« 近江鉄道彦根駅 - 近江鉄道ミュージアムのED-14 | トップページ | 尾張四観音の塔 - それぞれの歴史 »

2010年2月23日 (火)

三重県津市一身田 - 一身田(いしんでん)駅

 

  紀勢線の亀山と津の間にある一身田(いしんでん)駅。

浄土真宗高田派本山の専修寺(せんじゅじ)の最寄の駅で、専修寺系の中学、高校、短大があるため学生の利用が多いそうです(Wikiより)。

亀山駅を出て、この駅で多気発の列車と交換となりました。

 

  1923年にできた一身田駅の木造駅舎。

  歩いて5分で専修寺です。

Pict0077

 

  手前は亀山駅から乗車してきたキハ11の2両編成。

  向こうは最後尾はキハ40。

  前2両もキハ40と思いますが、チラッと見たとき違っていたような気が。

  (追)キハ48ですね。

Pict0068

 

  多気発は亀山方向へ出発していきました。

  一身田駅の構内はホームが長く広い印象です。

  一身田の次が津駅です。

Pict0069

  撮影 2010/01/20

|

« 近江鉄道彦根駅 - 近江鉄道ミュージアムのED-14 | トップページ | 尾張四観音の塔 - それぞれの歴史 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三重県津市一身田 - 一身田(いしんでん)駅:

« 近江鉄道彦根駅 - 近江鉄道ミュージアムのED-14 | トップページ | 尾張四観音の塔 - それぞれの歴史 »