« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

樽見鉄道の旅 - 北方町(岐阜県本巣郡北方町 きたがたちょう)を散策(2)

 

  大垣駅から樽見鉄道で20分足らずの北方真桑(きたがたまくわ)駅に到着し、レールバスが去るの見届けてから歩いて北方町に入りました。

名鉄揖斐線が2005年に廃止されてからは北方町の最寄の鉄道駅は隣りの本巣市に位置する樽見鉄道の北方真桑駅のみとなりました。

駅から歩いて数分で本巣市の東にある北方町に入ることができます。

昨日は名鉄の旧美濃北方駅と名鉄揖斐線の廃線跡の写真を上げましたが、そこからさらに東に商店街を歩いていくと南北に伸びる百年記念通りに出ます。

南に行くと北方町役場や北方バスターミナルがありますが、反対の北に歩くと当地の北方城を本拠地としていた安藤守就(あんどうもりなり 美濃斎藤氏の有力な家臣で稲葉良道(一鉄)、氏家直元(卜全)と共に西美濃三人衆と呼ばれていましたが斎藤龍興の代に相次いで織田信長方に寝返り、稲葉山城(岐阜城)落城後は織田家家臣として各地を転戦しました)の戦死の地跡があります。

信長に従って各地を転戦していた守就(もりなり)は1580年に突然武田家との内通を疑われて追放され、北方城には稲葉良道が入りましたが、1582年の本能寺の変に乗じて挙兵、北方城を奪取するも逆に稲葉良道に攻められて戦死しました。

 

  樽見鉄道 北方真桑(きたがたまくわ)駅にて。

Dsc01455

 

  百年記念通り。

  右手の商店街の道から出てきました。南を向いています。

Dsc01488

 

  北の方に歩いていきます。

Dsc01483

 

  碑が建っていましたが工事整備中で、まだセメントが乾いていない状態です。

Dsc01485

Dsc01486

Dsc01487

 

  南に戻って再び東にのびる商店街を歩いていきます。

  電線が凄いですが、岐阜城と金華山(稲葉山)が真東に見えます。

  北方町は結構岐阜市に近いのです(岐阜市の西隣にあります)。

Dsc01565

 

  商店街は大井神社に突き当たって終わります。

Dsc01491

 

  南側が神社の正面です。

  大井神社は北方町の氏神で例祭が「北方まつり」。

  樽見鉄道北方真桑駅からこの神社までは歩いて20分ぐらいです。

Dsc01502

 

  神社から南に道路が伸びていますがこのあたりが北方戸田氏の陣屋跡、また北方城跡です。

Dsc01504

 

  道路に北方城跡への案内があります。南を向いています。

Dsc01505

 

  住宅街を入って行くと北方城跡の碑が案内板と共にありました。

Dsc01511

 

  大井神社から南に(下の図では上に)伸びる道路の東側に北方城があったことを示しています。

Dsc01510

 

  道路に面して常誓寺というお寺。

Dsc01512

 

  この道路の左右に江戸時代の旗本北方戸田氏5千石の陣屋がありました。

  もちろん直接治めていたのは代官で、旗本は将軍の直属軍ですから江戸の屋敷にいます。

Dsc01514

Dsc01515

 

  南に四つ辻がありますが今度は西に戻ります。

  その行き当たりに北方町の大きな見所の円鏡寺があります。

Dsc01517

  撮影 2011/02/26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

樽見鉄道の旅 - 北方町(岐阜県本巣郡北方町 きたがたちょう)を散策(1)

 

  樽見鉄道での沿線情報や観光情報にはあまり紹介されることは無いのですが、樽見鉄道の北方真桑(きたがたまくわ)駅下車で歩くこと10分ぐらいの北方町を散策がてら観光してきました。

北方町は岐阜市の西に位置する人口1万8千ぐらいの町です。

面積が岐阜県では最も小さく岐阜市、瑞穂市(東海道線JR穂積駅がある)、本巣市(樽見鉄道の主要な沿線市)に囲まれています。

 

  歴史的には戦国時代の北方城に拠った安藤守就(もりなり)の本拠地です。

安藤守就は稲葉良道(一鉄)、氏家直元(卜全)と共に美濃斎藤氏の有力な家臣で西美濃三人衆 と呼ばれ、斎藤龍興の代に相次いで織田方に寝返って、1567年の稲葉山城(後の岐阜城)落城後は信長の家臣として各地を転戦しました。

