071

 

   礎石が残っている天守台。

Pict0077

 

   中海。地図を持っていなかったのでよく判りませんでした。

Pict0079

 

   少しひいて大山。

Pict0081

 

   本丸の石垣。一番上が天守台。

Pict0086

 

   内膳丸に。こちらは五十メートルぐらいの高さ。

Pict0091

 

   休憩所がひとつあるだけで眺望もきかないし、なにもありません。

Pict0092

 

   頂上の本丸と内膳丸の中間点のおりくち。

   駐車場に下りてきます。

Pict0094_2

  撮影 2009/08/27

|

« 鳥取県米子市 - 米子駅2009年 (フェリーと青春18きっぷで行く旅(14)) | トップページ | 伯備線、赤穂線経由で帰途に - (フェリーと青春18きっぷで行く旅(16)) »

中国地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取県米子市 米子城跡 - 江戸時代米子は鳥取藩領(フェリーと青春18きっぷで行く旅(15)):

« 鳥取県米子市 - 米子駅2009年 (フェリーと青春18きっぷで行く旅(14)) | トップページ | 伯備線、赤穂線経由で帰途に - (フェリーと青春18きっぷで行く旅(16)) »