« 夏の旅行 四国高松港から宇野港へ - 1時間で瀬戸内海を対岸へ | トップページ | 福知山市(京都府福知山市)へ(1) - 所用で観光は無し(2011年8月下旬) »

2011年8月24日 (水)

夏の旅行 宇野から茶屋町、岡山へ - 帰路につく

 

  一連の九州から四国を経た旅行は、宇野を最後に、あとはひたすら岐阜へ。

2泊3日の2泊をフェリー使用の旅は、やはり少し無理が有ったようで、深夜便のフェリーの使用は必要以上に旅行地域の範囲を拡げ過ぎてしまいました。

まあ、でも楽しい旅であったことには満足しています。

 

  宇野港のフェリー。宇野~高松便ではないフェリー。

Dsc03690

 

  宇野港沿いの東にあるJR宇野駅。

  かっての本州-四国の大動脈としての駅ではなく、今では静かなローカル線の終点駅となっています。

Dsc03694

 

  駅の東に昔の宇高連絡船の発着した埠頭が残っていると聞いていたのですが、良く判りませんでした。

Dsc03692

 

  駅構内で茶屋町行き電車を待っていると、やってきたのは213系の2両編成。

  ワンマン運転の電車で、昼間帯に茶屋町駅と宇野駅を往復運転しているようです。

Dsc03700

 

  宇野駅はこうして見ると完全にローカル線終点駅。

Dsc03704

 

  茶屋町駅に到着。

  宇野線の電車は瀬戸大橋線の上下ホームに挟まれた間に入ります。

  茶屋町駅は倉敷市にあり、倉敷駅との間に路線バスもあります。

  また、宇野駅は玉野市となります。

Dsc03707

 

  岡山発 宇多津経由の琴平行き 115系普通電車が出発。

Dsc03709

 

  宇多津経由の岡山行き普通。

  宇野発の電車は茶屋町駅で上下とも普通電車に接続しています。

  逆に宇野からの電車は折り返してすぐに宇野に向かうので、瀬戸大橋線上下線からも宇野へはすぐの接続となっています。

  このあと、岡山方面には高松からの坂出経由の快速マリンライナーがやって来ますが、普通電車の方が3分早く先着します。

Dsc03714

 

  岡山発高知行き特急「南風15号」と茶屋町駅に近づく高松発岡山行き快速「マリンライナー40号」。

Dsc03725

 

  岡山駅にて。

  茶屋町駅から乗ってきたマリンライナーと姫路方面の山陽線相生行き普通電車。

  乗客が乗り込んだ後で、立ち客もいる状態でしたので、座れないのなら赤穂線で行こうかとも考えましたが、車内を覗くと意外にも通路側に2つ3つと席が空いていました。

Dsc03730

 

  結局、この普通電車で相生に向かうことにしました。

  相生で乗り換え、そして姫路で乗り換えれば米原までは一直線です。

  この写真が今旅行の最後の写真となりました。

Dsc03731

  撮影 2011/08/04

|

« 夏の旅行 四国高松港から宇野港へ - 1時間で瀬戸内海を対岸へ | トップページ | 福知山市(京都府福知山市)へ(1) - 所用で観光は無し(2011年8月下旬) »

中国地方」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

フェリー、船、バス、航空機」カテゴリの記事

コメント

次に宇野にいくなら、児島まで足をのばすと野崎家の旧宅があります。野崎家は江戸期の塩田王で、東の本間、西の野崎といわれたそうです。本間家は、酒田の本間氏(元は佐渡の)で、「本間様には及びもせぬが、せめてなりたやお殿様」の本間氏です

投稿: tera | 2011年8月27日 (土) 05時48分

野崎家というのはそう云う家柄でしたか。
実は以前に、瀬戸大橋沿いに何らかの見所が無いかと、坂出と児島を調べた事があって、名前だけは「小耳に挟む」程度に知っていたのですが、
何々家旧家と言うのはどこの観光地でも良く聞くので、余り気にも留めませんでした。
年に一度はあの辺りを通り掛かりますから、一度寄ってみます。
それから、本間家については90年代に訪れたことがあります。

投稿: mino | 2011年8月27日 (土) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の旅行 宇野から茶屋町、岡山へ - 帰路につく:

« 夏の旅行 四国高松港から宇野港へ - 1時間で瀬戸内海を対岸へ | トップページ | 福知山市(京都府福知山市)へ(1) - 所用で観光は無し(2011年8月下旬) »