しかし守就(もりなり)は1580年に武田家と内通したとの理由で追放され、信長が倒れた本能寺の変後に挙兵して北方城を奪取するも、当時の北方城主であった稲葉良道(一鉄)に滅ぼされるという顛末があった、という全国的には地味ですがそういう歴史のある北方の町です。

江戸時代には旗本戸田氏5千石の陣屋が設けられ、戸田氏が付近を治めました(そのほかに現在の北方町内には大垣藩領、加納藩領、幕領等があったそうです)。

北方戸田氏は、美濃大垣藩の戸田氏ではなくて信州松本藩の系統の戸田氏です。

北方町の見所はこれだけでは無いのですが、おいおい紹介します。

 

2005年までは岐阜市からの名鉄揖斐線が町内を東西に貫いていましたが、その年の3月をもって岐阜市内線、美濃町線とともに廃止されてしまいました。

現在は岐阜市からは岐阜バスが、大垣市からは樽見鉄道が北方町の外の本巣市になりますが町から歩いて10分から15分(中心部から)の距離に来ています。

 

  今回は岐阜からJRで大垣まで行き、樽見鉄道で最寄の駅の北方真桑(きたがたまくわ)駅で下車して北方町に入りました。

 

  切り欠きの大垣駅6番線の樽見鉄道ホーム。

  駅の岐阜方向にあり東に向けて出発します。

Dsc01440

 

  一つ目の東大垣駅で列車交換。

  大垣駅を出て暫らくは東海道線と併行しています。左に東海道線が見えます。

Dsc01447

 

  北方真桑駅(きたがたまくわえき)。

Dsc01453

 

  北方真桑(きたがたまくわ)駅駅舎。

  窓口は月曜日と金曜日のみ限定的に開いてます。

  駅窓口、自動券売機が設置されているのは人口が集中している北方町の町があることと、

  近くに岐阜高専、岐阜第一高、本巣松陽高(いずれも本巣市)、岐阜農林高校(北方町)があるのを考慮してのことと思われます。

Dsc01463

 

  駅から東に出ると本巣縦貫道路、北を見ています。

  南にすぐの交差点を東に行くと川を渡り北方町に入ります。

Dsc01464

 

  東に伸びる国道を歩いていくと北方警察署があり、次の次ぐらいの道を南に折れると旧名鉄揖斐線の廃線跡と旧美濃北方駅があります。

  西の方向に伸びる廃線跡。

  電柱が残っています。

Dsc01465

 

  旧美濃北方駅。

  対面式の2面2線。東の方向。

Dsc01468

 

  旧美濃北方駅前。

  かなり荒れ果てていますが、今なお残しているということは保存への方向性なのでしょう。

  期待したいですね。谷汲駅は保存されていますからね。

  福井鉄道から一両返してもらって展示しておくとか。

Dsc01473

 

  東西にのびる商店街。

  旧駅からはもうひとつ南にありここをさらに東に。

Dsc01475

 

  商店街に面して啓文社。啓文社は昔の法令出版の会社。

  北方町の説明が少し分かりにくいので説明はここまでしかできません。

Dsc01479

 

  さらに東に歩いていくと南北の百年記念通りに出ます。1992年に開通したそうです。

  南に行くと北方町役場、北方バスターミナルがあります。

  右手に見える道路をさらに東に向かって商店街が続いています。

Dsc01481

  撮影 2011/02/26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

姫路駅(兵庫県姫路市) 1998年 播但線ホーム - 今月(2011年2月)で姫路駅ビルが閉店

 

  1998年の姫路駅播但線ホームの103系。

10年ちょっと前でしかないのですが、すごく昔の感じがします。

この時点で姫路駅の高架化工事はすでに始まっていて、神戸線がすでに高架になっていたようですが、残念ながら私の記憶は曖昧で当時の様子を思い浮かべることができません。

現姫路駅ビルは今月(2011年2月)末で閉店となり新しい姫路駅ビル等を旧地上駅跡地に建設する予定とか。

大変息の長い工事になっていますね。

 

  1998年8月28日の姫路駅播但線ホーム 103系。

Img390

 

  2010年8月9日の播但線ホーム 103系。

Pict0169

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月23日 (水)

在りし日の岐阜駅0番線 1995年 - 岐阜駅高架工事中

 

  高山線0番線がまだ残っていたときの1995年の画像ですが、調べてみるとこのあくる年の1996年に岐阜駅の全面高架化が完成しています。

この写真のときは東海道線下り線と高山線の一部が高架化されていて、東海道線上り線はまだ地上ホームであったのは覚えています。

この年の8月30日に美濃太田を訪れていますので、その時の写真と思われます。

 

