« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月29日 (日)

赤穂城と赤穂の町を散策(1) - 忠臣蔵の町(だけではない)

 

  赤穂線の旅、最後の目的地である赤穂市の播州赤穂駅に降り立ったのは11時前でした。

しばらく播州赤穂駅構内で電車の写真を撮って後、陽射しが強い駅前に出ました。

南に向かって駅前通りがのびていますが、南に行き着くところが赤穂城の大手門前です。

途中、斜めに交差する交差点の角のポケットパークで息継ぎの井戸を見て、ここから南西方向にある花岳寺(かがくじ)に寄りました。

花岳寺は歴代赤穂藩主の菩提寺で忠臣蔵での関連する展示物が収蔵されている義士宝物館やお墓などがあり、これらは拝観料が必要な奥に集中しています。

拝観料は400円です。

残念ながら今回私は拝観しなかったのですが、後悔しています。

花岳寺に来てこれらを拝観しなかったのは全く訪れた意味がありませんでした。

もう少し下調べをしておくべきでしたね。

花岳寺の前の道を南に行くとお堀端に出ます。

その左手の方に大手角櫓と大手門があり、ここから城内に入ります。

お城全体では拝観料を取る所はなく、門が開いている9時から4時半までは自由に出入りできます。

しかも制限がかかるのは本丸だけです。

 

  播州赤穂駅駅前。

  駅舎は橋上駅舎で地上駅。

P8210008

 

  駅前には当然のように忠臣蔵の主人公の大石内蔵助の像が立っています。

P8210010

 

  南にのびる駅前通り。

P8210016

 

  駅前通りを行き着くとお堀端の大手隅櫓と大手門に。

  向こうが駅です。

P8210021

 

  途中の交差点にある息継ぎの井戸。

  1701(元禄14年)に赤穂藩主浅野長矩(ながのり)が江戸城内で吉良義央(きらよしひさ)に切りつけ、

  それにより浅野長矩(ながのり)は切腹、

  その一報を知らせるための早かごが江戸から赤穂城下に入り二人の藩士が息を継ぐために水を飲んだという井戸です。

  この一報は切り付けたという報告でまだ切腹については知らなかったと言うことでしたか。

  昔は散々浪曲や講談でやってましたが、半分は物語ですからね。

 

  ところで、赤穂の町については忠臣蔵だけではないと副題につけました。

  これは何と言っても赤穂は塩の生産で有名で、城の端にある歴史博物館に行くとその様子が詳らかになります。

  そしてもう一つは上水道が非常に発達した城下町であったということです。

  もともと海沿いにある赤穂では地下水は塩分が含まれていて飲料水にはならない。

  そこで千種川を7kmさかのぼって水をひき赤穂の町に上水道として一戸ずつに配水されたといいます。

  江戸時代の日本三大上水道とも言われています(その他江戸の神田上水、広島の福山上水、中津水道、近江八幡水道等がある)。

P8210017

P8210020

 

  花岳寺(かがくじ)の山門。

  もと赤穂城の塩屋惣門。

Pict0137_2

 

  花岳寺本堂。

  天井の大額、「竹に虎」の絵は必見。

  本堂に入れば誰でも見れます。

Pict0139

 

  左の建物は座禅堂で、その右手にロープが張ってありますがここから奥を有料で拝観できます。

Pict0140

 

  花岳寺の前の道を真っ直ぐ南に行くも良し、いったん東に戻り駅前大通りを南に行くも良し。

  大手隅櫓です。

Pict0144

 

  大手門と大手隅櫓の定番写真です。

Pict0146

  撮影 2010/08/21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

播州赤穂駅(兵庫県赤穂市) - 大阪、姫路方面から新快速が乗り入れ

 

  播州赤穂駅は赤穂線の途中駅ですが、現在では大阪、姫路方面から新快速が乗り入れているため、この駅の以東と以西ではまったく運転系統が異なり、播州赤穂駅から西に向かうときには必ず乗り換えが必要です(東に向かうときは最終電車のみが岡山方面から姫路に直通)。

赤穂線の相生-播州赤穂間はJR西日本のアーバンネットワークに含まれており、上下とも1時間に2本の新快速が姫路、大阪、京都方面と結ばれています。

そのため赤穂線は山陽線のバイパス的な役割もあり、山陽線の姫路-岡山間は結構込む事が多いので、私は岡山からは赤穂線を利用して播州赤穂で新快速に乗り換え(必ず好きな席に座れる)東に向かうことが多いです。

