« 尾道 桜のお寺めぐり(3) - ロープウェイで千光寺山山頂へ  「青春18きっぷ」一挙三枚 | トップページ | 広島市 桜の広島城 - 天気が好転 「青春18きっぷ」一挙三枚  »

2010年4月12日 (月)

尾道 桜のお寺めぐり(4) - 千光寺から天寧寺(てんねいじ)の三重塔  「青春18きっぷ」一挙三枚

 

  千光寺山頂から歩いて、とりあえず千光寺までおります。

大きな岩盤がいくつも見かけられ、山が岩でできていることがわかります。

千光寺も大きな岩に取り囲まれるように造られています。

千光寺からさらに下りていくと天寧寺(てんねいじ)の三重塔の上に出て、ここから下まではもうすぐです。

この後、山陽線に沿っている国道2号線を再び尾道駅まで歩いて、コインロッカーの荷物を収容しました。

そして、これから広島へ向かい、広島城に向かいます。

帰りの広島駅出発のタイムリミットが19時ごろに時間設定してあり、この日の出発地である高松駅に0時までに戻り、再び「ジャンボフェリー」で神戸にあくる朝到着というプランが組まれています。

 

  「文学のこみち」を下りていきます。

  実はこのロープウェイは東西に張られています。

  帰ってから地図をみてビックリでした。

  南北だとばかり思い込んでいましたから。

  したがって、全体的には東西方向におりているみたいです。

Pict0089

 

  「文学のこみち」を下り千光寺の大きな岩の前を抜けたところです。

Pict0091

 

  この写真でロープウェイが東西にあるというのが良くわかります。

  向こうに新尾道大橋、尾道大橋が見えるので、あちらが東です。

Pict0096

Pict0093

 

  千光寺からさらに下に。

  本堂脇から。

Pict0099

 

  上が本堂です。

Pict0102

 

  尾道水道を「渡船」が行き交います。

  向島(むかいしま)と市街地との重要な交通手段です。

  自転車に乗った学生さんの通学や通勤に今でも大活躍です。

  東の大橋を渡ってのバス路線もあるようです。

Pict0103

 

  天寧寺の三重塔。

  明治の俳人である正岡子規が、日清戦争の従軍記者として尾道を通過したときの俳句として、

  「のどかさや 小山つづきに塔二つ」は有名。

Pict0107

 

  尾道は坂の街。

Pict0113

 

  JR貨物のEF-210型機関車。

  山陽本線は物流の大動脈だということが良くわかりました。

  とにかくひっきりなしに貨物列車が疾走していきます。

Pict0124

 

  糸崎行きの普通電車。

  ちょうど12時ごろです。

  この後、尾道駅に戻り広島へ。

  広島では思いもかけず天気に恵まれました。

Pict0120

  撮影 2010/04/07

|

« 尾道 桜のお寺めぐり(3) - ロープウェイで千光寺山山頂へ  「青春18きっぷ」一挙三枚 | トップページ | 広島市 桜の広島城 - 天気が好転 「青春18きっぷ」一挙三枚  »

中国地方」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

観光地」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾道 桜のお寺めぐり(4) - 千光寺から天寧寺(てんねいじ)の三重塔  「青春18きっぷ」一挙三枚:

« 尾道 桜のお寺めぐり(3) - ロープウェイで千光寺山山頂へ  「青春18きっぷ」一挙三枚 | トップページ | 広島市 桜の広島城 - 天気が好転 「青春18きっぷ」一挙三枚  »