« 夏の旅行 九州から四国へ(4) - 松山から高松へ(途中 津島ノ宮駅に停車) | トップページ | 夏の旅行 宇野から茶屋町、岡山へ - 帰路につく »

2011年8月22日 (月)

夏の旅行 四国高松港から宇野港へ - 1時間で瀬戸内海を対岸へ

 

  この日、松山から高松にやっと到着して、玉藻公園の北側にある高松港のフェリー乗り場から宇野に渡ることにしました。

高松港から対岸の宇野港までは65分で、徒歩乗船者の運賃は390円でした。

高松港を12時30分に出港しました。

 

  宇野からのフェリーが車を降ろします。

Dsc03663

 

  まず、乗客を先に乗船させます。

Dsc03664

 

  航行中には上がれない甲板に出てみました。

  玉藻公園(高松城跡)に残る月見櫓。

Dsc03665

 

  出港して暫らくは右手に屋島が見えます。

  屋島の手前に埠頭が見えますが、向こう側にもう一つ埠頭があり、その西側の岸壁から神戸三ノ宮とのジャンボフェリーが発着します。

Dsc03668

 

  高松駅前のビル群が少しずつ遠ざかっていきます。

Dsc03671

 

  クルーズ船らしき船が高松沖を東に向かって行きます。

  帰ってから調べてみると、「ふじ丸」というチャーター専門の旅客船でした。

Dsc03677

 

  はるか西の方向に見える瀬戸大橋。

Dsc03679

 

  船室はこんな感じです。

  先頭には冷房の効いた船室があり、一寸した売店も備わっていて、「うどん」でしょうか、そんな物も作って貰えます。

Dsc03682

 

  もうすぐ、宇野港。

  島と島のあの奥なのでしょうか。

  海は陸上と比べると距離感が全く違いますね。

Dsc03683

 

  宇野港に近づきます。

Dsc03688

 

  やはり先に乗客を下船させます。

  宇野~高松間はかっては本州と四国を結ぶ宇高(うこう)連絡船という鉄道連絡船があって、本四間の大動脈でしたが、1988年に瀬戸大橋が開業して鉄道連絡としての役目は終えました。

Dsc03689

 

  東に数分歩くと小ジャレた宇野駅がありました。

  宇高(うこう)連絡船が発着したという埠頭が残っていると聞いていたので、少しそちらの方に行ってみましたが、あまり良く分からず引き返しました。

Dsc03696

 

  宇野駅の構内。

Dsc03698

  撮影 2011/08/04

|

« 夏の旅行 九州から四国へ(4) - 松山から高松へ(途中 津島ノ宮駅に停車) | トップページ | 夏の旅行 宇野から茶屋町、岡山へ - 帰路につく »

フェリー、船、バス、航空機」カテゴリの記事

中国地方」カテゴリの記事

四国地方」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/52526984

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の旅行 四国高松港から宇野港へ - 1時間で瀬戸内海を対岸へ:

« 夏の旅行 九州から四国へ(4) - 松山から高松へ(途中 津島ノ宮駅に停車) | トップページ | 夏の旅行 宇野から茶屋町、岡山へ - 帰路につく »