« 名鉄名古屋本線 妙興寺駅(1)(愛知県一宮市) - 妙興寺、一宮市博物館 最寄の駅 | トップページ | 名鉄尾西線(びさいせん)玉ノ井駅 - 愛知県一宮市 »

2011年6月20日 (月)

愛知県一宮市を散策(1) - 玉ノ井の加茂神社

 

 

  愛知県一宮市を散策するにあたって、名鉄一宮駅に着いてからまず最初に向かったのは尾西線の終点駅の玉ノ井駅でした。

もちろん終着駅としての名鉄玉ノ井駅に行ってみたいというのもありましたが、駅沿いの道路を北に歩くこと数分で賀茂神社という神社があり、そこに玉井霊泉(玉井清水)という周辺の玉ノ井という地名の由来になっている清水があると聞いていて、是非訪れたいと思い行って見ました。

一宮市で有名な神社と言えば、なんと言っても一宮の地名の由来である真清田(ますみだ)神社で、この神社が古くから尾張国一宮と呼ばれていたことから当地が一宮と呼ばれるようになったという云われは有名です。

この日は一宮駅のすぐ北東にある真清田神社へは行く予定でしたが、雨が強くなってきたので残念ながら断念をしました。

 

  名鉄尾西線終点の玉ノ井駅。

  4両までの長さのホーム一本があります。

  名鉄一宮駅からは北西の方向にあたり、所要時間は8、9分です。

  ここから500mぐらい西を木曽川が流れています。

Dsc02699

 

  駅の東側の県道を北に向かいます。写真は南を向いています。

Dsc02703

 

  北方向に100mぐらいで交差点がありますが、右へ折れると神社の南の正面に出ます。

  初めての場所なのでそのまま交差点を北に行くと鳥居が見えてきて、ここから境内に入りました。

Dsc02740

 

  賀茂神社の拝殿正面。

Dsc02707

 

  賀茂神社の古神門の説明板。

Dsc02709

 

  その古神門。かなり古そうで、状態はあまり良くは無いみたいです。

Dsc02711

 

  太鼓橋がある南が正面入り口です。

Dsc02715

 

  南に面している賀茂神社の正面の鳥居。

Dsc02724

 

  道路を東側に迂回すると東側にも出入り口がありました。

Dsc02726

 

  赤い鳥居をくぐって奥に進んでみます。

Dsc02728

Dsc02729

 

  そして玉ノ井の地名の由来である玉井霊泉(玉井清水)。

  飲めます、と書いてあります。

Dsc02733

 

  今度は東側から拝殿の前に出ます。

Dsc02735

 

  再び玉ノ井駅に戻って、名鉄一宮駅で本線に乗り換え、妙興寺駅で下車して妙興寺を訪ねます。

Dsc02741

  撮影 2011/06/16

|

« 名鉄名古屋本線 妙興寺駅(1)(愛知県一宮市) - 妙興寺、一宮市博物館 最寄の駅 | トップページ | 名鉄尾西線(びさいせん)玉ノ井駅 - 愛知県一宮市 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛知県一宮市を散策(1) - 玉ノ井の加茂神社:

« 名鉄名古屋本線 妙興寺駅(1)(愛知県一宮市) - 妙興寺、一宮市博物館 最寄の駅 | トップページ | 名鉄尾西線(びさいせん)玉ノ井駅 - 愛知県一宮市 »