« 高山駅(岐阜県高山市) を跨線橋から - 晩秋の高山にて | トップページ | 柏原宿と清瀧寺徳源院京極家墓所(旧柏原町 現米原市)(3) - 京極家墓所と徳源院三重塔 »

2011年11月22日 (火)

柏原宿と清瀧寺徳源院京極家墓所(旧柏原町 現米原市)(2) - 清瀧神社と徳源院庭園

 

  柏原中学校の前の道路を北に歩いて行くと、やがて「ここは清滝です」という碑が迎えてくれます。

まだ新しい碑で、前回訪れたときにはありませんでした。

そのまま、里の中に入っていくと四つ辻に徳源院の方向を指し示す標識があり、その指し示した左に道をとると、一本道で徳源院の角に行くことができます。

 

  清滝の里の入り口の碑。

Dsc01858

 

  まっすぐ西(歩いていると方向が解らなくなります)に参道。

  手前左手はバス(観光バス)の駐車場。さらに、奥には車の駐車場もあります。

Dsc01862

 

  同じくバスの駐車場の前から。

Dsc01863

 

  徳源院の角を左に曲がれば入口というところで、小川を挟んで右側に清瀧神社があります。

  少し覗いてみました。

Dsc01866

Dsc01867

 

  なんとも素朴な社殿です。中の社殿を保護するための覆いにも見えますが。

Dsc01870

 

  向こうが徳源院。

Dsc01871

 

  この左手が入口。

  今日はタクシーが2台、徳源院を訪れたお客さんを待っていました。

Dsc01873

 

  タクシーのドア横から入口を2枚。

Dsc01875

Dsc01876

 

  本堂。

  右手に拝観入口があり、中に入って300円です。

  建物の中から庭園と本堂と本堂の左右の寺宝が拝観できます。

  京極家墓所も拝観料に含まれます。

  徳源院へは何度も訪れていますが、建物の中に入ったのは初めてでした。

Dsc01878

 

  以下、庭園です。お茶も出していただきました。

  住職さんのお話だと、例年だと真っ赤に色づく時期なんですが、ということでした。

Dsc01881

Dsc01884

Dsc01890

Dsc01892

 

  外に出て、墓所と三重塔を見ます。

  外には「道誉桜」という桜の木があり、春の見所です。

  左右に二代目と三代目があります。

  道誉というのは佐々木道誉(京極高氏)という室町幕府開府に尽力した武将です。

  知っている人は知っているという有名な武将です。

Dsc01877

Dsc01896

  撮影 2011/11/14

|

« 高山駅(岐阜県高山市) を跨線橋から - 晩秋の高山にて | トップページ | 柏原宿と清瀧寺徳源院京極家墓所(旧柏原町 現米原市)(3) - 京極家墓所と徳源院三重塔 »

」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

近畿地方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/53287644

この記事へのトラックバック一覧です: 柏原宿と清瀧寺徳源院京極家墓所(旧柏原町 現米原市)(2) - 清瀧神社と徳源院庭園:

« 高山駅(岐阜県高山市) を跨線橋から - 晩秋の高山にて | トップページ | 柏原宿と清瀧寺徳源院京極家墓所(旧柏原町 現米原市)(3) - 京極家墓所と徳源院三重塔 »