 

  播州赤穂駅。

  このあとお城を中心に暑い中、町を散策しました。

P8210007

 

  左から1番線、2番線、3番線。

  1番線は相生、姫路方面、2番線は岡山方面、

  3番線は相生、姫路方面の新快速が発着します(2番線、3番線で2本のみ例外あり)。

Pict0126

 

  3番線に入ってきた新快速電車の223系。

  相生-播州赤穂間は単線なので新快速が3番線に入るのを待って1番線の姫路行き普通電車が出発します。

Pict0128

 

  播州赤穂駅を姫路方向から。

Pict0129

 

  姫路行き普通が動き出します。

  223系の4両編成でした。

  停車している2番線の岡山方面三原行きは新快速に接続していて、この後すぐに出発しました。

Pict0130

 

  赤穂といえば忠臣蔵。

  大石内蔵助(くらのすけ)の像。

P8210009

 

  駅前通りをまっすぐ行くと赤穂城の大手門前に出ます。

P8210014

  撮影 2010/08/21

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年8月25日 (水)

赤穂線の旅(4) - 西片上(にしかたかみ)から播州赤穂へ

 

  備前市の西片上駅からすぐの真光寺の三重塔他を訪れた後、この日のハイライトである播州赤穂城へと向かいました。

西片上駅を離れたのがまだ午前中ということでこの頃はまだ余裕でしたが、この後どんどん暑くなっていき、赤穂城では殆んどグロッキー状態となっていました。

今日はその播州赤穂駅までです。

 

  片上の街を見下ろす高台にある西片上駅を東に。

Pict0113

 

  途中、日生(ひなせ)という駅に着きます。

  まだ備前市ですが、この日生(ひなせ)からは瀬戸内観光汽船のフェリーが小豆島の大部(おおべ)とを結んでいます。

Pict0115

 

  日生駅の向こうは入り江になっています。

Pict0117

 

  たまたま就航しているフェリーが停泊していました。

  便数は1日5往復です。

Pict0118

 

  播州赤穂駅に到着です。

  岡山県から兵庫県に入っています。

  115系リニューアル車は折り返し三原行きとなりました。

  そして1番線には接続の姫路行きの各駅停車223系4両編成が待機。

  この後姫路、相生方面からの新快速電車の到着を待って出発していきました。

Pict0124

  撮影 2010/08/21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

赤穂線の旅(3) 西片上駅(にしかたかみえき 岡山県備前市) - 真光寺の三重塔

 

  西大寺駅から赤穂線で東に向かうこと30分足らずで小さな駅、西片上駅(にしかたかみえき)に到着します。

片上は備前市の中心の街で、市役所はこの西片上駅が最寄の駅となります。

ただ駅としての機能は、ひとつ東の備前片上駅や西にある伊部(いんべ)駅がいずれも大きいのですが、利用者が多いのはこの駅ということです。

また備前市は備前焼の町でもありますが、焼き物のお店等備前焼関連は伊部(いんべ)駅が最寄りとなります。

西片上駅は国道2号線の横にあり、町並みを大きく見下ろす高い位置にあります。

 

  駅を出て国道2号線沿いを西に5分ほど岡山側に歩くと山側に真光寺というお寺がありますが、今回はそのお寺の三重塔がお目当てでした。

現在の真光寺は国道2号線とJRの赤穂線によって寺域が二分されており、本堂や三重塔は北側にありますが仁王門は南側の階段をおりてすぐの所にポツンとあります。

 

  赤穂線西片上駅と国道2号線。

  写真は東を向いていて真光寺は背中の方にあります。

  階段はガード下から町に。

Pict0061

 

  片上湾が深く入り込んできています。

Pict0081

 

  国道2号線沿いの真光寺の前ですが、国道に歩道橋、赤穂線には跨線橋が架かっています。

  左の大きな屋根が本堂。

Pict0082

 

  重要文化財の真光寺本堂。

Pict0067

 

  本堂から左手に、やはり重要文化財の三重塔。

  いずれも室町期のものとされています。

Pict0064

 

  本堂隣りにある真光寺の鎮守社、天神様。

Pict0080

 

