« 「たつの市」(兵庫県たつの市)を散策(3)2009年12月 - 醤油の町 旧市街地へ | トップページ | 「たつの市」(兵庫県たつの市)を散策(5)2009年12月 - 龍野城(1) 脇坂氏5万1千石の居城 »

2009年12月20日 (日)

「たつの市」(兵庫県たつの市)を散策(4)2009年12月 - 如来寺と「うすくち龍野醤油資料館」

 

  竜野大橋西詰めから姫路信用金庫を経て「ヒガシマル醤油」の昔の醤油蔵の先の四辻まで行くと、如来寺というお寺があります。

如来寺は龍野藩主の脇坂氏の菩提寺で、境内には童謡「赤とんぼ」の作詞者で詩人の三木露風の歌碑と筆塚があります。

如来寺が四辻の北西の角に、そして南西の角に醤油蔵と「うすくち龍野醤油資料館」があります。

資料館の拝観は10円で、醤油造りの今昔を見ることができます(たつの市観光協会のホームページより)。

そして忘れてならないのが、南東の角にある「御菓子司清風」という和菓子屋さんです。

残念ながら観光協会のホームページにはのっていませんが、昭和の雰囲気を持ったお店です。

帰りに写真に収めてからここでお土産に「醤油饅頭」を購入しました。

 

  如来寺、うすくち龍野醤油資料館がある四辻。

  もう少しで鶏籠山(けいろうざん)です。

Pict0047

 

  醤油資料館のレンガつくりの洋館です。

  資料館の一部。

  龍野の醤油醸造の歴史は天正15年(1587年)に始まるとされています等の展示もあると思われます。

  実は私は時間の都合で入りませんでした。

Pict0053

 

  通りの奥から洋館のある四辻の方を。

Pict0052

 

  鶏籠山(けいろうざん)を背景にした如来寺の入り口。

  それから洋館は正確に言えば角ではなく、少し通りの奥にあります。

Pict0054

 

  如来寺の東門の方。

  この道をさらに行きます。

Pict0055

 

  如来寺東門の前から。

  灯篭の向こう側の建物が和菓子屋さんの「御菓子司清風」。

Pict0057

 

  如来寺の横をさらに行くと、次の四辻に。

  もう鶏籠山のふもとになりますが、そこに醤油資料館の別館があります。

  こちらは平日はお休みです。

  ここを左に折れて行くと龍野城の前の坂の下に出ます。

Pict0060

  撮影 2009/12/17

|

« 「たつの市」(兵庫県たつの市)を散策(3)2009年12月 - 醤油の町 旧市街地へ | トップページ | 「たつの市」(兵庫県たつの市)を散策(5)2009年12月 - 龍野城(1) 脇坂氏5万1千石の居城 »

近畿地方」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

歴史的建築物」カテゴリの記事

コメント

うーんと昔に龍野市に住んでいたことがあるので、懐かしく拝見しました。
まさに写真近くの景色の中をウロウロしていたもので。
変わらないようで変わっているぅ~。
姫新線ももっと古臭かったし、駅がキレイになりつつあるなんて……。
姫路駅(在来線)の駅そば(中華そば)が密かに好きでした。
まだあるのかな?
思い出したら食べたくなってきました。

投稿: ぴょん | 2009年12月20日 (日) 19時00分

ぴょんさん、はじめまして。
 
竜野に住んでいらしたとか。

静かな趣きのある町ですね。竜野は今回で2回目ですが、本竜野駅が新しく建て直すということで無くなっていたのが残念でした。

ブログ読ませていただきました。

投稿: mino | 2009年12月21日 (月) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「たつの市」(兵庫県たつの市)を散策(4)2009年12月 - 如来寺と「うすくち龍野醤油資料館」:

« 「たつの市」(兵庫県たつの市)を散策(3)2009年12月 - 醤油の町 旧市街地へ | トップページ | 「たつの市」(兵庫県たつの市)を散策(5)2009年12月 - 龍野城(1) 脇坂氏5万1千石の居城 »