  岐阜駅0番線、1番線のキハ11。

Img612

 

  1995年8月30日の美濃太田旧駅舎。

Img629

 

  2010年7月20日の美濃太田駅 現駅舎。

Pict0004

 

  1995年8月30日 美濃太田駅5番線の長良川鉄道。

Img627

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

京都 嵐電天神川駅 - 地下鉄東西線 太秦天神川駅で乗り換え

 

  嵐山からの帰りは嵐電から地下鉄へ乗り継ぐルートをとり京都駅に戻りました。

嵐電嵐山駅から四条大宮行きで嵐電天神川まで行き、ここで地下鉄東西線の西の終点駅である太秦天神川駅に乗り継ぎました。

この後、途中の烏丸御池(からすまおいけ)駅で南北に伸びる烏丸線に乗り換えて京都駅に到るのがこのルートです。

バスはなるべく使わないようにするか、使っても短い距離にするほうがより快適に京都観光ができます。

 

  嵐電嵐山駅にて。

  一乗車200円均一で、1日乗車券(嵐電1日フリーきっぷ)が500円です。

  1日フリーきっぷには拝観料の割引などの特典もあります。

Dsc01427

 

  嵐電天神川駅にて。

  四条大宮方面に去っていく嵐電。

Dsc01432

 

  歩道横に地下鉄太秦天神川駅への通路があります。

  もちろん他にも入り口はあります。

Dsc01433

 

  嵐電天神川駅。

Dsc01435

 

  嵐電天神川駅のすぐ西にある交差点を嵐山方面に向かいます。

Dsc01437

 

  地下鉄東西線太秦天神川駅にて。

  浜大津に向かう京阪電車の車両。

  この車両はクロスシートでしたので、帰ってから調べてみると4両編成の中間車がロングシートで両先頭車が固定クロスシートとなっているようですね。

  電車は800系で大津市の浜大津駅まで直通で運行されます。

Dsc01438

 

  向こうは六地蔵行き。

  途中の御陵(みささぎ)駅で京阪京津線が分岐し、地下鉄の東西線は山科、醍醐から六地蔵に到ります。

  山科では地下鉄と京津線がJR山科駅ともども連絡しています。

Dsc01439

  撮影 2011/02/16

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月21日 (月)

京都 嵐山を散策(3) - 天龍寺

 

  嵐電嵐山駅からすぐ北に世界文化遺産に登録されている天龍寺への入り口があります。

以前は渡月橋から川沿いに西に歩いて南から天龍寺に入っていましたが今回は表門から入って奥に進みました。

過去に何回も訪れている天龍寺ですが拝観するのは今回が初めてでした。

拝観は庭園拝観と諸堂拝観が別になっていて、片方だけの拝観は500円、そしてもう一方を拝観する時に拝観券かパンフレット提示でプラス100円で計600円という形式になっています。

どちらから拝観しても最初は500円で、片方だけでも済ますことはできますが、この形式でしたら普通は両方共拝観しますよね。

 

  ところで、天龍寺の諸堂の多くは幕末の1864年の「禁門の変」で焼失してしまい、現在の建築物は明治、大正、昭和と近代に造営されたものということで、これはちょっと意外でした。

最も古い建築物は中門横の勅使門で桃山時代の建築です。

重要文化財は開山の夢窓疎石(夢窓国師)関連を始めとして11点ありますが、何と言っても天龍寺の見所は大方丈の前の庭園です。

庭園を眺めてでボンヤリと時間を過ごすのもいいですね。

実際に外国人を含めて多くの人が縁側でゆっくりと庭を眺めてすごしていました。

小方丈の畳敷きの部屋には横にならないで下さいという案内もありました。

 

  嵐電嵐山駅。

Dsc01387

 

  嵐山のメインストリートとも言うべき南北の通り。

  向こうが渡月橋のある南です。

  北の嵯峨野へは紅葉のシーズンには観光客が夥しくてたいそう賑わいます。

  桜の季節はどうなんでしょうかね?

