« 旧児島市(現岡山県倉敷市)と福山市(広島県)を訪ねる(1) - 児島観光港にて | トップページ | 旧児島市(現岡山県倉敷市)と福山市(広島県)を訪ねる(3) - 水島臨海鉄道で倉敷駅に戻る »

2011年10月13日 (木)

旧児島市(現岡山県倉敷市)と福山市(広島県)を訪ねる(2) - 遍照院(へんじょういん 倉敷市)の三重塔

 

  思いもかけず児島港で朝陽を見ることができ、急いで再び児島駅に戻り、後続の快速「マリンライナー8号」で岡山へ。

そして三原行きの電車で倉敷駅の次の西阿知駅で下車し、ここから徒歩で15分から20分の距離にある遍照院(へんじょういん)の三重塔を訪れました。

この遍照院の位置やどんな三重塔か、どのくらいで行けるのか等は調べ始めてからすでに10年は経っています。

全国の塔も暇さえあれば調べ上げてはいますが、今回この遍照院へ行きそびれたら永遠に訪れることが出来ないかもしれない、そう思って予定に組み入れました。

といっても、たとえ訪れることが出来なくても、どうと言うことも無いのですが。

 

  児島駅にて。岡山行き快速「マリンライナー8号」

Dsc00741

 

  西阿知駅で下車。去っていく三原行き普通。

Dsc00765

 

  西阿知駅駅前。

Dsc00769

 

  駅前の道路を北に少し歩くとすぐに県道があります。

Dsc00770

 

  東の方に伸びる県道。この県道は東に1kmちょっとで山陽線の踏切を渡り南方向に向きを変えます。

  その反対の北方向に遍照院(へんじょういん)と熊野神社があります。

Dsc00771

 

  熊野神社の前。

  実際には住宅街の裏道を歩いているので突然神社の前に出た感じです。

Dsc00772

 

  神社の参道を奥に進むと右手に三重塔が見えました。

Dsc00774

 

  こちらは熊野神社の社殿。

Dsc00778

 

  きれいな三重塔でした。国指定の重要文化財です。

Dsc00783

 

  遍照院への門。

  門の前がグランドになっており、その一角に三重塔があります。

Dsc00786

 

  門内からの三重塔。

Dsc00790

 

  比較的に新しい遍照院の本堂。

  遍照院はもともとは隣にある熊野神社の神宮寺でした。

Dsc00794

 

  かっての境内が遍照保育園のグランドとして利用されています。

  運動会のためのテントと万国旗だと思いますが、前日に終わっているのでしょうか。

Dsc00797

 

  ということで、最高の撮影ポイントは万国旗入りとなりました。

Dsc00799

 

  遍照院(へんじょういん)を離れ、熊野神社の前の道を南に。

  振り返って極楽寺というお寺。

  このまま南に歩いていくと西阿知駅の北側から東に伸びている県道と合流して山陽本線の踏み切りを南に渡ります。

Dsc00801

 

  踏み切りを渡ってからは山陽線沿いの南側の側道を東に向かいます。

  岡山方面への117系。

Dsc00819

 

  岡山方面への快速サンライナー塗装の117系普通電車。

Dsc00825

  撮影 2011/10/10

|

« 旧児島市(現岡山県倉敷市)と福山市(広島県)を訪ねる(1) - 児島観光港にて | トップページ | 旧児島市(現岡山県倉敷市)と福山市(広島県)を訪ねる(3) - 水島臨海鉄道で倉敷駅に戻る »

中国地方」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/52977350

この記事へのトラックバック一覧です: 旧児島市(現岡山県倉敷市)と福山市(広島県)を訪ねる(2) - 遍照院(へんじょういん 倉敷市)の三重塔:

« 旧児島市(現岡山県倉敷市)と福山市(広島県)を訪ねる(1) - 児島観光港にて | トップページ | 旧児島市(現岡山県倉敷市)と福山市(広島県)を訪ねる(3) - 水島臨海鉄道で倉敷駅に戻る »