« 伊勢への日帰り旅(6)(「春の青春18きっぷ」で津、鈴鹿、鳥羽へ) - 鳥羽城跡城山公園 | トップページ | 「えちぜん鉄道」で三国町三国神社まで - 越前三国町(坂井市)と一乗谷朝倉氏遺跡(福井市)を散策(2) »

2010年3月21日 (日)

JR西日本521系と125系 - 越前三国町(坂井市)と一乗谷朝倉氏遺跡(福井市)を散策(1)

 

  青春18きっぷを使っての日帰り旅行の第二弾です。

福井県の福井市周辺で私的(わたくしてき)に行ってみたいスポットは幾つもあるのですが、なんと言っても岐阜から福井までは遠いので(普通電車のみで行くと)、日帰りであれば二つの観光スポットを周るのが限界です。

今回はそんな中で、三国湊の古い街並みを「えちぜん鉄道」で、そして福井市の戦国の大名であり織田信長によって滅ぼされた朝倉氏の城下町跡の一乗谷を訪ねました。

三国からすぐ北の景勝地東尋坊は今回は見送り。

同じく坂井市の本丸岡にある丸岡城、永平寺町の永平寺も見送りになりました。

 

  岐阜と福井が遠いと言っておきながら、岐阜駅出発が8時半では少し遅い気がするのですが、とにかく大垣まで新快速で行き、後からやって来る米原直通の電車を待ちます。

岐阜で待ってもいいのですが、土日祝日の米原直通電車は岐阜あたりではまず座れません。

どうせ米原まで立つのであれば立っている時間を短くして大垣から乗るというのが合理的というものです。

まあ、当日は8両編成でもそのとおりになりました。

 

  さて、米原からは521系の2両編成でした。

実はこの日、米原、敦賀間と敦賀、福井間の往復すべての乗車車両がこの521系でした。

長距離旅行者の私たちにはクロスシートのこの車両はうれしい限りですが。

福井に着いたのがお昼前で、この後「えちぜん鉄道」で三国町にむかいます。

 

  米原駅の521系2両編成。

  ほぼ満席で、立ち客も。

  ただし立ち客は近郊客のようでした。

P3200003

 

  敦賀駅にて。

  乗って来た521系電車は切り欠きの4番線に入りました。

P3200007

 

  1番線には小浜線の125系電車が待機していました。

P3200011

P3200013

 

  福井駅に到着は12時少し前。

  駅前が広々としています。

  なぜかなあ、と思っていたらバス乗り場が駅前広場にないからですね。

  バス乗り場は駅前大通りにあります。

  また、少し時間をとって駅前の少し左手の福井鉄道の駅をのぞいて見ました。

  以前岐阜市内を中心に運行されていた路面電車がいて、とても懐かしかったです。

P3200022

 

  バス停のある駅前大通りは西口ですが東口には「えちぜん鉄道」の福井駅があります。

  東口には先行して北陸新幹線用の路盤のみができています。

Pict0011

 

  えちぜん鉄道福井駅。

  土日祝日のみの1日フリーパス800円を購入して出発します。

Pict0017

  撮影 2010/03/20

|

« 伊勢への日帰り旅(6)(「春の青春18きっぷ」で津、鈴鹿、鳥羽へ) - 鳥羽城跡城山公園 | トップページ | 「えちぜん鉄道」で三国町三国神社まで - 越前三国町(坂井市)と一乗谷朝倉氏遺跡(福井市)を散策(2) »

北陸地方」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR西日本521系と125系 - 越前三国町(坂井市)と一乗谷朝倉氏遺跡(福井市)を散策(1):

« 伊勢への日帰り旅(6)(「春の青春18きっぷ」で津、鈴鹿、鳥羽へ) - 鳥羽城跡城山公園 | トップページ | 「えちぜん鉄道」で三国町三国神社まで - 越前三国町(坂井市)と一乗谷朝倉氏遺跡(福井市)を散策(2) »