Dsc01389

 

  車はこちらから。

  奥に見えるのが勅使門です。

Dsc01426

 

  表門と中門。

  奥に参道が伸びています。

Dsc01390

Dsc01425

 

  正面が諸堂拝観入り口で左に庭園拝観入り口があります。

Dsc01398

 

  入り口を入ったところ。

Dsc01422

 

  入り口から左に進むと庭園が見えます。

  左が大方丈。

Dsc01415

 

  庭園と反対側が大方丈の表です。

  庭園拝観はこちらから入って行きます。

Dsc01407

 

  庭園拝観入り口の門が見えます。

Dsc01410

 

  庭の方からみた大方丈。

Dsc01401

 

  正面の建物は小方丈。右が大方丈。

Dsc01402

Dsc01412

 

  小方丈から大方丈を。

  庭園、諸堂ともまだ奥に進みますがあとの写真は割愛します。

Dsc01417

 

  嵐電嵐山駅にて。

  嵐電嵐山駅に戻り四条大宮行きで嵐電天神川駅で下車。

  すぐ横の地下鉄東西線の太秦天神川駅から地下鉄烏丸線烏丸御池(からすまおいけ)乗換えで京都駅に戻りました。

Dsc01430

  撮影 2011/02/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

京都 嵐山を散策(2) - 渡月橋から嵐電嵐山駅まで

 

  法輪寺からの眺めは季節柄のせいか期待ほどでもなく、今度は紅葉の季節にと思いつつ再び渡月橋への道路に下りて北に歩きました。

季節柄といいつつも、さすがに観光地としては京都でも有名所です。

思ったよりも多くの人が訪れていました。

嵐山には紅葉の季節には過去二度ばかり訪れていますが、その人の多さは半端ではありません。

この日はそれに比べればという感じの人の出でした。

 

  渡月橋の南から。

  遠くに見えるのは愛宕山です。

Dsc01376

 

  観光客は若い女性のグループとかカップル、ご夫婦、中年の女性のグループ、一人旅、様々でした。

Dsc01377

Dsc01380

 

  嵐山って普通に行くと大体逆光になってしまうんですね。

  朝早くとか、夕方とかは遠くから来ている私どもには無縁の時間ですから。

Dsc01382

 

  渡月橋の北詰の交差点にて。

Dsc01384

 

  嵐電嵐山駅。中に入ってベンチでしばし休息。

Dsc01388

 

  嵐電は一乗車200円均一。1日乗車券は500円です。

  この後天龍寺を訪れてのち嵐電で嵐電天神川駅まで行き太秦天神川駅から地下鉄に乗り換え京都駅まで戻りました。

 

  しばし休憩してから天龍寺へ。

Dsc01386

  撮影 2011/02/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

京都 嵐山を散策(1) - 阪急嵐山駅から法輪寺

 

  去年の年末以来の京都への旅行を思い立って出かけたましたが、岐阜発が9時を過ぎていたために京都駅に着いたのは昼前になってしまいました。

駅前で食事を済ませてから嵐山の散策に向かいましたが、今回は阪急電車を利用して嵐山に入ることに。

京都駅からは一度地下鉄南北線で北にある四条に向かい、阪急電車の烏丸駅で乗り換えて桂へ、桂から嵐山線に乗り換えて嵐山にという順序を踏みました。

そして、以前から嵐山に行くたびに渡月橋の南の山の上にある塔のあるお寺、法輪寺がずーっと気になっていましたが、今回はその法輪寺を最初に訪れました。

嵐山といえば紅葉ですが、やはりこの時期は少し殺風景な景観で、天龍寺の庭園も今回は拝観しましたがやはり彩りはあまり無くて、造形だけでの勝負はそれはそれで良いものではありますが、やはり少し物足りないものです。

したがって彩の(いろどりの)無いぶんだけ法輪寺からの展望もすこし期待はずれに終わりました。

 

  阪急嵐山駅。

  駅を出て左の道路を歩いていきます。

Dsc01352

 

  嵐山駅にて。

  桂駅から京都線より分岐して嵐山駅との間を往復する阪急嵐山線の車両。

  阪急電車の車両については全く知識無しです。

P2160010

 

  駅から左への道を取ると法輪寺の下に出ます。

  渡月橋への道の脇にあるので大体わかります。

Dsc01354

 

  少し石段を上ります。

Dsc01357

 

  階段を上がりきるとすぐ目の前に本堂があります。

  法輪寺は「十三まいり」のお寺として知られています。

  法輪寺へのリンク

Dsc01360

 

  本堂の右手に展望台があります。

  真下に渡月橋が望めますが、紅葉のシーズンには良いと思います。

Dsc01368

 

  展望台。

Dsc01370

 

  展望台とは反対側に多宝塔があります。

Dsc01365

  撮影 2011/02/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

阪堺(はんかい)電車 恵美須町駅(大阪市浪速区) - 北に向かえば電気街の「でんでんタウン」へ

 

