« 阿久比町(愛知県)の坂部城跡を訪ねる(3) - 坂部城跡(久松松平家の発祥地) | トップページ | 阿久比町(愛知県)の坂部城跡を訪れる(5) 帰り(2) - JR武豊線武豊駅 »

2012年2月11日 (土)

阿久比町(愛知県)の坂部城跡を訪れる(4) 帰り(1) - 坂部駅(阿久比町)から知多武豊駅へ

 

  徳川家康の生母である「於大の方」の再稼先の久松氏の居城であった坂部城跡を訪れた後、再び名鉄坂部駅に戻り、河和線(こうわせん)をさらに知多武豊駅まで南下しました。

知多半田駅から知多武豊駅はすでに知多半島の東側に位置し、東海道線の大府駅から分岐してくるJRの武豊線は、名古屋方面への競合路線となっています。

しかし、実質的に競合するのは武豊町と半田市周辺の駅のみで、それ以外では選択の余地は無く、住み分けが出来ているとおもわれます。

 

  坂部駅駅前広場。

  駅の西側にあり、こちら側に県道55号線、さらに西側に坂部城跡があります。

  東側には阿久比川が流れていて、半田市で衣浦港(きぬうら)あたりの海に注いでいます。

Dsc03399

 

  東側のホームに行くために、踏み切りで通過待ちをしているところに名鉄名古屋発河和(こうわ)行き特急の「パノラマスーパー」。

Dsc03451

 

  こちらは河和(こうわ)発名古屋行きの特急「パノラマスーパー」の一般車1200系の先頭。

Dsc03455

 

  金山行き普通の6000系。

Dsc03458

 

  坂部駅にて。

  普通知多半田行き3150系が到着。南隣の阿久比(あぐい)駅まで乗車。

Dsc03461

 

  阿久比駅にて。

  後続の急行内海(うつみ)行きがやって来ました。

  この後南下して知多半田、知多武豊から河和との間の富貴(ふき)駅から分岐する知多新線に入り、再び知多半島の西側の伊勢湾沿いの終点内海駅までの急行です。

  内海(うつみ)には名古屋地区では有名な海水浴場があります。

Dsc03462

 

  知多半田駅を過ぎて知多武豊駅で下車しました。

  ここから東にあるJRの武豊駅まで歩き、帰りは武豊線で帰ろうという算段です。

Dsc03463

Dsc03466

Dsc03467

 

  武豊町は味噌蔵などがある古い町並みがあり、散策も良いです。

  一方、半田市はお酢の町で、ミツカン酢(現在はミツカン)の本社があり、この二つの町並みを歩く計画をず~っと練っているのですが、なかなか実現できていません。

Dsc03468

 

  知多武豊駅にて。

  内海行き普通1800系。

  1800系はパノラマスーパーの増結用車両なので2両編成。

Dsc03469

  撮影 2012/02/05

|

« 阿久比町(愛知県)の坂部城跡を訪ねる(3) - 坂部城跡(久松松平家の発祥地) | トップページ | 阿久比町(愛知県)の坂部城跡を訪れる(5) 帰り(2) - JR武豊線武豊駅 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿久比町(愛知県)の坂部城跡を訪れる(4) 帰り(1) - 坂部駅(阿久比町)から知多武豊駅へ:

« 阿久比町(愛知県)の坂部城跡を訪ねる(3) - 坂部城跡(久松松平家の発祥地) | トップページ | 阿久比町(愛知県)の坂部城跡を訪れる(5) 帰り(2) - JR武豊線武豊駅 »