« 小倉城(福岡県北九州市小倉北区) 早朝に駆け足で - フェリーと18切符で九州へ(9) | トップページ | 門司港駅から門司、下関、岩国へ - 九州からの帰り(1) »

2011年1月14日 (金)

門司港駅と九州鉄道記念館 - フェリーと18切符で九州へ(10)

 

  九州1日目は大分県の杵築の城下町と日出町(ひじまち)の暘谷(ようこく)城址を訪れ、その日のうちに取って返して小倉で一泊、あくる日二日目は朝のうちに小倉城を訪れそのまま西小倉駅で電車に乗り込み門司港駅にやって来ました。

門司港を訪れたのは今度が三度目で、二度目は時間つぶしで喫茶店でぶらぶらしただけの印象の無い訪問でしたが、最初に訪れた時は夏の夕方で暮れていく空と街の照明が徐々に明るさを増していく門司港レトロのその雰囲気は素晴らしいもので、ベンチで長い間佇んでいたのを思い出します。

今回はそのときとは真逆で天気は悪いしあちこちで工事中という最悪の状態で、門司港レトロはもう放っといて、さっさと駅前に戻り2003年にできた九州鉄道記念館に行ってきました。

九州鉄道記念館は旧九州鉄道本社の本館、車両展示場、ミニ鉄道公園の三エリアからなっています。

この日は冬休みという事で子供連れの家族が多く訪れていました。

電車の運転シュミレーターではお父さんが子供そっちのけで思わず頬が緩みました。

 

  門司港駅駅舎。

  1914年(大正3年)1月の建築の木造駅舎。

  国の重要文化財。

Dsc01004

 

  5番線折り返し博多行き普通817系。

Dsc00989

 

  手前4番線は813系。

  JR九州は電車の形式がわかりやすくて便利です。

Dsc00995

 

  九州の鉄道起点を示す0哩(マイル)標。

  駅は2面4線で3番線は無く左から1、2番、4、5番線の順にあります。

Dsc00992

 

  駅舎内は業務地域以外は全部では無いですが見学できます。

Dsc00987

Dsc00996

Dsc01000

 

  駅舎の南のバス乗り場の方から九州鉄道記念館に歩いていきます。

Dsc01026

 

  隣接する車両基地(門司港運転区)。

Dsc01025

 

  トロッコ列車で運行される門司港レトロ観光線の九州鉄道記念館駅のホーム。

  冬場は定期運行はありません。

Dsc01068

 

  九州鉄道記念館入り口。

  大人300円(中学生以下150円、4歳未満無料)です。

  またミニ鉄道公園のミニ列車1台1回につき300円。

Dsc01067

Dsc01032

Dsc01037

 

  本館内1階。

Dsc01057

 

  旧九州鉄道本社の本館。

Dsc01062

  撮影 2011/01/05

|

« 小倉城(福岡県北九州市小倉北区) 早朝に駆け足で - フェリーと18切符で九州へ(9) | トップページ | 門司港駅から門司、下関、岩国へ - 九州からの帰り(1) »

九州地方」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 門司港駅と九州鉄道記念館 - フェリーと18切符で九州へ(10):

« 小倉城(福岡県北九州市小倉北区) 早朝に駆け足で - フェリーと18切符で九州へ(9) | トップページ | 門司港駅から門司、下関、岩国へ - 九州からの帰り(1) »