« 福井駅の419系 - 寝台特急電車からの改造車 | トップページ | 福井駅 えちぜん鉄道と福井鉄道福武線 - 福武線福井駅前駅は路面 »

2010年12月 7日 (火)

加納城跡(岐阜県岐阜市) - 加納藩3万2千石

 

  以前にも書きましたが、現在の岐阜市は異なった二つの町から成り立っています。

一つは今日紹介する加納城を中心とした城下町、宿場町の加納、もう一つは斎藤道三、織田信長以来の城下町であった岐阜町です。

加納藩は関が原の戦いの折に東軍の攻撃で落城した岐阜城を廃棄して、新たに平城の加納城が築かれ、奥平信昌が10万石で入って立藩したのが始まりです。

また、加納は中山道の宿場町でもありました。

一方、北に位置する岐阜町はほぼ一貫して尾張藩領であり、18世紀の半ばには人口は5000を数え、これを岐阜奉行所を置いて支配したということです。

      江戸時代の「岐阜町」のようすについてのリンク。興味のある方はどうぞ。

 

  加納城の東の外堀として利用された荒田川からの岐阜城。

Pict0005

 

  左の図で加納の町の北端がが現在のJR岐阜駅のすぐ上に(南に)あったことが判ります。

Pict0026

 

  現在残っているのは本丸を囲む石垣と堀跡のみです。

  加納公園(本丸跡)への入り口。

Pict0051

 

  本丸跡をぐるりと囲むように石垣があります。

  南側の正面入り口。

Pict0049

 

  入り口から東の方の石垣前には駐車場があります。

Pict0010

 

  さらに東の石垣と小さなグラウンド。

Pict0012

 

  中に入って東の(右の)方向。

  なおこの加納公園は駐車場も含めて午後5時には閉鎖されてしまいます。

Pict0018

 

  本丸跡内西側で北を向いて。

  石垣の内側は低い石垣の上に大部分が土塁という形です。

Pict0019

 

  内側の土塁。

Pict0021

 

  北の出入り口の東脇の土塁。

Pict0025

 

  公園の北出入り口から東の石垣。

Pict0032

 

  北出入り口前は普通の生活道路ですがコミュニティバスが走っていました。

  岐阜市のコミュニティバスは10路線ありますが、

  この「加納城址」バス停(バスのいるところ)にはJR岐阜駅南口を中心に加納地区で運行されている「加納めぐりバス」がやって来ます。

  バスは一乗車100円、乗り放題の一日乗車券(バス車内で販売)は200円です(子供はいずれも半額、大人は中学生以上)。

  ただし一日乗車券は購入した路線のみで有効です。

  東回り、西回り共に1時間に1本が運行されています。

  コミュニティバス以外にも幹線道路では岐阜バスが多数運行されています。

Pict0033

 

  本丸跡北側の石垣に沿って西に歩きます。

Pict0036

Pict0038

Pict0042

 

  一転して南に折れて本丸跡西側の石垣を南から。

Pict0046

 

  そして再び南側に回り込み南正面入り口。

  5時になるとこの柵から入れなくなります。

  人は何とでも入れますが車は出入りできなくなります。

Pict0007

  撮影 2010/11/21

|

« 福井駅の419系 - 寝台特急電車からの改造車 | トップページ | 福井駅 えちぜん鉄道と福井鉄道福武線 - 福武線福井駅前駅は路面 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加納城跡(岐阜県岐阜市) - 加納藩3万2千石:

« 福井駅の419系 - 寝台特急電車からの改造車 | トップページ | 福井駅 えちぜん鉄道と福井鉄道福武線 - 福武線福井駅前駅は路面 »