« 予讃線松山駅から伊予大洲駅(伊予長浜経由) - 桜旅行(2) | トップページ | 笠松みなと公園と奈良津堤の桜(岐阜県笠松町 2012年) - 満開の桜時、やや桜吹雪 »

2012年4月12日 (木)

大洲市内を散策・観光(1) - 桜旅行(3) 愛媛県大洲市

 

  大洲市は、伊予でも南予といわれる愛媛県の南部にある人口4万6千人余の古い城下町です。

合併によって市域は肱川(ひじかわ)の河口付近の長浜までを含みますが、城下町の旧市街は、お城も含めてコンパクトにまとまっていて、歩いて散策するには適度な広さです。

関東や、そして関西ですら少し遠い場所ですが、訪れて全く後悔しない町です。

松山からは特急を使えば、ほぼ35分の近さです。

松山からは内子、大洲、卯之町、宇和島と歴史のある、そしてたいそう趣のある町が並んでいます。

この地域の全てを1日では回りきれませんが、私は何回にも分けて訪れています。

私にとっても好きな地域のひとつです。

 

  松山を7時ごろの普通列車で出発して、伊予灘を眺めながら走る伊予長浜経由で伊予大洲に到着したのは9時前でした。

  伊予大洲駅。

Dsc04833

 

  駅前の道路には「少彦名(すくなびこな/すくなひこな)神社」の大きな鳥居があります。

  そちらへ行くと旧市街へは少し遠くなるので、右への斜めの道を行きます。

  どちらにしても右(南)方へ行けば肱川(ひじかわ)に遮られますから、肱川橋を渡って旧市街に入ります。

Dsc05100

 

  肱川橋。

  向こうが旧市街地。

Dsc04882

 

  肱川(ひじかわ)をすぐには渡らず、堤防沿いを下流に向かって歩いて、伊予大洲城を対岸から。

Dsc04836

 

  こちらの位置は午後になると逆光になるので注意が必要です。

Dsc04840

Dsc04846

Dsc04847

 

  肱川(ひじかわ)を渡る気動車。

  八幡浜発松山行き普通。右方向の伊予大洲駅に向かっています。

Dsc04861

 

  松山発宇和島行き特急「宇和海7号」 2000系特急気動車3両編成。

Dsc04866

 

  10時前になって一天にわかにかき曇り、あっという間にこの状態になりました。

Dsc04876

 

  雨がパラつく中、肱川橋を渡りました。

  橋の上から上流の富士山を眺めながら。

Dsc04883

 

  渡り終えてすぐに左右に商店街の通りがあります。

  右側への本町1商店街を行くとお城の方。

  こちら左にある本町二商店街を行くと赤レンガ館や「おはなはん通り」。

  お城は後にしました。もう、西の方から晴れ間が覗いて来ています。

Dsc04885

 

  老舗の和菓子屋さん。

Dsc04887

Dsc04888

 

  やがておおず赤煉瓦館へ。

Dsc04889

 

  旧大洲商業銀行本店本館の建物でした。

Dsc04891

 

  2階の様子。

Dsc04897

 

  赤煉瓦館のすぐ北の方には肱川の河岸。

Dsc04894

 

  赤煉瓦館から南に歩いて行きます。

Dsc04903

Ooz

Dsc04904

Dsc04906

Dsc04910

 

  「おはなはん通り」。

Dsc04912

 

  同じく「おはなはん通り」。

Dsc04915

  撮影 2012/04/07

|

« 予讃線松山駅から伊予大洲駅(伊予長浜経由) - 桜旅行(2) | トップページ | 笠松みなと公園と奈良津堤の桜(岐阜県笠松町 2012年) - 満開の桜時、やや桜吹雪 »

旅行・地域」カテゴリの記事

四国地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大洲市内を散策・観光(1) - 桜旅行(3) 愛媛県大洲市:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/04/13 09:02) [ケノーベル エージェント]
大洲市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2012年4月13日 (金) 09時03分

« 予讃線松山駅から伊予大洲駅(伊予長浜経由) - 桜旅行(2) | トップページ | 笠松みなと公園と奈良津堤の桜(岐阜県笠松町 2012年) - 満開の桜時、やや桜吹雪 »