« 名鉄木曽川堤駅(きそがわづつみ えき 名鉄名古屋本線)と木曽川堤 - 愛知県一宮市 | トップページ | 名鉄名古屋本線 笠松駅あたり(2) - 岐阜県笠松町 奈良津堤の桜 »

2011年4月 3日 (日)

名鉄名古屋本線 笠松駅あたり(1) - 岐阜県笠松町

 

  木曽川堤駅から木曽川を渡ってひと駅の笠松駅にやってきました。

笠松駅からは竹鼻線が分岐しています。

竹鼻線の途中、江吉良(えぎら)駅からは羽島線となり新幹線岐阜羽島駅と連絡している新羽島駅に到ります。

現在では笠松から新羽島までは一つの路線として運用されていますが、本来は竹鼻線は江吉良駅以南までのびており、新幹線岐阜羽島駅が設置された折に江吉良から新幹線駅までが新線として分岐したのが羽島線でした。

しかし後に江吉良駅以南が廃線となり、現在の竹鼻線、羽島線が一体として運用する形が出来上がった訳です。

 

  笠松駅前の駅前広場。

  駅前広場は東に名古屋本線、西に竹鼻線と挟まれた形です。

Dsc01721

 

  笠松の桜の名所の奈良津堤の桜。

  奈良津堤の奈良津の由来を調べましたがどうもはっきりと書かれていないですね。

  ただ、堤の東側に奈良町という地名がありますから、このあたりに川湊があったということでしょうか(あくまで推測ですから信用しないように)。

  堤は笠松競馬場の北から西に回り込み名鉄を東から西に踏み切りで渡り、さらに南から途中直角に南東方向に向かい、木曽川の堤防に突き当たって道路はそのまま木曽川堤防上を西に向かいます。

Dsc01660

 

  駅を出て最初は西側に名鉄をのぞみます。

  特急「パノラマスーパー」の岐阜側。

Dsc01661

 

  「パノラマスーパー」の豊橋側。

  こちら側2両が1000系。

Dsc01662

 

  岐阜発須ヶ口行き普通の6000系。

Dsc01663

 

  岐阜行き普通。

Dsc01664

 

  駐車場から奈良津堤。

  競馬の開催日には駐車場は一杯になります。

  競馬場と駐車場の間に名鉄の線路があります。

Dsc01668

 

  線路と競馬場と岐阜城。

Dsc01672

 

  奈良津堤から。向こう側が笠松競馬場。

Dsc01678

Dsc01681

  撮影 2011/04/02

|

« 名鉄木曽川堤駅(きそがわづつみ えき 名鉄名古屋本線)と木曽川堤 - 愛知県一宮市 | トップページ | 名鉄名古屋本線 笠松駅あたり(2) - 岐阜県笠松町 奈良津堤の桜 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名鉄名古屋本線 笠松駅あたり(1) - 岐阜県笠松町:

« 名鉄木曽川堤駅(きそがわづつみ えき 名鉄名古屋本線)と木曽川堤 - 愛知県一宮市 | トップページ | 名鉄名古屋本線 笠松駅あたり(2) - 岐阜県笠松町 奈良津堤の桜 »