  通天閣から斜め北に歩いていくと堺筋の交差点に出ます。

この左の一角に阪堺(はんかい)電車の恵美須町駅があり、住吉大社から本社と車庫のある我孫子道駅方面に1時間に5本以上の電車が出ています。

朝夕に一部浜寺駅前行きがありますが、殆んどが我孫子道行き。

 

  通天閣から通天閣本通、この先が南北の堺筋の交差点。

Dsc01326

 

  通天閣から見える阪堺電車恵美須町駅。

Dsc01334

 

  恵美須町駅から南(左)に向かう阪堺電車。

Dsc01333

 

  北側からの通天閣。

Dsc01338

 

  阪堺電車恵美須町駅乗り場入り口。

Dsc01343

 

  南から到着。

Dsc01340

 

  折り返して我孫子道(あびこみち)行き(表示はあびこ道)となります。

Dsc01342

 

  あびこ道行きが出発。

Dsc01345

Dsc01346

  撮影 2011/01/06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

中部国際空港からの帰り - 名鉄特急2000系「ミュースカイ」で

 

  中部国際空港での所用を終えて、帰りは全車指定席の特急「ミュースカイ」岐阜行きで帰ることにしました。

特急「ミュースカイ」は全面ホームドアが設置されている1番線から発着します。

指定席の「ミューチケット」は350円で、中部国際空港から名鉄岐阜駅までの運賃は1310円で合計1660円でした。

所要時間は1時間を少し切る程度。

これが2200系の空港特急では1時間を少し越える所要時間で、その差は10分といったところです。

 

  左3番線が岐阜から乗車してきた2200系の空港特急。

  右が2番線で1番線はさらに右手のほうにあります。

Dsc00024

 

  管制塔と国内線の北ウィング方向の空港ビル。

  名鉄はこの空港ビルと平行しています。

Dsc00042

 

  対岸の常滑市(とこなめし)。

Dsc00047

 

  特急「ミュースカイ」2000系の車内。

  もう名古屋を過ぎて乗客は少なくなっています。

Dsc00049

 

  岐阜、愛知の県境の木曽川を渡りきって笠松競馬場と岐阜城を車窓越しに。

  この後電車は大きく右にカーブを切るので車内から岐阜城はしばらく写せません。

Dsc00050

 

  名鉄岐阜駅に到着。「ミュースカイ」は1番線に到着。

  写真は2番線の豊橋行き特急増結車2両と3番線の豊橋行き急行。

Dsc00052

 

  向こうから1番線、2番線、3番線で一番向こうが空港から乗ってきた「ミュースカイ」2000系。

Dsc00053

 

  見たくない編成の急行が出発していきました。

  色はそろえて欲しい!!

Dsc00056

 

  地上駅の各務原線ホームに下りました。

  5番線は6両編成で新那加駅から急行。

  4両編成対応しかないホームの駅は後ろ2両がはみ出ます。

Dsc00059

 

  到着した次発の犬山行き普通は2両編成でした。

Dsc00061

  撮影 2011/02/09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

名鉄で中部国際空港へ - 行きは2200系帰りは2000系「ミュースカイ」

 

  所用で名鉄岐阜駅から中部国際空港へ行く機会がありました。

行きの空港特急は2200系の停車駅の多い特急で、帰りは全車特別席の特急「ミュースカイ」を利用しました。

座席指定のミューチケットは350円です。

写真を撮りに中部国際空へわざわざ行った訳ではないので、もれなく写すわけにはいきませんでした。

しかも今回は一人ではないので自由行動はできず折りに触れて撮った写真です。

 

  名鉄の中部国際空港駅、左3番線が名鉄岐阜駅から乗車してきた2200系。

  鉄道は名鉄のみしかなくホームは2面3線、勿論行き止まりの頭端式のホームですが、向かって右側が2番線でさらにガラスの向こうの1番線のみが全面ホームドアで特急「ミュースカイ」が発着します。

Dsc00019

 

  乗り場を出ると大きなフロア。

Dsc00025

Dsc00029

 

  4階のスカイデッキに出ると物凄い風に見舞われました。

Dsc00035

Dsc00036

Dsc00038

 

  スカイデッキ。

Dsc00039

 

  国内線、国際線のカウンター。

  確かに食事や買い物をするだけでも充分楽しめる空港でした。

  帰りは1番線からの岐阜行き特急「ミュースカイ」2000系で帰りました。

Dsc00040

  撮影 2011/02/09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

名鉄とJRの立体交差(岐阜県岐阜市) - 名鉄岐阜駅

 