  真光寺、国道から町の方に下りる跨線橋の上から。

  岡山方面糸崎行きの115系3両編成。

  1面1線の小さな西片上駅が向こうに見えます。

Pict0095

 

  跨線橋、歩道橋、その向こうに真光寺。

Pict0083

 

  糸崎行きの後ろ。

  岡山方面。

Pict0098

 

  跨線橋を下りるとこちら側に仁王門があります。

  仁王門は1711年の再建。

Pict0104

 

  仁王門の横から三重塔と国道に架かる歩道橋が見えます。

Pict0102

 

  西片上(にしかたかみ)駅に戻って赤穂線の最後の訪問地、播州赤穂に向かいます。

  仁王門が見えますね。

Pict0109

  撮影 2010/08/21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

赤穂線の旅(2) - 裸祭りの西大寺(岡山市東区西大寺)

 

  高松から岡山へ早朝7時過ぎに到着し、その後岡山駅を7時26分の伯備線備中高梁(びっちゅうたかはし)発播州赤穂行きに乗り込み、最初は山陽線、途中の東岡山からは赤穂線で、まずは裸祭りで有名な西大寺に向かいました。

乗車したのは115系のリニューアル車で、座席が転換クロスシートに改造されている3両編成の電車でした。

 

  さて、私どもが住む東海地方、特に名鉄沿線では「裸祭り」といえば愛知県稲沢市の国府宮(こうのみや)神社のそれですが、全国的に知られているのはここ西大寺の「裸祭り」です。

現在、西大寺は2009年の岡山市の政令指定都市移行に伴い岡山市東区に含まれていますが、その東区役所を途中で右に見て駅前から延びる大通りを南に1Kmほどの東に入ったところに西大寺はあります。

以前、1991年に一度西大寺を訪れたことがありますが、当時は門前は商店街になっていたと記憶していましたが、現在は商店街の面影は無く、お店が比較的多い住宅街という印象になっていました。

 

  西大寺駅に到着の115系播州赤穂行き。

Pict0052

 

  西大寺駅のプラットフォームにあった名所ガイド。

Pict0016

 

  西大寺駅前。

Pict0019_2

 

  1740年に再建された仁王門。

Pict0021

 

  同じく仁王門。

  右手に三重塔と門奥に本堂が見えます。

Pict0024

 

  奥の東から見た本堂、仁王門、三重塔と境内。

  手前には裸祭り用でしょうか観覧席があります。

Pict0034

 

  観覧席からの三重塔。

  三重塔と本堂は重文指定です。

Pict0039

 

  1819年完成の石門。

  観覧席隣りにあります。

Pict0040

 

  観覧席の後ろからは吉井川が見えます。

Pict0036

 

  本堂前の境内。

  これで西大寺観音院を後にしました。

Pict0044

 

  西大寺を後にして再び電車で東に向かい、次に下車した西片上駅。

Pict0057_2

  撮影 2010/08/21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

赤穂線の旅(1) 高松から岡山へ - ジャンボフェリーは大混雑

 

  今回の旅では選択肢を2つ持って家を出ました。

一つは高松周辺の観光、もう一つは赤穂線を巡る旅、いずれにしても朝早くには現地に居たいということで、いつものように深夜便のジャンボフェリーを利用することにして岐阜を20時過ぎに出発しました。

 

  しかし、神戸の三ノ宮駅について駅前に出るとすぐに異変に気づきました。

ミントビルのバス乗り場に夥しい人々があふれかえっていて、それもフェリーの連絡バス乗り場の6番乗り場に長い列をつくっているようです。

まさかとは思いましたが、これが地獄のフェリーになることは目に見えていました。

一瞬、帰ろうか、他の方法はないか頭の中をよぎりましたが、もう引き返すことは不可能で、取り敢えず連絡バスには乗らずフェリー乗り場まで歩くことにしました。

しかし、フェリー乗り場でもすでに地獄が現実になっていて、ここもおびただしい人で溢れかえっていました。

切符はすぐに購入することができましたが、職員が出て入り口のドアを全開にして、切符購入者は並んで下さいということに。

私はすでに建物の外で、後ろにも続々と列ができていきます。

 

  乗船が始まって乗り込みますが、カーペット敷きの大きな区画、レディース専用座席、一般座席すべてヒトヒトで、若い男女を中心にフロアの壁を背に地べた座りの客も出てきて、物凄いことになっていきました。

