« 赤穂城と赤穂の町を散策(3) - 赤穂城本丸 | トップページ | ジャンボフェリーで丸亀城へ(1) - ジャンボフェリーの8月21日の深夜便の大混雑は何だったのか »

2010年9月 7日 (火)

赤穂城と赤穂の町を散策(4) - 大石神社と歴史博物館

 

  本丸門から大石神社の方に戻り、大石神社を参拝してから、この日最後に訪れたのは大石神社からは東にある清水門跡を出たところにある歴史博物館でした。

赤穂の町の塩の生産に関する展示と良く発達した江戸時代の上水道の展示は必見です。

コーナー的には上記の二つのポイントに加えて「赤穂義士に関するもの」と「赤穂の城下町、赤穂城」という四つの構成になっています。

まあ、四つともじっくり展示を見たり読んだりしていくととても勉強になりますよ。

最近はこういう施設を「箱物(はこもの)」といって無駄遣いの象徴のように政治で取り上げられていますが、実際には業者の選び方や運営に利権や既得権が絡んでいるのが大きな問題なのであって、やはり地方の文化を知る上では貴重な施設だと私は思っています。

 

  本丸門を出たところでお堀の右側、東の方を。

  本丸門はほぼ北を向いています。

P8210034

 

  入り口の大手門方向に戻る道の角に駐車場と大石神社の入り口があります。

P8210035

 

  その大石神社前から柵越しの北西の方向に見える土塁と石垣。

  赤穂城の北西にある塩屋門あたりと思われます。

P8210036_2

 

  神社に入る前に振り返ったところ。

  左への通路の石畳が見えますが、

  これをまっすぐに行くと清水門跡から歴史博物館にたどり着けます。

P8210041

P8210039

 

  大石神社拝殿。

  直接には行けませんが位置的には社殿の右の向こう側は大手門の枡形あたり。

P8210040

 

  さて先ほどの大石内蔵助の石像を左に曲がって、

  最初の大手門から来た道を横断してずーっと行くと武家屋敷公園があります。

  その武家門。

  奥に土蔵風の歴史博物館が見えてきます。

P8210042

 

  このあたりが清水門跡。

P8210046

 

  右手に見えるお堀と歴史博物館。

P8210047

 

  道路に面した博物館の入り口。

  大人200円です。

P8210049_3

 

  炎天下のなか播州赤穂駅に戻ってきました。

  このまま予定より早く岐阜に帰りました。

P8210015_2

  撮影 2010/08/21

|

« 赤穂城と赤穂の町を散策(3) - 赤穂城本丸 | トップページ | ジャンボフェリーで丸亀城へ(1) - ジャンボフェリーの8月21日の深夜便の大混雑は何だったのか »

近畿地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤穂城と赤穂の町を散策(4) - 大石神社と歴史博物館:

« 赤穂城と赤穂の町を散策(3) - 赤穂城本丸 | トップページ | ジャンボフェリーで丸亀城へ(1) - ジャンボフェリーの8月21日の深夜便の大混雑は何だったのか »