« 奈良を散歩(3) - 東大寺境内(大仏殿には入らず)、二月堂まで | トップページ | 名鉄広見線明智駅 - かっての八百津線の分岐駅、昔の駅名は伏見口駅 »

2011年9月10日 (土)

奈良を散歩(4) - 東大寺二月堂から転害門(てがいもん)、バスで奈良駅に

 

  二月堂、法華堂(三月堂)近辺の案内地図。

Dsc00227

 

 

  上の案内地図では、大仏殿と中門の前の池から二月堂の方への道が案内されていますが、その二月堂から地図の一番上に左右の道があります。

二月堂からこの道を辿って大仏殿の後ろに出て、正倉院から転害門(てがいもん)へと歩いて、転害門(てがいもん)の前にあるバス停から奈良駅に戻りました。

 

  二月堂を振り返って。

Dsc00248

 

  ちょっと街路灯の鉄柱が邪魔ですが電線はまったく見当たりません。

Dsc00247

 

  この辺りは住居地区になっています。

Dsc00246

 

  それでも、東大寺の敷地の中ですからお寺の関係者の住居なのでしょうね。

  こちらの方へは観光客は、多少とも知っている人以外は来ません。

Dsc00249

 

  正倉院への正門。

  宮内庁管轄なので、反対側(背中の方)に警察の詰め所がありました。

Dsc00250

 

  大仏殿が遠くになってしまいました。

  正倉院は諦めて、転害門(てがいもん)へ向かっている途中。

Dsc00255

 

  国宝転害門(てがいもん)。正面外から。

  転害門の内側には鹿の群れが一群れ、立派な角を持った大きな雄を中心にいます。

  二月堂からここまではまったく鹿は見かけなかったのですが、この辺りを縄張りにしているのでしょうね。

Dsc00258

 

  すぐ前は道路で、普通の奈良の町です。

Dsc00262

 

  手貝町というバス停が前にあります。

  ここから、近鉄奈良駅経由でJR奈良駅に戻りました。

  バスは奈良交通で前乗り先払いの200円でした。

Dsc00263

 

  JRの奈良駅に帰ってきました。

Dsc00266

 

  駅の北側(裏側)はどうなっているのかと覗いてみました。

Dsc00270

 

  どうって云うことは無かったですね。

Dsc00271

 

  「みやこ路快速」で京都に。時刻は時計が指し示しているように5時半過ぎ。

  この日、東海道線はトラブルで遅延があり、京都から新快速に乗りましたが

  乗客が多かったのと、運も悪かったのか、能登川駅(次はもう彦根、そして米原)まで座ることができず最悪でした。

Dsc00273

  撮影 2011/09/06

|

« 奈良を散歩(3) - 東大寺境内(大仏殿には入らず)、二月堂まで | トップページ | 名鉄広見線明智駅 - かっての八百津線の分岐駅、昔の駅名は伏見口駅 »

鉄道」カテゴリの記事

観光地」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

京都、奈良」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

コメント

鹿対策に狼の導入 参照 http://japan-wolf.org/content/faq/

投稿: 名無し | 2013年1月30日 (水) 13時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良を散歩(4) - 東大寺二月堂から転害門(てがいもん)、バスで奈良駅に:

« 奈良を散歩(3) - 東大寺境内(大仏殿には入らず)、二月堂まで | トップページ | 名鉄広見線明智駅 - かっての八百津線の分岐駅、昔の駅名は伏見口駅 »