« 門司港駅と九州鉄道記念館 - フェリーと18切符で九州へ(10) | トップページ | 南海電車で岸和田城へ(1) - 九州からの帰り(2) »

2011年1月15日 (土)

門司港駅から門司、下関、岩国へ - 九州からの帰り(1)

 

  門司港の観光で九州での予定も終り、ここから長距離移動となる帰途につきました。

とは言え、18切符ではこの日のうちには岐阜まで帰る事はできず、一度四国の高松まで行きジャンボフェリーの深夜便で一夜をやり過ごしました。

最終日は関西で予定を未定にしておいて、その後岐阜に帰るということで予定を組んでいます。

最終日の予定は体力、気力次第でしたが、実際にはかなりの余裕が残っていたので、南海電車で岸和田城、阪堺電車で住吉大社から天王寺で通天閣等を回り、結局一日中大阪近辺を鉄道を使ってウロウロしました。

もっとも大阪は殆んどが大阪在住の頃に行ったところばかりでしたが、ただ唯一阪堺電車を全面的に利用したのは初めてでした。

 

  まだ門司港駅。

Dsc01069_2

 

  門司駅で下関行きに乗り換え待ち。

  やってきたのは門司港行きですが、この後下関行きが来ます。

Dsc01071_2

 

  下関駅に到着。

  117系がいたのにはちょっとビックリ。下関で117系を見たのは初めて。

  もちろん私が知らなかっただけの話ですが。

Dsc01075_2

 

  山陰線の小串行きキハ47系普通。

  そろそろこの系統は淘汰されていくのでは、特にJR東海なんかでは早い内になくなりそうですね。

Dsc01077

 

  岩国駅。

  岩国で最大1時間50分の時間がとれるとわかり、日が暮れる中、バスで錦帯橋へ行ってみました。

  岩国駅から錦帯橋までバスで20分、往復で40分。

  結局錦帯橋滞在はわずか20分で帰りのバスに。

  ちなみにバス料金は片道240円でした。

Dsc01083

 

  着いた頃にはもう暗くなり始めていました。

  錦帯橋を渡るのには300円が必要なんですがもう職員さんは帰ったあとでした。

  通路は開放されていて、料金箱は設置されていましたが実質志納状態でした。

Dsc01088

 

  向こうに渡っても仕方がないので川原に下りて。

Dsc01092

 

  錦帯橋の岩国駅方面へのバスのりば。

  この写真でこの日はカメラを収めて、次の写真は翌日の堺市の鳳駅となりました。

Dsc01101

  撮影 2011/01/05

|

« 門司港駅と九州鉄道記念館 - フェリーと18切符で九州へ(10) | トップページ | 南海電車で岸和田城へ(1) - 九州からの帰り(2) »

中国地方」カテゴリの記事

九州地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

観光地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 門司港駅から門司、下関、岩国へ - 九州からの帰り(1):

« 門司港駅と九州鉄道記念館 - フェリーと18切符で九州へ(10) | トップページ | 南海電車で岸和田城へ(1) - 九州からの帰り(2) »