« 九州 太宰府(福岡県)を訪れる(7) - 門司港レトロの夜景 | トップページ | 西鉄二日市駅(福岡県筑紫野市)にて - 太宰府への途次 »

2012年1月24日 (火)

九州 太宰府(福岡県)を訪れる(8) - 大阪に戻る

 

  前々日に大阪南港から名門大洋フェリーの第1便で九州に渡り、太宰府等を訪れ、その日の内に新門司港から今度は第2便に乗船して、あくる日の8時半ごろに大阪南港に帰ってきました。

3日目は丸々1日時間がありましたが、何となく早く帰りたくなり、大阪駅と京都駅で少々時間を費やしたのみで岐阜に早々に帰りました。

 

  フェリーからの朝日。

Dsc03177

 

  大阪南港には定刻より遅れて着岸しました。

  名門大洋フェリーの第2便。

Dsc03179

 

  向こうが第1便。

Dsc03180

 

  ずーっと気になっていたのは第1便と第2便の特2等洋室で料金が異なることでした(現在ではランクアップキャンペーンで2等洋室の料金で特2等洋室が利用できるので事実上同額です)。

  第1便の特2等洋室。

  寝台列車の寝台といったところ。

  TVは共用。

Dsc02946

 

  第2便の特2等洋室。

  液晶のTVが各ベッドに備わっています。

  仕切りは電車のように上げ下げするブラインド方式。

  壁面にある網目状の棚にリモコンが挟んであります。

  ベッドにはイヤホンが置いてあり、照明の下に差込口がコンセントと並んでありました。

 

  私は第1便の方が開放感があり好きです。

Dsc03173

 

  ニュートラムと地下鉄を乗り継いでJRの弁天町駅に。

  大阪 環状線弁天町駅にて。

Dsc03184

  撮影 2012/01/10

|

« 九州 太宰府(福岡県)を訪れる(7) - 門司港レトロの夜景 | トップページ | 西鉄二日市駅(福岡県筑紫野市)にて - 太宰府への途次 »

近畿地方」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

フェリー、船、バス、航空機」カテゴリの記事

コメント

突然のご連絡大変失礼いたします。
初めてご連絡させ頂きます、旅休ドットコムの谷川と申します。
この度、弊社では国内旅行情報サイト「旅休.com」を2月下旬にオープンさせていただくことになりました。
それに伴い、国内旅行に特化したブログポータルも開設いたしますので、
是非貴ブログを掲載して頂きたいと思い、ご連絡させて頂きました。
掲載もちろんは無料ですし、貴ブログのアクセスアップにもご協力させていただけることをお約束いたします。

☆ご掲載に関しましてご興味がおありの場合、下記よりご登録いただけますのでよろしくお願い致します。☆
↓↓↓
http://tabikyu.com/blog/form/index.php

(※掲載にあたっては「旅休.com」のトップURLをリンクしていただきます。)

その他ご不明点ご質問などございましたらお手数ですが
下記連絡先までお願い致します。

【運営会社】
デジタルゲートオンライン株式会社 
担当 谷川
メール:tanigawa@dgo-inc.com
電話:03-5777-0395 
WEB:http://tabikyu.com (2月下旬オープン予定)

投稿: 旅休.com | 2012年1月27日 (金) 13時54分

丁寧なご案内有り難う御座います。
検討させて頂きますので、暫くのご猶予を願います。

投稿: mino | 2012年1月27日 (金) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九州 太宰府(福岡県)を訪れる(8) - 大阪に戻る:

« 九州 太宰府(福岡県)を訪れる(7) - 門司港レトロの夜景 | トップページ | 西鉄二日市駅(福岡県筑紫野市)にて - 太宰府への途次 »