« 阿久比町(愛知県)の坂部城跡を訪れる(4) 帰り(1) - 坂部駅(阿久比町)から知多武豊駅へ | トップページ | 大府駅(愛知県大府市)にて - 阿久比町の坂部城跡からの帰り »

2012年2月12日 (日)

阿久比町(愛知県)の坂部城跡を訪れる(5) 帰り(2) - JR武豊線武豊駅

 

  名鉄の坂部駅から阿久比(あぐい)駅、知多武豊駅まで南下して、東へ500mほど歩いて、今度はJR武豊線の終点駅である武豊駅へ。

 

  武豊線は、最初は中山道沿いに作る鉄道、その後は東海道に変更されて、建設のための資材を武豊港から運ぶために敷設された鉄道路線でした。

現在は非電化の単線路線ですが、2010年から電化工事が始まり、2015年春の開業を目指しています(Wikiより)。

 

  名鉄の知多武豊駅の南の踏み切りの道路をまっすぐ東に歩いて、突き当りを左(北)に100m行くと武豊駅があります。

Dsc03470

 

  駅前にある胸像は武豊駅駅手 高橋熙(さとし)。

  1953年の台風13号による高潮で線路が流失し、武豊に向かっている列車に危険を知らせようと、高橋駅手が発炎筒を持って走り、その発炎筒で列車は危険を察知して引き返し、乗客らは難を逃れたものの、高橋駅手自身は殉職してしまいました。

  このことが全国に報道されて、募金によってこの胸像が立てられた(Wikiより)そうです。

Dsc03473

Dsc03475

 

  行き止まりの南の方。

  静かな佇まいで、名鉄の知多武豊駅とは大きな違い。

  乗客数も名鉄のほうが4倍の乗降数とか(武豊駅、知多武豊駅比べで)。

Dsc03476

 

  大府方面。

Dsc03477

 

  待つこと30分以上、キハ75形が4両編成で到着。

  名古屋行きの区間快速として折り返しました。

Dsc03487

 

  キハ25形の方を念頭に置いていたのですが、キハ25は大府駅で捕捉しました。

Dsc03495

Dsc03497

  撮影 2012/02/05

|

« 阿久比町(愛知県)の坂部城跡を訪れる(4) 帰り(1) - 坂部駅(阿久比町)から知多武豊駅へ | トップページ | 大府駅(愛知県大府市)にて - 阿久比町の坂部城跡からの帰り »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

岐阜は寒そうですね。かくいう東京も2週間前に降った雪が消えてなくなるのに10日程かかりました。こんなのは初めてです。
50で始めたPC初号機が自作とはすごい。70代でパソコンを使い始めた人は何人か知っていますが、昔からパソコンを使っている私でも自作は怖くてできませんでした。現在はAppleを使用しているので自作もできません。
子供の頃2年半ほど名古屋に住んでいたことがありますが、南の方には一度も行ったことがなかったのでなかなか面白く読ませていただきました。その頃は、なぜか犬山詣でが流行っていて、何度か行って天主が以外に小さいのに驚いた記憶があります。
クグって見ると東京にもけっこう城址があるようです。多くは郊外ですが、23区内にもあるようなので今度サイクリングがてら行ってみようと思います。

投稿: ddol | 2012年2月13日 (月) 21時17分

今日は。初めまして。毎日、寒いですね。
70代でパソコンを使い始めた人>これ、私の父にも当てはまります。なぜか、インターネットは全くせず、もっぱらワープロ機能とプリンタを使っての写真印刷のみですが。
天主が以外に小さいのに>確かに小さいです。現在残っている天守のうち、大きなものはあまりありませんね。最近は天守どころか、土塁しか無い所まで行くようになってしまいました。そのくせ、一回は行かなければいけない様なお城へは、まだ行けてない自分がいます。
東京は江戸城へ行ったことがありますが、残っている石垣の天守台跡の大きさには、少々驚きました。
また、気が向かれたたら、遊びに来て下さい。
では。

投稿: mino | 2012年2月13日 (月) 23時57分

ddolさん、はじめまして。全国で大雪の被害を報じるニュースを見るんやけど、大阪は、この数年間では珍しいほど雪が降りません。
なんか異国に住んでるようで、これも橋下君の祟りかなあ^^

ちょっと微妙な質問ですが、韓流ドラマとか軽里大塚古墳(日本武尊白鳥陵)とか、興味あります?

