« 松山市(愛媛県)へ桜を見に行く(6) - 大手門からくだり二の丸、堀之内へ、そして夜に高松へ | トップページ | 伊予鉄道 大手町駅(電停)の平面交差 - 愛媛県松山市 »

2011年4月18日 (月)

玉藻公園(たまもこうえん 高松城跡)の周りを一周 - 香川県高松市

 

  前日に松山から高松に戻り、高松で一泊して後、高松周辺を観光しようという事で取り敢えず 高松城跡である玉藻公園に行って見る事にしました。

しかし、高松港に面した水城通り(みずきとおり)を歩いてみると桜は全く咲いておらず(4月7日時点で)、玉藻公園内も推して知るべし、ということで結局お昼前には高松を離れ、瀬戸大橋から岡山、赤穂線で播州赤穂、赤穂で乗り継いで姫路、姫路では連絡していた新快速を1本やり過ごして姫路発の新快速で米原まで、米原から大垣乗り継ぎで高松から全線を電車で乗りとおして岐阜まで帰りました。

今回は粘ってでも高松周辺や岐阜までの途中での観光をするという気概が全く無く、高松駅での写真を最後にカメラをバッグから取り出すことは一度もありませんでした。

それでも高松では玉藻公園の外を一周して、いつもと同じような写真を何枚か撮りました。

 

  午前中の高松駅駅前

Dsc01997

 

  高松城北側の水城通り(みずきどおり)沿いにある高松港の桟橋に到着のフェリー。

  「水城通り」は高松城が日本三大水城であったことからつけられた愛称。

Dsc01998

 

  高松港のすぐ北にある男木島(おぎしま、おぎじま)、女木島(めぎじま)を結ぶフェリーです。

  よくよく考えれば小豆島も近いのですね。

Dsc02000

 

  東の方、屋島と四国フェリー。

Dsc02002

 

  水城通り沿いにある月見櫓と水門、渡櫓。

  いずれも江戸時代からの遺構で重文指定です。

Dsc02008

 

  小さなお城だと天守代わりに使えそうな立派な櫓です。

  右が水城通り、さらにその右に高松港。

Dsc02011

 

  水城通りの東端にある歩道橋からの水城通りの眺め。

  この辺りから南に折れ城跡の東側に回り込みます。

Dsc02015

 

  玉藻公園(高松城跡)東の入り口の旭門。

Dsc02017

 

  東の入り口の旭門のお堀に架かる旭橋から旧東の丸 丑寅櫓(うしとらやぐら 艮櫓とも書く)。

  現存の櫓でこちらも重文指定を受けています。

  この櫓はもともとはこの場所では無く、現在の県民ホールあたりにあった東の丸にあったそうです。

  お堀端を「ことでん」の電車が行き交います。

Dsc02021

 

  ぐる~っと南から西に来て「ことでん」の高松築港駅。

Dsc02039

Dsc02041

 

  琴電高松築港駅のすぐ北にある玉藻公園(高松城跡)の正門ともいうべき西の門。

  高松駅のすぐ東(200mぐらい)にあります。

  入園料は大人200円です。

  奥に見えるのは先ほどの月見櫓。

 

  現在天守閣のあった天守台の工事が行われているそうです。

  天守閣復元は長年の市民の願いで、資料と資金が調えば着工にいたるのでしょうね。

Dsc02043

 

  南にのびる中央通り。

  左手に玉藻公園の碑と平屋の琴電高松築港駅駅舎。

Dsc02045

 

  高松駅にて。

  高松発11時10分の岡山行き「快速 マリンライナー26号」。

  私はこのあとの11時40分発の「快速 マリンライナー28号」で長い岐阜への帰途につきました。

Dsc02054

  撮影 2011/04/07

|

« 松山市(愛媛県)へ桜を見に行く(6) - 大手門からくだり二の丸、堀之内へ、そして夜に高松へ | トップページ | 伊予鉄道 大手町駅(電停)の平面交差 - 愛媛県松山市 »

四国地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

フェリー、船、バス、航空機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玉藻公園(たまもこうえん 高松城跡)の周りを一周 - 香川県高松市:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/04/19 08:45) [ケノーベル エージェント]
高松市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2011年4月19日 (火) 08時46分

» マリンライナーでパノラマな体験ができるグリーン席 [グリーン車 アッパークラス体験記]
 岡山と四国・高松とを結ぶ快速マリンライナーには早朝、深夜の一部列車を除いてグリーン車指定席/普通車指定席が連結されております。  これらは2階建て車両となり、2階席には ... [続きを読む]

受信: 2011年4月22日 (金) 06時55分

« 松山市(愛媛県)へ桜を見に行く(6) - 大手門からくだり二の丸、堀之内へ、そして夜に高松へ | トップページ | 伊予鉄道 大手町駅(電停)の平面交差 - 愛媛県松山市 »