« 東海道線 新所原(しんじょはら)駅 (静岡県湖西(こさい)市) - 天竜浜名湖鉄道が分岐 | トップページ | JR高山線 長森駅(岐阜県岐阜市) - 岐阜市の東部の田園地帯 »

2010年10月 6日 (水)

手力雄(てじからお)神社(岐阜県岐阜市) - 春の大祭の「火祭」で有名

 

  ローカルな話ですが岐阜市の南東部にある手力雄神社(てじからおじんじゃ)は春の大祭の「火祭」でこのあたりでは有名な神社です。

筒に火薬を詰め、それに火をつけ、火の粉が噴き出す筒を持って練り歩く様は勇壮で、近隣から多くの人々が神社に見物に集まります。

今回はいたって普通の日に訪れました。

名鉄各務原線の手力(てじから)駅 から南に300mぐらい歩くと神社の西に出ます。

なお、この手力雄神社(岐阜市)から北西に1.5Kmの各務原市内にも別の手力雄神社があり、こちらは織田信長が稲葉山城攻めの際に戦勝祈願をしたという故事がある神社として有名です。

 

  名鉄各務原線(かかみがはらせん)手力駅を出発する岐阜行き普通。

  線路の北側から東を向いて。

Pict0051

 

  手力(てじから)駅出入り口。

  この道を左に(南に)歩くこと300mぐらいで神社に。

Pa060007

 

  正面は南側で、すぐ右には境川という川が流れています。

  この辺り細畑から切通、手力と古い町並みがあるのですが(道が古い、まっすぐでない等でわかる)、

  中山道の沿道にあたるんですね。

  それから切通(きりどおし)には磐城平藩所領の陣屋があったそうで、

  中山道の賑わいとあいまってよく栄えたとあります。

Pict0054

 

  社殿は2008年造営とまだ新しい。

Pict0056

Pict0070

 

  社殿の脇からは広場が見えますがここで「火祭」が行われるようです。

Pict0063

 

  神社のすぐ南東を流れる境川。

  長良川に合流します。

Pict0061

 

  手力からJR高山線 長森駅に。

  長森駅(岐阜市)の東から。

Pict0075

  撮影 2010/10/06

|

« 東海道線 新所原(しんじょはら)駅 (静岡県湖西(こさい)市) - 天竜浜名湖鉄道が分岐 | トップページ | JR高山線 長森駅(岐阜県岐阜市) - 岐阜市の東部の田園地帯 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手力雄(てじからお)神社(岐阜県岐阜市) - 春の大祭の「火祭」で有名:

« 東海道線 新所原(しんじょはら)駅 (静岡県湖西(こさい)市) - 天竜浜名湖鉄道が分岐 | トップページ | JR高山線 長森駅(岐阜県岐阜市) - 岐阜市の東部の田園地帯 »