« 東海交通事業城北線 -小田井駅(名古屋市西区) 空を走る そんな気分の城北線 | トップページ | 清須市(愛知県)南部を散策(3)- 問屋記念館まで JR枇杷島駅へ »

2010年2月 6日 (土)

東海道線枇杷島駅(愛知県清須市) - JR東海、東海交通事業城北線

 

  名古屋駅のひとつ岐阜寄りにあるのが枇杷島駅です。

清須市にあるJRの唯一の駅で、となりにある清洲駅は稲沢市になります。

普通のみの停車ですが、私の体験では結構乗降客が多いです。

運行間隔は1時間に4本。

この駅からは名古屋の北部を東海道線と中央線をショートカットしてつなぐ城北線が勝川駅(かちがわえき)まで運行されています。

 

  枇杷島駅の西口。

  表は東口。

  2009年に橋上駅舎となり、東西の通り抜けができるようになり便利になりました。

Pict0100

 

  枇杷島駅の改札口。

  駅員さんを東海交通事業に業務委託 しています。

Pict0104

 

  枇杷島駅は新幹線と並行しています。

  名古屋方面への新幹線。

Pict0105

 

  快速豊橋行きの通過。

Pict0106

 

  城北線は東海交通事業所有のキハ11で運行されています。

  JR東海の子会社である東海交通事業は4両のキハ11を所有しているそうです。

  通常は2両で運用し、残り2両はJR東海に貸し出しているそうです。

  私が乗車したときは1両だけで枇杷島、勝川(かちがわ)間を往復していました。

  そして、もう1両は勝川駅にありました。

Pict0108

 

  1番、2番線が城北線で北に向けて出発します。

  すぐに高架になって東海道線をまたぎ、勝川駅(かちがわえき)まで全線高架となっています。

  また全線非電化ですがかなり線路規格の良い複線です。

  ただし、運行頻度が少なく、上下ほぼ1時間に1本の寂しさです。

  土曜日の昼間帯に乗車しましたが、乗客は一列車数人で、

  写真や動画を撮りに来ている人もホームでチラホラ見かけました。

Pict0152

 

  岐阜発岡崎行きの普通電車の4両編成。

  枇杷島では上下とも座ることは難しいです。

Pict0157

  撮影 2010/01/30

|

« 東海交通事業城北線 -小田井駅(名古屋市西区) 空を走る そんな気分の城北線 | トップページ | 清須市(愛知県)南部を散策(3)- 問屋記念館まで JR枇杷島駅へ »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東海道線枇杷島駅(愛知県清須市) - JR東海、東海交通事業城北線:

« 東海交通事業城北線 -小田井駅(名古屋市西区) 空を走る そんな気分の城北線 | トップページ | 清須市(愛知県)南部を散策(3)- 問屋記念館まで JR枇杷島駅へ »