私はなんとかカーペット室に隙間を見つけて半ば強引に横になりましたが、ほとんど一睡もできずに、深夜にトイレにいくためにフロアに出ると、階段とトイレへの通路を除いてフロアを埋めるようにして一面に皆が横になってい寝ていました。

 

  ジャンボフェリーは予約制ではないので理論的にはありうる現象なのですが、会社もお客様をフロアに寝かせることをどう思っているのかチョット問い詰めたい気分でした。

 

  高松駅と駅前。

  ジャンボフェリーの高松東港と駅との間は連絡バスが唯一の輸送手段で、

  会社もバスを2台用意しましたが、それでも積み残しが出るほどの大混雑でした。

P8210001

 

  高松駅構内の宇和島行き特急「いしづち1号」。

  この時点で、岡山へ向かい、赤穂線の旅とすることに決定しました。

P8210005

 

  岡山駅にて。

  高松発6時8分の快速「マリンライナー6号」で岡山には7時4分着。

  折り返し岡山発7時11分の快速「マリンライナー7号」。

  すぐに出て行きました。

Pict0004

 

  同じく岡山駅にて、松山行き特急「しおかぜ1号」。

Pict0008

 

  岡山駅にて、津山線区間運転の福渡(ふくわたり)行き。

  手前がキハ47、向こうがキハ40の2両編成。

Pict0013

  撮影 2010/08/21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

名門大洋フェリー - 去年(2009年)の8月下旬(インターネット予約で2割引)

 

 

  去年のこの時期、大阪南港から名門大洋フェリーで九州に渡り、熊本、萩、米子を旅行した時の様子です。

今年もフェリーを予約をして宿も取り、もう出かけるばかりでしたが家の都合で行くことができなくなり、仕方が無いので去年の写真を上げておきます。

予約は2等洋室でした。

高速道路無料化のあおりで採算が厳しいと聞いていましたが、サービスの一環(ワンランクアップキャンペーン)として2等洋室の予約で特2等洋室が使用できました。

今年も同じサービスが受けられる筈でしたが。

普通の2等はプライバシーが無く、大阪-松山航路で昔ひどい目に遭いましたので(寝返りもうてない窮屈さと男女混在)、以後はひとつランクが上の2等洋室を利用するようにしています。

私が利用できた特2等洋室は2段ベッドが6台の12人部屋でしたが、利用者は6人で全員下のベッドとなっていました。

カーテンがプライバシーを保ってくれました。

 

  写真は第2便で、向こう側に乗船した第1便のフェリーがいます。

  大阪南港にて。

P8240016

 

  乗船した1便から2便と大阪南港の様子を。

P8240022

 

  1便は17時出港で新門司港には翌日の朝5時30分。

  2便は20時出港の翌日8時20分到着。

  新門司港発も同じ時刻になります。

  新門司港では徒歩旅行者向けに無料送迎バスが門司駅、小倉駅を結んでいます。

  バスは1便だけで門司、小倉と順に運行されます。

  当然逆の駅からの送迎バスもあります。

 

  神戸と六甲あたり。

Pict0014

 

  明石海峡大橋。

Pict0016

 

  明石海峡大橋と「たこフェリー」。

  「たこフェリー」は明石と淡路島の岩屋を結ぶフェリーです。

Pict0029

 

  そろそろ暮れてきて皆さん部屋に戻ります。

Pict0033

  撮影 2009/08/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

福知山線谷川(たにかわ)駅(兵庫県丹波市) - 加古川線分岐駅

 

  再び去年の8月の加古川線の旅から。

JR西日本アーバンネットワークの福知山線の北端、篠山口駅から北は運行本数も1時間に1本と俄然ローカル色が強くなりますが、その途中にある谷川駅からは加古川線が分岐しています。

そして加古川線の谷川-西脇市間はとりわけ運行本数が少なく、一日に9往復(平日)しかない過疎路線となっていて、この時の旅行でも谷川駅で1時間以上の待ち合わせとなってしまいました。

 

  篠山口発福知山行きの223系2両編成  次は柏原(かいばら)。

  谷川駅1番線にて。

  向かいの番線が2番線で、このホームの左に加古川線用の4番線があります。

  以前はあったという3番線が欠番となっています。

Pict0016

 

  谷川駅駅舎。

Pict0021

 

  駅舎前から駅と並行する駅前道路。

Pict0023

 

