« 稲沢市(愛知県)を散策(1) - アジサイ寺の性海寺(しょうかいじ) | トップページ | 稲沢市(愛知県)を散策(3) - 「ぼたん」と多宝塔の萬徳寺とJR稲沢駅 »

2010年5月 3日 (月)

稲沢市(愛知県)を散策(2) - 尾張大国霊神社(おわりおおくにたまじんじゃ)を参拝

 

  稲沢市の散策の続き。

アジサイ寺(正確には隣接してアジサイ公園がある)の性海寺(しょうかいじ)を後にして、国府宮(こうのみや)駅に戻るすぐ途中にある「せんき薬師」に寄り、少し参拝をして元きた道を戻ります。

途中、ずっと東の方に見えるノッポの塔は三菱電気稲沢製作所のエレベーター試験塔で173mの高さがあり、いっとき世界一であったそうで、去年ぐらいに日立に抜かれたとかを何かで読みましたが、間違ってたらご免なさい。

さて、途中から東よりに道を取り、名鉄の線路沿いを歩いて国府宮駅に戻りました。

そして、駅の南側にあるコンビニで食料を調達して、電車を眺めながらベンチでしばし休息を取りつつ食事を済ませました。

この後、地下通路を通り駅の東側に行き、北に線路沿いに歩いて駅の北踏み切りを東に向くと鳥居があり、それをくぐり国府宮神社の前に出ます。

昨日の記事で書きましたが、国府宮神社は「はだか祭り」で有名で、この地域における冬の風物詩になっています。

国府宮神社の正式名称は尾張大国霊神社(おわりおおくにたまじんじゃ)と言います。

桜の名所にもなっており、新聞などにはこの正式名称で載っているので、以前は一体どこにあるのかと思っていました。

何の事は無い国府宮(こうのみや)神社のことだったのですね。

 

  せんき薬師。

  「せんき」は「せん痛」で体の筋や腺にまつわる病気のこと、

  と「せんき薬師」のホームページに載っていました。

Pict0047

 

  エレベーター試験塔。

  遠くからもよく見えます。

Pict0053

 

  3500系でしょうか。

         (追記 3200番台なので2両組成の3100系ですね。2010/05/04)

  岐阜行き普通の2両編成。

  国府宮(こうのみや)駅で後続の特急に抜かれます。

  また、特急からの乗客がこの普通電車に乗り継ぎをします。

Pict0059

 

  国府宮駅の北踏み切りの道路の東方向にある鳥居。

  また駅の南踏み切りを真東に行くとJRの稲沢駅です。

Pict0096

 

  楼門。重文。

  室町時代初期の建築。

  なかなか風格のある門ですね。

Pict0099

 

  楼門の前の道路を挟んで南にのびる参道。

  駅の南踏み切りの東西の道路までのびています。

Pict0102

 

  拝殿。

  楼門と拝殿が重文指定。

  拝殿は江戸時代初期の建築です。

Pict0106

 

  楼門を後にして東へ。

  これから萬徳寺へ向かいます。

  萬徳寺にも多宝塔があります。

Pict0110

  撮影 2010/05/01

|

« 稲沢市(愛知県)を散策(1) - アジサイ寺の性海寺(しょうかいじ) | トップページ | 稲沢市(愛知県)を散策(3) - 「ぼたん」と多宝塔の萬徳寺とJR稲沢駅 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稲沢市(愛知県)を散策(2) - 尾張大国霊神社(おわりおおくにたまじんじゃ)を参拝:

« 稲沢市(愛知県)を散策(1) - アジサイ寺の性海寺(しょうかいじ) | トップページ | 稲沢市(愛知県)を散策(3) - 「ぼたん」と多宝塔の萬徳寺とJR稲沢駅 »