« JR西日本521系と125系 - 越前三国町(坂井市)と一乗谷朝倉氏遺跡(福井市)を散策(1) | トップページ | 湊町(みなとまち)の三国町(福井県坂井市) - 越前三国町(坂井市)と一乗谷朝倉氏遺跡(福井市)を散策(3) »

2010年3月22日 (月)

「えちぜん鉄道」で三国町三国神社まで - 越前三国町(坂井市)と一乗谷朝倉氏遺跡(福井市)を散策(2)

 

  福井駅に到着が11時42分でした。

まず福井に着いてしたことといえば、駅前西口(表玄関)に出て、福井鉄道の福井駅前駅を見に行ったことです。

この福井鉄道には、以前には名鉄岐阜市内線、美濃町線、揖斐線の600V区間で運用されていた懐かしい電車が、岐阜の600V区間のすべての廃線に伴って福井鉄道に譲渡されて来ています。

たまたまいたのは懐かしい連接車の電車で、福井鉄道で言う780形か880形と思われる電車でした。

あれが何年か前には名鉄岐阜駅前の路上にいたのですが。

  何枚か写真を撮ってから、時間的に余裕は20分ぐらいしかない無いので、東口に向かい、北陸新幹線用の路盤を横目に見て「えちぜん鉄道」の福井駅に入ります。

まず窓口で、土日祝日年末年始のみ発売される「一日フリーきっぷ」800円(小児400円)を購入しました。

今回乗車する「三国芦原(みくにあわら)線」の終点の三国港(みくにみなと)駅までが片道750円なので、かなりお得な一日乗車券です。

 

  福井駅西口。

  新幹線用の路盤。

  右側に「えちぜん鉄道」の福井駅があります。

Pict0012

 

  建物の奥に改札口があります。

  切符窓口もあります。

Pict0013

 

  1両の「三国芦原(みくにあわら)線」の三国港(みくにみなと)行きに乗車します。

  1面2線で「勝山永平寺線」も当駅からで、二線は二つ目の駅の福井口駅で分岐します。

Pict0015

 

  福井駅から約40分で芦原(あわら)温泉の「あわら湯のまち」駅に到着します。

  JR芦原温泉駅からは少し距離がありますが、特急が停車しますから、

  後はバスで15分ぐらい、タクシーでしたらもっと早いでしょう。

  今日は目的地ではないので、次の次の三国神社駅で下車しました。

  三国神社駅の次が三国駅で、三国の町の散策は普通はこちらの駅から歩きます。

  また景勝地の東尋坊までは三国駅からバスで10分足らずです。

  バスはJR芦原温泉駅から出て、芦原ゆのまち、三国駅前、東尋坊、松島水族館、

  芦原ゆのまち、JR芦原温泉駅と一周します。

  もちろん反対まわりもあります。

  この路線は基本的に1時間に1本の運行です。

          詳しくは京福バスのホームページで。

  <路線バス>から<路線名から探す>の金津・東尋坊線ですべてのバス停の時刻がわかります。

  ほかも路線さえわかれば同じ要領で各バス停の時刻がわかります。

  ただ、運賃は均一区間以外まったくわかりません。

Pict0019

 

  三国神社駅で下車して、後ろの階段を下りて、そこの道を迷わずまっすぐに行きます。

  ホームの前の方にも駅からの降り口があるようですが(はっきりと確かめていない)、

  そちらからはわかりません。

  で、後ろからの階段を下りてその道をまっすぐ行くと信号の交差点があり、

  渡って左側がスーパー「みくにショッピングワールド・イーザ」。

  それを過ぎて、すぐに又道路ですが、道路は右手に大きくカーブしていきますが、

  右手に細い道があるのでそちらを行きます。

  その先が下の写真です。

  細長い建物は三国神社のお祭りでのハイライトの山車(だし)を収めた蔵です。

  区ごとに山車(だし)があり全部で18あるそうです。

  町の中でいくつも見ました。

Pict0021

 

  すぐに三国神社の裏に出られる階段を見つけました。

  探していたのはこの裏道ですが、

  普通の徒歩旅行者はこんなことはしないので、参考にはなりませんね。

Pict0022

 

  すぐに登れる階段で、拝殿、本殿の裏に出て、まわり込むとこの立派な拝殿の前に。

                三国神社の公式ホームページはこちら。

  観光客は、お祭りの時以外には来ないですね。

Pict0026

 

  こちらが表で随身門越しに。

Pict0030

 

  随身門。

  山車はこの前で奉納されるのでしょうか。

Pict0034

 

  階段を下りた道を右にひたすら行きます。

  上の写真では向かって左です。

  町並みを散策しつつ、道路は決してまっすぐではなく鍵辻になったりしていますが、

  とにかくこの道筋を歩いていくと、やがて観光客も見かけられるようになります。

  たいていの見所はこの道筋にあります。

  基本はこの道筋ですが、お寺等がこの道筋を外れてあるので、あとは各自の判断です。

  とにかく古い町ではありがちですが、道に迷います。

  三国町観光協会のホームページにある「三国探索マップ」は、

  観光スポットの位置関係はよくわかりますが、地図としては全然役には立たないので、

  様々なサイトの地図の最大縮尺でのダウンロード&印刷をしておくと便利です。

  三国町だけではなく「観光マップ」というのは、とかくそういうものですから。

Pict0037

  撮影 2010/03/20

|

« JR西日本521系と125系 - 越前三国町(坂井市)と一乗谷朝倉氏遺跡(福井市)を散策(1) | トップページ | 湊町(みなとまち)の三国町(福井県坂井市) - 越前三国町(坂井市)と一乗谷朝倉氏遺跡(福井市)を散策(3) »

北陸地方」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「えちぜん鉄道」で三国町三国神社まで - 越前三国町(坂井市)と一乗谷朝倉氏遺跡(福井市)を散策(2):

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/03/23 10:01) [ケノーベル エージェント]
福井市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年3月23日 (火) 10時02分

« JR西日本521系と125系 - 越前三国町(坂井市)と一乗谷朝倉氏遺跡(福井市)を散策(1) | トップページ | 湊町(みなとまち)の三国町(福井県坂井市) - 越前三国町(坂井市)と一乗谷朝倉氏遺跡(福井市)を散策(3) »