« 名鉄岐阜駅 各務原線ホームから田神駅 - 12月も半ば | トップページ | 京都駅から西本願寺(2) - 年末の京都へ »

2010年12月29日 (水)

京都駅から西本願寺(1) - 年末の京都へ

 

  年の瀬も押し迫った28日に京都へ行って来ました。

月イチの京都での所用ではなかったので、時間的には全くのフリーでしたが、訪れたのは京都駅から近い西本願寺のみでした。

その後奈良線に乗り木津駅まで行き、さらに加茂駅に移動し、加茂駅では駅前の喫茶店で遅い食事を取って休憩しました。

この時点で14時。

この後は雨の予報でしたので、そのまま関西線で亀山、名古屋を経て岐阜に戻ったのが18時過ぎでした。

岐阜へ帰る頃は予報どおり雨となっていました。

 

  京都タワーのある駅前の東西の道、塩小路通(しおこうじどうり)を西に堀川通まで歩きます。

Dsc00507

 

  塩小路通は堀川通で突き当たり、そこに歩道橋があります。

  その歩道橋から京都駅の方角(東)を振り返って。

Dsc00496

 

  堀川通を北に歩くと七条通との交差点があります。

  その北西の一角に真宗興正派の本山興正寺とその北に大きな西本願寺、興正寺の西には龍谷大学の大宮キャンパスがあります。

  もう少し下調べをしておけば大学の由緒ある建物などを見られたのに残念でした。

  手前の門は興正寺の三門。

  その向こうに西本願寺の御影堂等の屋根が見えます。

Dsc00493

 

  興正寺の三門。

  奥の建物が御影堂で御影堂門とは言わず三門と言います。

  中にも入りましたがやはり阿弥陀堂と阿弥陀堂門が北側にあります。

  津市の一身田にある真宗高田派の専修寺(せんじゅじ)も訪れましたがやはり諸堂の配置は同じ形式でした。

Dsc00432

 

  興正寺と西本願寺の間にある小路。

  右が南にあたり興正寺で左が西本願寺で堀川通を振り返ったところ。

  築地塀には警報センサーが施されており触れないようにとのこと。

  西本願寺の内側には国宝の飛雲閣があり、厳重な管理がされています。

Dsc00442

 

  築地塀をたどると国宝の唐門があります。

  中の飛雲閣や書院は普段は非公開です。

Dsc00443

Dsc00445

 

  唐門の隣りにある大玄関門。

  さらに奥には中にある本願寺中央幼稚園への門があります。

  この前には龍谷大学の大宮キャンパスがあります。

  ちなみに龍谷大学は西本願寺系の大学です。

Dsc00447

  撮影 2010/12/28

|

« 名鉄岐阜駅 各務原線ホームから田神駅 - 12月も半ば | トップページ | 京都駅から西本願寺(2) - 年末の京都へ »

神社仏閣」カテゴリの記事

京都、奈良」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都駅から西本願寺(1) - 年末の京都へ:

« 名鉄岐阜駅 各務原線ホームから田神駅 - 12月も半ば | トップページ | 京都駅から西本願寺(2) - 年末の京都へ »