おいらは、イ・サンを見てます

投稿: tera | 2012年2月14日 (火) 05時19分

minoさん。私も70代でパソコンを使い始めた人を数人知っています。今ではパソコンには最低限のソフトがついていて、電源を入れればすぐに使えるので高齢者も使いやすいのでしょう。私の初号機は富士通のFM-New7という機種で、付いているソフトはBASICというプログラム言語だけで、外部記憶装置がないのでカセットレコーダーをつないでカセットに記録(録音)するというものでした。当時はソフトは自分で作るというのが当たり前でした。約半世紀前の話です。
minoさんは「ウドちゃんの旅してゴメン」という番組をご存知ですか。名古屋テレビ制作の番組だそうで、何カ月か遅れてでしょうが関東でも放送されています。先日岐阜県加茂郡坂祝町(さかほぎちょう)にある猿啄城(さるばみじょう)跡を取り上げていました。頂上の展望台の眺めが素晴らしくよかったです。岐阜市から近いようなのですでにいらっしゃったのかもしれません。
またお邪魔させていただきます。

teraさん、はじめまして。ピンポイントな質問ですね。私は実家がダルビッシュで有名になった羽曳野市なので軽里大塚古墳はよく知っています。今でも堀に水を貯えている希有な古墳です。
韓国の映画やドラマは好きでよく見ています。ただ時代劇は苦手で、特に王やヤンバンが中心のものは敬遠しています。私は吹き替えが嫌で原語で見るのですが、原版は字幕で官職や機関の説明をしていますが、日本では字幕が消されてしまうので内容がわからなくなって嫌になってしまいます。
イ・サンは朝鮮正祖の諱だそうですね。韓国で高視聴率を取りましたが、逆に余りに史実から逸脱しているとして批判も強かったドラマです。個人的には主役女優ハン・ジミンのファンなので機会があったら見てみたいと思っています。
私ははチュノ(推奴)という時代劇が面白かったです。

投稿: ddol | 2012年2月18日 (土) 21時06分

約半世紀前の話です>これが凄いですね。
私も、昔、パソコンまがいのMSX(多分これであってると思うのですが)で、友達から借りて遊びましたが、プログラミングしてゲームを作ることぐらいしかすることが無かったような器械だったような記憶があります。というか、それ以上進めなかったんでしょうね。

猿啄城跡へは行ってません。「信長公記」に記載があったお城だったように記憶しているのですが、なかなか、徒歩旅行者には厳しい場所ですから、躊躇しています。
その前に苗木城跡や岩村城跡へ行くのが先だろうな~、とは考えています。

「ウドちゃんの旅してゴメン」はちょくちょく見かけます。名古屋の旅番組ってこんなのが多いですよ。関東でも放映されているんですね。

投稿: mino | 2012年2月18日 (土) 22時22分

コンピュータといえば、大学の計算機センターに予約しないと使えなくて、結構待たされたわ。いまではエクセルでさっと処理できるレベルのデータなんやけどね^^
友達は、「アスキー」や「ソフトバンク」とかの雑誌を買ってきて、コードをひたすら打ち込んでゲームをつくってました。
アップルのマッキントッシュは、車を買うより高かったような記憶があるし、90年頃でも国産NEC98は、4~50万してたんやないかな。
アップルもDOSもYAHOOもすごいなあと思ったんやけど、肝心の株を買わなかったのが不覚や^^;

韓ドラ、原語で見れるんや。うらやましいなあ。韓ドラを見てて思ったのは、朝鮮の歴史についてまったく知らなかったということです。
中国史は、受験勉強とか三国志とかでまあまあ知ってるつもりなんやけど、お隣の国の歴史は、スルーしてたんやなとね。

近代以降の朝鮮と日本の関係は、いろんな意味で関心もあり、論文でも触れたことがあるというのに、それ以前は、日本と関係がある事柄のみ。
たとえば、古代の大和政権と新羅や百済等、高麗と元寇・倭寇、文禄慶長と亀甲船とかだけしか知らない。情けないです^^;

猿啄城といえば、「センゴク」やね^^

投稿: tera | 2012年2月19日 (日) 05時22分

初めてマウスが出てきた時に、tera氏が物凄い便利だということを、言ってたのを思い出しました。

肝心の株を買わなかったのが不覚や^^;>目茶苦茶不覚でしたね^^・
Facebookの株式上場で大儲けした人が、アメリカでも話題になってましたからね。

朝鮮半島→情けないです^^;>同じようなものでしょう。向こうも日本のことは何も知らないですよ。教えているのは、日本との関係で言えば、日本にいかに文化を伝えたか(古代及び朝鮮通信士)、あとは日帝にどれだけ酷い事をされたかですからね。
お互いに中国のことは割りと良く知っているけど、お互いは知らない。
私自身は、モンゴルが攻め込むまでの半島の文化や政治制度や、思想などに興味が大いにあります。
ddol氏はこの辺りは良くご存知じなのでは?

「センゴク」ってアニメ?漫画?