  谷川駅4番線で待機する加古川線125系電車 西脇市行き。

  両運転台の単行運転です。

Pict0034

  撮影 2009/08/20

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年8月12日 (木)

篠山口駅(兵庫県篠山市) - 本篠山へは西口からバスで20分ほど、柏原(かいばら)へは電車で25分から30分

 

  昨年のこの時期に、福知山線の谷川(たにかわ)から分岐する加古川線を全線旅したときの途中の篠山口駅です。

篠山市の中心の本篠山へは西口からバスが出ていて、その本篠山にある篠山城跡には過去何回も足を運びました。

この時は駅から外には出ずに、この後篠山口駅発の福知山行きで谷川に向かいました。

篠山口へは大阪から「丹波路快速」で1時間、昼間帯に1時間に2本運行されています。

ここから先の福知山方面にはほぼ1時間に1本の電車が運行されていますが、乗客数等ローカル色が強くなります。

 

  福知山への途中の柏原(かいばら)は織田家2万石の城下町(城は無く陣屋)で、町はコンパクトな大きさの半日ぐらいで散策できる歴史スポットで、柏原(かいばら)のさらに北にある黒井等と組み合わせた歴史散歩はなかなか面白いと思います。

  加古川線分岐駅の谷川(たにかわ)は柏原(かいばら)のひとつ手前の駅です。

 

  篠山口駅2番線に到着の特急「北近畿」 福知山方面行き。

Pict0004

 

  2番線の反対側の3番線からは大阪行き「丹波路快速」223系。

Pict0005

 

  特急「北近畿」の出発。

Pict0007

 

  待機中の223系の2両編成。

  篠山口-福知山間で運行。

Pict0011

  以上撮影 2009/08/20

 

  丹波篠山城址。

  二の丸に大書院が復元されています。

Pict0106

  撮影 2009/01/18

 

  柏原(かいばら 丹波市柏原)藩 陣屋跡の表御殿の正面。

Img651

 

  柏原の八幡神社の三重塔と社殿。

Img759

 

  2002年当時の柏原町(かいばらちょう)役場。

  現在は丹波市柏原支所で大正年間の建築。

Img772_2

  以上撮影 2002/03/13

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年8月11日 (水)

近鉄名古屋駅 - 桑名への途中にて

 

  大阪に在住の頃は岐阜への帰省によく利用した近鉄ですが、最近は関西方面にはJR利用が多くなってしまいました。

大阪の生活が長かったので当然のようにJR西日本のICOCAカードを使用していましたが、これが岐阜に帰ってきてもたいそう使い勝手が良くて重宝しています。

近鉄は関西私鉄、地下鉄が利用できるPiTaPaカードの対象路線なので、相互利用が可能なICOCAカードで近鉄名古屋駅から三重県方面への利用が可能で、JR東海のTOICAカードとの相互利用も合わせて便利に使っています。

ただチャージ(入金)が米原以西でしかできないのが悩みですが、結構西のほうへは行きますからそんなに問題ではありません。

 

  近鉄名古屋駅5番線の「伊勢志摩ライナー」。

Pict0032_2

 

  近鉄名古屋駅4番線の回送 「アーバンライナーPlus」。

Pict0028_2

 

  近鉄改札内から名鉄への連絡改札口。

  改札を抜けるとすぐに岐阜方面(or犬山、津島方面)へのホームに出ます。

  神宮前方面へのホームへは階段で。

  近鉄側は普通、準急、急行の発着する1、2、3番線があります。

Pict0034

  撮影 2010/07/10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

墨俣城 - 大垣からバスで

  7月下旬の猛暑の日にあても無く家を出たのは良かったのですが、あまりの暑さにカメラを取り出すのも億劫になり、何とか数枚の写真をこの墨俣で撮りました。

最初は取り敢えず岐阜駅へと家を出ましたが、どうも気乗りもしないので、今度は取り敢えず大垣に行こうとなり、大垣駅前から駅前通りを歩きましたが大垣城も美術館も休みで、結局疲れ果てて大垣駅前から名阪近鉄バスで墨俣へ。

墨俣でもお城の裏の木陰のあるベンチで1時間ぐらいぼんやりと過ごし、町の散策も去年の3月に訪れたばかりでは気乗りもしないので、結局しばらくしてから今度は岐阜バスで岐阜へ戻ってきました。

