« JRの稲沢駅(愛知県稲沢市) - 国鉄時代は稲沢操車場が有名 | トップページ | 夏の岐阜駅 - 2009年7月 »

2010年5月12日 (水)

東海交通事業城北線 - 小田井(おたい)駅(名古屋市西区) (2)

 

  東海道線枇杷島駅から名古屋の北部を通り、中央線の勝川(かちがわ)駅までを結んでいるのが東海交通事業の城北線です。

東海交通事業はJR東海の子会社で、駅員の請負業務や、駐車場経営などを行っています。

城北線は枇杷島駅を除き全線高架で、非電化ながら全線複線の路線です。

現在は勝川(かちがわ)駅では中央線には乗り入れておらず、仮駅という扱いです。

訪れた今年(2010年)の1月現在、中央線勝川駅の高架化は完了していましたが、駅のホームの2面4線のうち内側2線にはレールが敷設されておらず、将来的にはそこに乗り入れるのかも知れません。

さて、小田井(おたい)駅の記事を以前に一度あげましたので今日は(2)ということですが、アングルは同じでも同じ写真は使っていません。

大変見通しが良くて気持ちの良い駅でした。

この駅だけ途中下車しました。

 

  東海道線の名古屋から岐阜方面にひとつ北にある枇杷島駅。

  現在は清須市の唯一のJR駅です(清州駅は稲沢市)。

  北に向いて出発します。

  少し行ってから大きく東に向きを変え高架で東海道線をまたぎます。

  車両は東海交通事業所有のキハ11の単行列車です。

Pict0107

 

  小田井(おたい)駅にて。

  勝川(かちがわ)行きの到着。

Pict0121

 

  東の勝川方面に出て行くキハ11。

  やはり小田井駅にて。

Pict0110

 

  小田井駅は4階の高さにあります。

  足の弱い人にはエレベーターがあります。

  北西の方向に名鉄犬山線の上小田井駅があり、歩いて行ける距離。

Pict0112

 

  小田井駅のキハ11。

  運行は上下とも1時間に1本しかありません。

  しかも乗降客がとても少ない。

Pict0116

  撮影 2010/01/30

|

« JRの稲沢駅(愛知県稲沢市) - 国鉄時代は稲沢操車場が有名 | トップページ | 夏の岐阜駅 - 2009年7月 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東海交通事業城北線 - 小田井(おたい)駅(名古屋市西区) (2):

« JRの稲沢駅(愛知県稲沢市) - 国鉄時代は稲沢操車場が有名 | トップページ | 夏の岐阜駅 - 2009年7月 »