« 大洲市内を散策・観光(1) - 桜旅行(3) 愛媛県大洲市 | トップページ | 大洲市内を散策・観光(2) - 桜旅行(4) 愛媛県大洲市 »

2012年4月12日 (木)

笠松みなと公園と奈良津堤の桜(岐阜県笠松町 2012年) - 満開の桜時、やや桜吹雪

 

  岐阜県笠松町の奈良津堤(ならづづつみ)と木曽川河川敷の笠松みなと公園の桜が満開と聞いて行ってきました。

すでに桜吹雪が始まっており、明日からは雨がちの天気という予報なので、今日(4月12日)が最後のチャンスと思われました。

 

  笠松駅から左の地下通路をくぐり、笠松競馬場という方へ抜けます。

Dsc05346

 

  ここからは奈良津堤の桜です。

Dsc05345

Dsc05344

Dsc05258

 

  堤の道路は南に向かい、踏切を渡って堤の道路が西側になります。

Dsc05259

Dsc05261

Dsc05263

Dsc05265

 

  屋台が出ているのは道路の反対側に競馬場の駐車場があり、堤の段差で花見をすることができるからです。

Dsc05266

Dsc05276

  遠くに岐阜城がポツンと見えます。

Dsc05280

Dsc05296

 

  ここで木曽川に突き当たり、道路は右(西)に折れます。

Dsc05290_2

 

  河川敷が公園になっており、桜が川沿いに連なっています。駐車場もあります。

Dsc05299

Dsc05301

 

  笠松には江戸時代には代官所があり(1662年)、のち(1732年)美濃、伊勢の天領を管轄する美濃郡代となり、明治まで続きます。

  笠松湊(かさまつみなと)は木曽川の水運の重要な川湊でした。

Dsc05302

Dsc05307

 

  向こうに見える橋は木曽川橋。道路橋です。

Dsc05306

Dsc05308

 

  松尾芭蕉の「のざらし紀行」に笠松の米野で詠んだ句があるそうで、「草も木も 離れ切たる ひばりかな」。

Dsc05313

Dsc05317

Dsc05320

Dsc05325

 

  奈良津堤(ならづづつみ)に戻って来ました。

Dsc05330

Dsc05337

Dsc05339

  撮影 2012/04/12

|

« 大洲市内を散策・観光(1) - 桜旅行(3) 愛媛県大洲市 | トップページ | 大洲市内を散策・観光(2) - 桜旅行(4) 愛媛県大洲市 »

旅行・地域」カテゴリの記事

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笠松みなと公園と奈良津堤の桜(岐阜県笠松町 2012年) - 満開の桜時、やや桜吹雪:

« 大洲市内を散策・観光(1) - 桜旅行(3) 愛媛県大洲市 | トップページ | 大洲市内を散策・観光(2) - 桜旅行(4) 愛媛県大洲市 »