 

  たまたま所用で通りかかった名鉄電車とJR東海道線の岐阜駅付近での立体交差の部分。

JRは名鉄よりも一段と高いのでJRの電車よりも名鉄の画像になってしまいました。

 

  名鉄2200系特急とJR313系の立体交差。

  急いでカメラを構えたのでフレームの中に青い道路標識が中途半端に、また2200系も顔が隠れてしまいました。

  でも雰囲気は伝わると思います。

Dsc00005

 

  立体交差の感じはこんなふうです。

Dsc00006_2

 

  青い橋げたの部分が単線区間。

  名鉄岐阜駅でのネックになっています。

Dsc00008

 

  基本は名鉄岐阜駅を出て行く電車が優先で、到着電車はここで待機しています。

Dsc00009

 

  出発電車をやり過ごしてから駅に進入します。

Dsc00014

 

  そして名鉄岐阜駅に到着。

Dsc00015_2

  撮影 2011/02/08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

在りし日の北方千歳町(きたがたちとせまち)駅 - 岐阜県北方町

 

  在りし日の名鉄揖斐線の北方千歳町(きたがたちとせまち)駅にて。

北方町は岐阜市の西にある岐阜県で一番面積の小さな市町村で、2005年3月までは名鉄で岐阜市内と結ばれていました。

写真は1994年に北方町内にある円鏡寺を訪れたときのものです。

現在北方町に行くには岐阜市内からバスで行くか、鉄道では大垣から樽見鉄道で北方真桑駅下車で行くことができます。

北方町には織田信長が美濃斎藤氏を攻略するために調略した美濃三人衆の安藤守就(あんどうもりなり)の居城であった北方城跡があり、江戸時代に一帯を支配した旗本戸田氏の北方陣屋跡もあります。

なお北方の戸田氏は大垣の戸田氏ではなく信州松本の戸田氏の系譜です。

 

  岐阜方面からの電車。

  岐阜市の忠節駅発で市内は走れない電車です。

Img522

 

  こちらは岐阜市内に乗り入れる岐阜駅前行き。

Img521

 

  円鏡寺は国指定の重文をはじめとして文化財を多く有する古刹です。

Img517

  撮影 1994/09/06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

岐阜市東部からの伊吹山 - 2月初め

 

  岐阜市東部にある県総合医療センター(昔の県立病院)からの伊吹山。

少しもやっていたのが残念です。

またガラス越しだったのでクリアとはいきませんでした。

毎年2月の好天にめぐまれた風がある日には少し高いところに上がるときれいに冠雪した伊吹山が見えます。

 

  この辺りは道路がまだ整備されておらず、雑然としています。

南に行くと高山線の長森駅がありますが、多少距離があり、この病院から1時間に1本運行されているコミュニティーバスが唯一の足となります。

JR岐阜駅、名鉄岐阜駅など市内中心部とのバスは岐阜バスによって何本も運行されています。

Dsc01354

 

  今日(2月3日)だったらもう少しきれいに撮れたかも。

Dsc01359

  撮影 2011/02/02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

阪堺(はんかい)電車 住吉鳥居前駅(電停) - 住吉大社の鳥居前

 

  文字通り住吉大社の鳥居前の電停が阪堺(はんかい)電車の住吉鳥居前電停です。

西にはすぐに南海電車の住吉大社駅、阪堺電車の上町線の終点駅の住吉公園駅があります。

住吉大社の前では道路上を走っている電車は南ではすぐに専用軌道に入り、北では鳥居前からすぐの住吉駅(電停)から天王寺駅前方面は専用軌道に入り、恵美須町方面は道路上をそのまま北上します。

 

  住吉大社の正面にある住吉鳥居前電停を北から南の方を。

Dsc01279

 

  同じく住吉大社前。

Dsc01280

 

  天王寺駅前から浜寺駅前行きの電車。

Dsc01283

 

  南の専用軌道から道路に進入して住吉大社の前に。

  車との衝突等を避けるため警報機が鳴ります。

Dsc01287

 

  住吉鳥居前電停のあびこ道行き。

  ちょっと判りにくいかも知れませんが、かなたに住吉電停がのぞめます。

  距離的には歩いてすぐです。

Dsc01291

 

  天王寺駅前から到着の浜寺駅前行き。

  パンダを意識したカラーリングになっています。

Dsc01293

 

  南に向かい専用軌道に入って行きます。

Dsc01294

  撮影 2011/01/06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »