« 北陸線武生(たけふ)駅(福井県越前市) - 途中下車 | トップページ | 福井駅付近 - 5月中旬 »

2011年5月23日 (月)

福井市を散策(5) - 福井市立郷土歴史博物館と名勝養浩館(ようこうかん)庭園

 

  福井城跡の本丸に入る入り口は南、北、西とあり、この日は西にある御廊下橋(おろうかばし)を渡って天守台を見てきましたが、本丸内から出る時には北の通路を経て城跡の北側に下り、そのあと城跡の北にある郷土歴史博物館と養浩館(ようこうかん)庭園を訪れました。

今日の散策はここまでで、北から取って返し、福井城跡の東のお堀端から南に回り込み、福井駅に戻りました。

 

  北側の本丸内との通路。

Dsc02473

 

  本丸の北東隅を。右の傾斜のある石垣が北の通路。

Dsc02474

 

  本丸東側の石垣。

Dsc02479

 

  本丸東側のお堀に沿った道路を北に歩いて行くと北側にNHKのある大通りに出ます。

  渡ってその右、左どちらでも北への道路を行くと郷土歴史博物館と養浩館に到ります。

  写真は左の西側の道を北に歩いて郷土歴史博物館の南西の角から。

  公園を挟んで向こう隣りに養浩館庭園があります。

Dsc02480

 

  福井市立郷土歴史博物館の前にある松平春嶽(まつだいらしゅんがく)像。

  春嶽は第16代の藩主で幕末から明治にかけて活躍しました。

  橋本佐内、由利公正などが春嶽のもとで藩政改革に取り組み、また国事に奔走しました。

 

  郷土歴史博物館は結構ボリュームがあって興味のある方は時間を少し多めに取っておいたほうが良いかもしれません。

Dsc02481

 

  養浩館(ようこうかん)庭園の西門。

  東側が正門になります。郷土歴史博物館と養浩館庭園両方の拝観で330円です。

Dsc02483

 

  養浩館はもともと福井藩主松平家の別邸。

  昭和20年の戦災で焼け平成5年に復元されたとのこと。

Dsc02488

Dsc02493

 

  東側に廻り込んで奥右が正門の東の入り口。

  邸に入る玄関の軒先から。

Dsc02499

Dsc02497

Dsc02503

 

  東門から外に。

Dsc02508

 

  北側の道を西に戻り養浩館の西門入り口前の道路から公園越しに郷土歴史博物館。

Dsc02510

 

  その東にある復元された舎人門(とねりもん)。

  発掘調査を基にして北の外堀、石垣と共に復元されています。

Dsc02516

 

  郷土歴史博物館から再び福井城跡の本丸東側のお堀ばたの道路に戻り、そこから南側に回り込みました。

  こちらの南側の本丸内への通路の「御本城橋」は車の通行が可能です。

  南側お堀端にある内堀公園。

Dsc02520

 

  西側から本丸南側の「御本城橋」。

Dsc02523

  撮影 2011/05/14

|

« 北陸線武生(たけふ)駅(福井県越前市) - 途中下車 | トップページ | 福井駅付近 - 5月中旬 »

旅行・地域」カテゴリの記事

北陸地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福井市を散策(5) - 福井市立郷土歴史博物館と名勝養浩館(ようこうかん)庭園:

» 戦国武将の戦い屏風や甲冑で知る [ローカルニュースの旅]
福井ゆかりの戦国武将の戦いに焦点を当てた福井市立郷土歴史博物館の特別展「合戦 生き残れ! 未来のために」が21日始まった。合戦図屏風や甲冑など71点が武将の息遣いを伝えている。 [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 16時48分

» アニメの武器、実物に 福井の歴史博物館で「ヱヴァと日本刀展」 [ローカルニュースの旅]
福井市立郷土歴史博物館で27日、春季特別展「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」の内覧会があった。国内の刀匠らが手掛けた人気アニメ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」に登場する武器や作品からヒントを得た新作刀剣が披露された。特別展は5月10日まで。... [続きを読む]

受信: 2015年3月29日 (日) 14時16分

« 北陸線武生(たけふ)駅(福井県越前市) - 途中下車 | トップページ | 福井駅付近 - 5月中旬 »