 

  墨俣バス停。

  大垣からは名阪近鉄バスで360円。

  岐阜からは駅前(JRと名鉄)から490円です。

  大垣からは1時間に1本から2本、岐阜からは1時間に3本運行されています。

  所要時間は岐阜からが約30分、大垣からは20分から25分?です。

  名阪近鉄バスの正確な時刻表が解らないので大垣の方は?にしておきます。

Pict0011

 

  長良川堤防から長良大橋。

  向こう側は岐阜市で墨俣は大垣市になります。

  墨俣は大垣市の飛び地になっていて、大垣市本体と墨俣の間には瑞穂市があります。

P7210001

 

  堤防を北に向かって歩くと墨俣旧町内への入り口。

  橋の向こうは美濃路です。

  江戸時代にはこの辺りに現在の羽島市側からの長良川の渡しの船着場があったそうです。

P7210002

 

  墨俣城模擬天守。

  拝観料は200円です。

P7210006

 

  ここからは2009年3月の写真です。

  補足のために未掲載の写真を。

  天守閣から、歩いてきた方を望んで。

P3100077

 

  天守閣の北にある広場のベンチでぼんやりと過ごしました。

  2009年3月の写真。

P3100078

 

  長良川越しに岐阜城。

Pict0052

  撮影 最初の4枚 20010/07/21   後の3枚 2009/03/10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

山崎宝積寺(ほうしゃくじ) (京都府大山崎町) - 真夏の雨の日

  宝積寺は京都府大山崎町にあり、天王山への登り道の途中にあるお寺です。

 

  この地を戦場とした「山崎の戦い」では、織田信長を本能寺で倒した明智光秀と中国地方から電撃的に取って返した羽柴秀吉が戦い、これに勝利した秀吉が天下取りの足がかりを得ました。

ちょうど戦場全体を俯瞰(ふかん)できる重要な天王山の攻防は、後に勝敗を左右する決定的な局面での戦いを「天王山」という言葉で言い表すようになったのはご存知のとおりです。

さて、秀吉はこの戦いのあとこの地、天王山に城を築き大阪城築城まで本拠地にしていたことはあまり知られていません。

ただ、このあたりのことはあまり詳しくはなっていないようで、大山崎町歴史資料館での展示でも年表で秀吉が山崎城を築いた事実のみの展示でした。

 

  この日は梅雨が明けてからの酷暑が一服して、一転かなりの雨となった日でした。

京都から快速(高槻までは各駅停車)で山崎駅まで15分。

駅からまず立ち寄ったのが大山崎町歴史資料館(大人200円)で、予備知識を得るつもりで入館したのですが、残念ながらもうひとつの展示内容でした(上に書いたように私の求める内容が無かったということで、中世の山崎の歴史についての展示は見るべきものがあり、大変勉強になりました)。

 

  山崎駅。

  正面ではなく北から。

P7290008

 

  こちらは阪急電車の大山崎駅。

P7290009

 

  大山崎町商工会のビルで、二階に大山崎町歴史資料館があります。

Pict0016

 

  踏み切りを西側に渡ります。

Pict0020_2

 

  同じ踏み切りで、向こう側がすぐ坂道になっています。

  天王山への登り口のひとつです。

Pict0021

 

  宝積寺への階段で、この辺りまで車で来ることができます。

  天王山へはお寺の中に入り本堂の裏から登るようです。

Pict0028_2

 

  入り口の仁王門。

Pict0044

 

  重要文化財の三重塔。

Pict0031

 

  本堂。

  雨がひどく、こういう時は三脚が必要ですね。

Pict0036

 

  同じく三重塔。

Pict0038

  撮影 2010/07/29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

JR岐阜駅(岐阜県岐阜市) - 西日の頃 2010年7月

 

  桑名からの帰りの岐阜駅。

陽がかなり傾き西日がまぶしいころです。

 

  停車しているのは岐阜駅3番線高山線の飛騨金山行き キハ47 2両編成。

Pict0002

 

  岐阜発の名古屋方面 岡崎行き普通電車 313系 4両編成。

  岐阜駅1番線。

Pict0005

 

  4番線と5番線に並ぶ 311系。

  手前4番線は回送、向こう5番線が普通豊橋行き。

Pict0020

 

  岐阜駅1番線からの岐阜城。

Pict0007

  撮影 2010/07/10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »