« お詫び - 黒野城跡の表記について | トップページ | 松山市(愛媛県)へ桜を見に行く(2) - 道後温泉から石手寺、そして湯築城跡(ゆづきじょうせき 道後公園)(18切符とジャンボフェリーで) »

2011年4月 8日 (金)

松山市(愛媛県)へ桜を見に行く(1)- 高松から松山へ(18切符とジャンボフェリーで)

 

  記事タイトルは「松山市へ」となっていますが、より正確に言えば「松山城の桜を」見に「松山市へ」行ったということです。

 

  本格的に松山城を訪れたのは本当に久し振りです。

時間が余ったので暗くなったけどチョッと寄って見よう、ということはありましたが松山城を目的として訪れたのは今回で2回目です。

桜の方はもうひとつ物足らなかったのですが、ただなによりも天気が素晴らしくて、空は晴れ渡り気候も暖かくて絶好の観光日和でした。

 

  取り敢えず私の四国旅行には定番のジャンボフェリーの深夜便で高松東港に渡りましたが、この日のフェリーは30分以上の遅延で、連絡バスが高松駅に到着したのが6時前でした。

フェリーにはありがちな事ですが、遅延の理由は車の乗降による遅れで、その他には風のせいなどというのもあって冬などにはよく遅れていました。

 

  今回は高松発6時16分発の伊予西条行き普通電車で新居浜まで行き、新居浜駅からは14分後に追いついてくる特急「しおかぜ1号&いしづち5号」を松山まで利用しました。

最初は高松から松山までの全区間を利用しようかとも思いましたが、それではさすがに18切符の顔も立たない、という事で取りやめにしました。

 

  フェリーが遅延したことで思いもかけず屋島のシルエットを見ることができました。

  高松東港に入港直前のフェリー後部甲板から。

  源平の戦の「屋島の戦い」は向こう側、東側の入り江で行われました。

Dsc01736

 

  朝陽を受ける高松駅。

  いつも写真を撮ってしまう不思議な魅力のある駅舎です。

  行き止まり駅ならではの造りだからかもしれません。

Dsc01742

 

  高松駅4番線にて 高松発6時16分 伊予西条行き121系電車2両編成。

Dsc01743

 

  途中の車窓から丸亀城。

  小さな天守に石垣が引き立ちます。

  途中、川之江城の天守も見えたので写しましたがこれよりもひどく、出すのは諦めました。

Dsc01746

 

  多度津駅で9分停車。外に出てみました。

  連絡の土讃線琴平行きが出発。多度津は土讃線分岐駅。

  手前が121系電車、向こう側が7000系電車です。

Dsc01749

 

  新居浜駅にて。

  高松から乗ってきた121系伊予西条行き 新居浜駅で20分停車。

Dsc01751

 

  14分後に新居浜駅に到着した松山行き特急「しおかぜ1号&いしづち5号」 8000系電車。

  後部は高松発の車両と連結するので前部のみが流線型になっています。

  新居浜-松山 自由席特急料金と乗車券あわせて2900円でした。

 

  場所によっては乗車券と自由席特急券がセットになっている割引往復きっぷの「Sきっぷ」利用すると割安になります。

  特に普通列車の少ない松山以南では松山起点に設定されている「Sきっぷ」は重宝すると思います。

Dsc01759

 

  松山駅に到着。

 

  荷物の大半をコインロッカーにぶち込み、まず観光案内所に行き

        伊予鉄道の「松山城下めぐりきっぷ」  2200円を購入しました。

 

  これで、市内電車全線、バス指定路線、市内指定の観光施設の入場・拝観券、松山城ロープウェイ(往復)が利用できます。

  観光施設は<松山城天守閣>、<坂の上の雲ミュージアム>、<道後温泉本館、又新殿>、<子規記念博物館>、<石手寺宝物館>、<子規堂>が有効で2200円に込みになってます。

 

  また、常盤同郷会が<「坂の上の雲」のまち松山周遊特別割引券>なるものを2011年6月30日まで(4月29日~5月9日を除く)発行しておりこのチラシを提示すると各施設が割引となります。

  松山城 ロープウェイ・リフト(往復・大人)500円→400円、

  天守閣観覧(大人)500円→400円、

  坂の上の雲ミュージアム(一般)400円→320円、

  萬翠荘(大人)300円→240円、

  秋山兄弟生誕地(大人)300円→250円、

  子規堂(正宗寺)(大人)50円→40円、

  子規記念博物館(常設展)(個人)400円→320円。

 

  以上の施設に行くと最初の施設で申し込めば割引券替りとなるチラシがいただけます。

  有効利用してください。

Dsc01769

 

  市電の松山駅前電停。

  写真は北の方へ行く電車です。

Dsc01773

 

  道後温泉行きとなって折り返す電車もあります。

  乗車は私の立っているホームです。

  この路面電車で一気に道後温泉駅まで行きました。

Dsc01776

  撮影 2011/04/06

|

« お詫び - 黒野城跡の表記について | トップページ | 松山市(愛媛県)へ桜を見に行く(2) - 道後温泉から石手寺、そして湯築城跡(ゆづきじょうせき 道後公園)(18切符とジャンボフェリーで) »

四国地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

フェリー、船、バス、航空機」カテゴリの記事

コメント

ステキなご旅行でしたね。
道後温泉で温泉に入りたいです。

投稿: ジョセフィーヌ | 2011年4月 8日 (金) 18時06分

有り難う御座います。楽しい旅行でした。

投稿: mino | 2011年4月 8日 (金) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松山市(愛媛県)へ桜を見に行く(1)- 高松から松山へ(18切符とジャンボフェリーで):

« お詫び - 黒野城跡の表記について | トップページ | 松山市(愛媛県)へ桜を見に行く(2) - 道後温泉から石手寺、そして湯築城跡(ゆづきじょうせき 道後公園)(18切符とジャンボフェリーで) »