« JR四日市駅(三重県) - 近鉄四日市駅とは雲泥の差 | トップページ | 清須市(愛知県)南部を散策(2) - 美濃路を東へ新川橋まで 名鉄新川橋駅 »

2010年2月 2日 (火)

清須市(愛知県)南部を散策(1) 長谷院(ちょうこくいん)多宝塔 - 名鉄須ヶ口駅から

 

  名古屋市の北西に隣接する清須市は、2005年に旧清洲町、西枇杷島町、新川町が合併してできた市です。

去年には春日町を編入しました。

主な駅でいうとJRの枇杷島駅、名鉄の本線の新清洲駅、須ヶ口(すかぐち)駅、西枇杷島駅等があります。

なお、JRの清洲駅は稲沢市にあり、駅の南端が稲沢市と清須市の境界となっています

さて、今回はJR枇杷島駅から出ている東海交通事業の城北線に乗ろうというのが最初の動機でしたが、それだけでは勿体無いということで、以前から都合がついたら訪れようと考えて長谷院(ちょうこくいん)の多宝塔に寄り、その後須ヶ口から新川橋、西枇杷島に至る美濃路を歩いて、そこからJR枇杷島駅へ向かうというプランを立ました。

  当日午前中に名鉄岐阜駅を特急で出発しましたが、国府宮(こうのみや)で普通に乗り換え、新清洲で再び後続の急行に乗り換えるというドタバタを演じて、なんとか須ヶ口駅に降り立ちました。

駅前からの通りを歩くこと7分ぐらいで長谷院に着きます。

 

  須ヶ口(すかぐち)駅。

  須ヶ口は岐阜方面からの本線と津島方面からの津島線が合流します。

  さらに、この先名古屋方面の西枇杷島駅の向こう側で犬山線とも合流し、

  名鉄名古屋駅の混雑の原因となっています。

  したがって、岐阜発の普通電車はこの須ヶ口止まりで名古屋に乗り入れさせないようにしています。

Pict0005

 

  須ヶ口(すかぐち)駅前。

Pict0010

 

  駅前の通りを歩いて行きますと、通りの左手方向に木々の茂ったのが見えます。

  境内に東側から入ります。

Pict0011

 

  南側が本来の入口です。

  長谷院(ちょうこくいん)は別名堀江観音と言います。

Pict0017

 

  お目当ての長谷院(ちょうこくいん)の多宝塔。

  文化財指定はありませんが江戸時代の天保5年(1834年)建立です。

Pict0014

 

  須ヶ口駅に併設されている新川検車区。

  同じく新川車庫も併設されています。

  西枇杷島駅方向に向かう美濃路の脇の駐車場から。

Pict0032

  撮影 2010/01/30

|

« JR四日市駅(三重県) - 近鉄四日市駅とは雲泥の差 | トップページ | 清須市(愛知県)南部を散策(2) - 美濃路を東へ新川橋まで 名鉄新川橋駅 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清須市(愛知県)南部を散策(1) 長谷院(ちょうこくいん)多宝塔 - 名鉄須ヶ口駅から:

« JR四日市駅(三重県) - 近鉄四日市駅とは雲泥の差 | トップページ | 清須市(愛知県)南部を散策(2) - 美濃路を東へ新川橋まで 名鉄新川橋駅 »