« 愛知県一宮市を散策(2) - 妙興寺(妙興寺蕎麦の由来の禅寺)と一宮市博物館 | トップページ | 高山市(岐阜県高山市)を観光(1) 飛騨国分寺 - 往路は高速バス、復路はJR »

2011年7月 1日 (金)

雨の名鉄岐阜駅 - 2011年6月 梅雨時

 

  梅雨時に一宮市を少しばかり散策に行ったものの、途中から雨に降られ、散策を打ち切って名鉄岐阜駅に戻ってきたところ。

岐阜~一宮間はJRと名鉄の競合路線で、名鉄岐阜~名鉄一宮間の運賃が290円で特急の所要時間が12分、JR岐阜~尾張一宮間の運賃が230円で快速系が所要時間7分、普通が所要時間10分と、数字だけ見れば完全にJRの勝利です。

ただ、JRは岐阜と尾張一宮との間には木曽川駅しか無いのに対して、名鉄は名鉄岐阜駅と名鉄一宮駅を含めてこの間に11もの駅があり、細かくお客を拾っていることを考えると、そんなに単純に優劣を比較することはできません。

しかし、国鉄時代と比べて名鉄の独占状態が崩れてしまったことは事実で、近年に笠松駅と新木曽川駅を特急停車駅に格上げしたのは、速さで勝負するのではなくこまめに乗客を拾うという意味で、名鉄は賢明な選択をしたと思っています。

 

  一宮から乗ってきた1700系特急の回送。

Dsc02900

 

  雨の降る中、2200系特急の運転席に向かう乗務員。

  名古屋側のホーム先端部分には屋根がありません。

Dsc02901

 

  須ヶ口発 名鉄岐阜着の6000系普通 2両編成が到着。

Dsc02906

 

  到着した普通は2番線に入線しました。

Dsc02908

 

  雨に濡れているせいか、いつもより車体の赤が鮮やかに見えます。

  折り返し須ヶ口行き普通となりました。

Dsc02911

 

  こちらは地上にある各務原線ホームの6番線に犬山、新鵜沼方面からの普通電車が到着。

Dsc02914

 

  各務原線5番線、6番線ホーム。

Dsc02917

  撮影 2011/06/16

|

« 愛知県一宮市を散策(2) - 妙興寺(妙興寺蕎麦の由来の禅寺)と一宮市博物館 | トップページ | 高山市(岐阜県高山市)を観光(1) 飛騨国分寺 - 往路は高速バス、復路はJR »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の名鉄岐阜駅 - 2011年6月 梅雨時:

« 愛知県一宮市を散策(2) - 妙興寺(妙興寺蕎麦の由来の禅寺)と一宮市博物館 | トップページ | 高山市(岐阜県高山市)を観光(1) 飛騨国分寺 - 往路は高速バス、復路はJR »