« 春日井市(愛知県春日井市)の密蔵院(みつぞういん)を訪ねる(1) - 大曽根から名古屋ガイドウェイバスで | トップページ | 春日井市(愛知県春日井市)の密蔵院(みつぞういん)を訪ねる(3) - 密蔵院の多宝塔 »

2011年9月26日 (月)

春日井市(愛知県春日井市)の密蔵院(みつぞういん)を訪ねる(2) - 龍泉寺(りゅうせんじ)に寄り道

 

  名古屋ガイドウェイバス(ゆとりーとライン)で大曽根から高架部分の終点の小幡緑地駅で下車。

バスは高架を下りて、横の車輪を納めて普通のバスとして一般道をさらに北に向かいます。

大曽根から小幡緑地までの運賃は240円ですが、小幡緑地から一般道に入って最初のバス停の竜泉寺口バス停で下車すると一挙に運賃は300円となります。

 

  さて、龍泉寺ですが、ここは城跡でもあり、龍泉寺城が歴史の表舞台に出たのは小牧・長久手の戦いの時です。

岡崎への奇襲攻撃軍を長久手で敗ったあと家康は小幡城に在陣、秀吉は長久手の敗戦の報に接すると軍を犬山から楽田へ兵を進め、そして夜になりこの龍泉寺城に入りました。

このとき家康の小幡城と龍泉寺城は距離にして2km、家康は龍泉寺城に秀吉が軍を進めていることを知ると、夜の内に小牧城に帰還してしまいます。

秀吉軍も撤退して、その際に龍泉寺は火を放たれたといいいます。

龍泉寺についての過去記事。写真が殆んど被っていますが。

 

  小幡緑地駅にて。バスは高架から一般道に下ります。

Dsc00517

 

  小幡緑地(おばたりょくち)駅のプラットホームから龍泉寺城跡。

Dsc00519

 

  南側に下りました。

Dsc00520

 

  北に歩いて振り返ったところ。屋根があるのが小幡緑地駅。

  近くに大きな緑地公園があります。

Dsc00527

 

  バスはここから一般道に出入りします。

Dsc00528

 

  敷地内には運転指令所と本社のビルがあります。

Dsc00532

 

  龍泉寺への登り口。

Dsc00533

 

  すぐ下に竜泉寺口バス停。

  写真を撮っている間にもう次のバスが来ています。

Dsc00535

 

  龍泉寺は尾張四観音のひとつ。

Dsc00537

 

  本堂。

Dsc00541

 

  多宝塔。

Dsc00543

 

  この日は本堂裏にある宝物館と展望台を見に来たのですが、日祝のみで土曜日は入れず。

  また空振りでした。名古屋城を模したような宝物館が見えます。

Dsc00549

 

  門前からすぐに下りると駐車場があります。門前にも駐車場はあります。

Dsc00550

Dsc00551

 

  駐車場の一角。

  この後竜泉寺口バス停に戻り、再び北に向かいました。

Dsc00553

  撮影 2011/09/24

|

« 春日井市(愛知県春日井市)の密蔵院(みつぞういん)を訪ねる(1) - 大曽根から名古屋ガイドウェイバスで | トップページ | 春日井市(愛知県春日井市)の密蔵院(みつぞういん)を訪ねる(3) - 密蔵院の多宝塔 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

フェリー、船、バス、航空機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春日井市(愛知県春日井市)の密蔵院(みつぞういん)を訪ねる(2) - 龍泉寺(りゅうせんじ)に寄り道:

» 満開桜 神輿迎える 東近江「小幡まつり」 [ローカルニュースの旅]
五穀豊穣を祈る伝統の春祭り「小幡まつり」が7日、小幡神社と、その周辺で営まれた。今年は神輿4基が渡御し、桜の舞い散る中、若者たちが「おいさ、おいさ」と威勢良く担いだ。 [続きを読む]

受信: 2013年4月 8日 (月) 18時29分

« 春日井市(愛知県春日井市)の密蔵院(みつぞういん)を訪ねる(1) - 大曽根から名古屋ガイドウェイバスで | トップページ | 春日井市(愛知県春日井市)の密蔵院(みつぞういん)を訪ねる(3) - 密蔵院の多宝塔 »