投稿: mino | 2012年2月19日 (日) 11時48分

「センゴク」は、美濃の仙石秀久を主人公にした漫画なんや。
以前、tera2さんのコメントを見て、知りました(Wikiで、センゴクを見てね)

なんでこんなマイナーな主人公の漫画がブレイクするのか、びっくり。
仙石氏って、いろんな意味で問題の多い武家のイメージもあってね^^;

漫画は読んでないんやけど、原作者の一人である東郷隆の小説「センゴク兄弟」(講談社文庫)は読みました。

東郷さんの小説の中ではいまいちなんやけど、当時の美濃の情勢をこんなに詳しくかけるものなんやと思いました。
美濃の地理感覚があれば、必読やで^^

投稿: tera | 2012年2月20日 (月) 05時26分

仙石氏って、いろんな意味で問題の多い武家のイメージもあってね>そう言えば、仙石騒動ってありましたね。その、出石へもなかなか行けませんが。
マイナーなのは江戸から明治まで生き残れなかったことが、そういうイメージを作っているんでしょうね。
豊臣政権の大大名は随分と潰されましたから。それぞれ、結構な活躍をしているのですが。

当時の美濃の情勢をこんなに詳しくかけるものなんやと思いました。美濃の地理感覚があれば、必読やで>この文言に、ちょっと惹かれました。

投稿: mino | 2012年2月20日 (月) 23時04分

仙石氏て、信長に警戒されたり、担いだ主君の秀吉にも不興をかったりしながら、しぶといんや^^
出石騒動もなんとか切り抜けて、幕末・維新を生き残る。

出石は美しい町で、桂小五郎が隠棲した家や造り酒屋等、それに出石そばが有名やね。
そばを食べながら、その由来を読むと、信州上田から出石に移った時に、そば職人を連れてきたということです

投稿: tera | 2012年2月21日 (火) 06時17分

出石へは行きたいけど、岐阜からはそこそこ遠いんですよね。

何回も計画を練ってるんですけど、なかなか行けない。大阪にいる時に行っておくべきでした。

投稿: mino | 2012年2月22日 (水) 06時25分

「約半世紀前」は「四半世紀前」のミスです。半世紀前ではマイコンも存在していませんでした。MSXは懐かしいですね。カートリッジ交換式のコンピュータで、80年代後半に秋葉原で数百円で叩き売りされていました。確かに昔はパソコンは高価でした。後にアメリカ人が言っていましたが、その頃NECはアメリカでは30万円前後で販売していて、そこそこユーザがいたとのことです。そういえば以前はLINUXに98版がありました。

朝鮮語は少しわかりますが、歴史の方は無知です。文章を読んで出てきた人名や史実を断片的に調べた程度で、14世紀末からのことばかりなので、minoさんの関心のあるモンゴル以前は皆目わかりません。昨年、朝鮮史研究会が『朝鮮史研究入門』を出したようですね。久しく本屋に行っていないので知りませんでした。

投稿: ddol | 2012年2月23日 (木) 21時34分

minoさんの関心のあるモンゴル以前は皆目わかりません>それは残念です。
日本の歴史でも、様々な区切りで、現代人には理解不能な事柄があるように思うのですが、
半島でも(これは完全に私の推測)高麗時代のモンゴル侵攻と朝鮮王朝の儒教が、それ以前と後では、かなり異なった価値観を形成したのではないかと、勝手に想像しています。
でも、モンゴル侵攻と朝鮮王朝の間ではスパンが長すぎますかね。

投稿: mino | 2012年2月23日 (木) 23時22分

>朝鮮史研究会が『朝鮮史研究入門』を出したようですね

さっそくアマゾンで見たけど、高いなあ^^
安く手に入る本で、これは読んどかな、という本があれば教えてください。

>高麗時代のモンゴル侵攻と朝鮮王朝の儒教が、それ以前と後では、かなり異なった価値観を形成したのではないか

そうなんや。全く知らないんやけど、どういうふうに変化してるの?
ぜひ、教えてほしいです。

投稿: tera | 2012年2月26日 (日) 05時44分

「高麗時代のモンゴル侵攻と朝鮮王朝の儒教が、それ以前と後では、かなり異なった価値観を形成したのでは」
時代劇を見ると、高麗前期はキタイとの関係が重視されていたようで、当然社会や思想などにも影響があったと思います。朝鮮時代は政争がイデオロギー闘争といういびつな形をとり、儒教思想を発達させたそうです。現在の韓国紙幣には当時の儒学者李滉(イファン)と李珥(イイ)の肖像が描かれているほどです。
朝鮮史の入門書は手頃なのがないように思います。山川各国史シリーズの『朝鮮史』か朝鮮史研究会の『入門朝鮮の歴史』くらいしか思いつきません。後者は安いですが前近代が弱いです。

投稿: ddol | 2012年2月27日 (月) 21時39分

ddolさん、ありがとね。早速、調べてみます

投稿: tera | 2012年2月28日 (火) 06時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿久比町(愛知県)の坂部城跡を訪れる(5) 帰り(2) - JR武豊線武豊駅:

« 阿久比町(愛知県)の坂部城跡を訪れる(4) 帰り(1) - 坂部駅(阿久比町)から知多武豊駅へ | トップページ | 大府駅(愛知県大府市)にて - 阿久比町の坂部城跡からの帰り »