« 「たつの市」(兵庫県たつの市)を散策(6)2009年12月 - 龍野城(2) 脇坂氏5万1千石の居城 | トップページ | 姫新線本竜野駅にて2009年12月 - キハ127系 と キハ122系 »

2009年12月24日 (木)

「たつの市」(兵庫県たつのを散策(7)2009年12月 - 「たつの市」を散策し帰途に

 

  「たつの市」を散策と書きましたが、本当に散策できたのは「たつの市」の半分ぐらいです。

特に北から西半分には行くことができず、前にも書きましたが、今度は桜の季節に訪れたいでものです。

お城の模擬櫓の道を左に小学校を見ながら下り、小学校に突き当たり右に折れると霞城館(かじょうかん)・矢野勘治記念館があります。

霞城館(かじょうかん)には現代の文化人、三木露風、内海青朝、矢野勘治、三木清の四氏に関する文献、遺品を一堂にそろえています(たつの市観光協会の紹介より)。

入館は200円です。

さらにここから南への道を行くと角に武家屋敷資料館があります。

こちらは無料で拝観できます。

それから霞城館(かじょうかん)、「うすくち龍野醤油資料館」、龍野歴史文化資料館の三ヶ所の共通券が300円であります。

 

  この写真の右手へ行くと、もと来た櫓門の前の道に戻ります。

Pict0094

 

  霞城館(かじょうかん)の入り口。

Pict0095

 

  矢野勘治記念館。

  入り口、拝観は霞城館の入り口と同じです。

Pict0096

 

  武家屋敷資料館。

  無料で拝観できます。

  係りの人とお話できましたが、いろいろと脇坂家の話で花が咲きました。

Pict0098

 

  玄関入り口。

Pict0099

 

  離れからの武家屋敷内部。

  離れは後世になって住んでいた人がこしらえたものだそうです。

  ただ中級武士の住んでいた屋敷としてはかなり広い間取りでした。

  ほかの城下町に残っている武家屋敷と比べ、その身分を考えると大きな屋敷といえます。

Pict0102

 

  「うすくち龍野醤油資料館」別館の斜め前にある「カネヰ」醤油。

  龍野にはほかにも醤油会社があります。

Pict0113

 

  如来寺のはす向かいにある「御菓子司晴風」。

  このお店の名物「うすくち醤油饅頭」を購入して帰途につきました。

Pict0118

 

  宮本武蔵が一時期道場を開いていたと伝えられる圓光寺。

  龍野橋西詰めから町に入ってすぐにあります。

Pict0123

  撮影 2009/12/17

|

« 「たつの市」(兵庫県たつの市)を散策(6)2009年12月 - 龍野城(2) 脇坂氏5万1千石の居城 | トップページ | 姫新線本竜野駅にて2009年12月 - キハ127系 と キハ122系 »

近畿地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「たつの市」(兵庫県たつのを散策(7)2009年12月 - 「たつの市」を散策し帰途に:

« 「たつの市」(兵庫県たつの市)を散策(6)2009年12月 - 龍野城(2) 脇坂氏5万1千石の居城 | トップページ | 姫新線本竜野駅にて2009年12月 - キハ127系 と キハ122系 »